水どころ山梨県の水事情とウォーターサーバーの需要などについて考えてみよう

水道水はまずい。
そのような印象を抱いている方も少なくないかと思います。
しかし「山梨の水道水」と聞くと、美味し野ではとも思われるのではないでしょうか。
やはり富士山を始め、水が綺麗と言うイメージがあるからかもしれません。
では、山梨の水道水事情から暮らす人々の飲用水の取り入れ方などをここでは詳しく見ていきたいと思います。

平成の名水百選と水道水

例えば、山梨の甲府市の水道水は昇仙峡の表流水を原水としています。
この昇仙峡の原水は何と「平成の名水百選」にも選ばれたものでもあるのです。
それが水道水として利用されているのです。
県外の方々からすると「何と贅沢な水道水だろう」と思われるかと思います。
実際に、水道水は美味しいとも評判になっているのです。

水道の供給は大正2年から開始されました。
全国の市町村単位では26番目に給水が開始された地域ともなっています。

もちろん、水源が良いからといって何も処理されずに水道水として利用されているわけではありません。
殺菌処理などもなされ、水道法にのっとった形での検査基準をクリアした水のみが各家庭に供給されているのです。
ですから、衛生面においても十分な安全性があるといえるでしょう。

山梨におきましても、中央はもちろんですが富士山より・八ヶ岳よりの地域は成分も良く水道水も美味しいなどとされています。

山梨の水道水と飲用利用について

こうして見ていくと、山梨の水道水は十分に飲用利用ができるという事がお分かりいただけたかと思います。
実際に山梨にお住いの方は「土地の水道水が美味しいのだと他地域に行ってみて思った」などという声もあるほど良質なものとなっているのです。

しかし、先にも触れたように殺菌処理がなされていますので天然水のような風味というものと比較をすると味という面では劣ってしまうのも事実です。
塩素消毒がされているためにそのにおいがついてしまうのです。
沸騰を5分以上させること。
その後、十分に冷蔵庫で冷やして飲むことなどで飲用がよりおいしくしていただけると公式でも推奨されています。

このように、十分に美味しい水道水があるという恵まれた環境の山梨ではありますが、中には「水道水は飲みたくない」という意見があるのも事実なのです。
では、そうした方々はどのような形で飲用水を取り入れているのでしょうか。

天然水ナンバーワンの実力がある山梨

山梨はミネラルウォーターの生産量が日本一という事はご存知でしょうか。
天然水といえば山梨・富士山と言うイメージを抱いている方も少なくないかもしれません。
さらには、日本で初めてミネラルウォーターというものが作られたのも山梨なんです。

このことでも見えてくるかと思いますが、山梨で暮らしている方々とミネラルウォーターの距離感というものは非常に近く身近なものにあります。
ですので、水を購入して飲用利用するという事は実に自然なことでもあるのです。
水道水を飲用利用したくないという方の多くは、こうした形でミネラルウォーターを取り入れることによって飲み水を確保しているのです。

大容量ペットボトルであれば、日持ちもすることから備蓄水代わりにもなりますし消費期限が平均して2年ほどありますので十分に利用もしきれるということもいえるでしょう。
ただし、購入する手間というものがありますので「買いに行く時間がなかなかない」「まとめ買いが重さの理由からしにくい」などという声もあるようです。

山梨のお水屋さんの存在について

水どころといっても過言ではない山梨。
そんな山梨では、お水屋さんというものも今でも存在しています。
大半のお水屋さんがほかの商品やサービスにプラスして水を宅配・販売しているというところが多いのですが、お水専門店というものも山梨にはいくつか見受けられるのです。

こうしたところを利用すれば、宅配してくれますし買い物に行く手間も省けます。
ご高齢の方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭では非常に便利に役立てられているのです。
ただ、ペットボトルとして購入をする場合、その量によっては「ゴミ」が出てしまうのが難点とも考えられています。
すぐにゴミがたまってしまうなどというところが気になる方であればまた別のアプローチで飲用水を取り入れるという方も増えているのです。

またこのお水屋さんですが、県外の方でも購入がしやすいように「通信販売」を行っているというところもありますので、県外の方が利用するケースも多いのも山梨県だからこその特徴かもしれません。

新しい水との付き合い方について

山梨の方々は美味しい水が近くにある。
そうした環境がありますが、近年需要が高くなっているのが「ウォーターサーバー」なのです。
どちらかというと、水道水がまずいといわれる地域での需要が高いのでは?というイメージがあるウォーターサーバーですが、山梨においても実際に家庭に設置をしているという方も増えているのです。

その理由ですが、冷たく美味しい水がいつでも飲める。
お湯もすぐに利用できる。
衛生的で安心できる。美味しくてコスパも良いなど理由もさまさまなものとなっています。

山梨で人気のウォーターサーバーについて

さて、山梨の方々もウォーターサーバーを設置している家庭が増えている・需要が高くなっているという事がお分かりいただけたかと思います。
では、どのような形が人気となっているのでしょうか。
さらに深く掘り下げてくことにしましょう。

まずはお水の種類から見ていきましょう。
山梨において、7割以上の方が「天然水」を利用されています。
やはりここは水どころだからこその特徴かもしれません。
大手ウォーターサーバーメーカーで取り扱っている天然水は、産地もさまざまです。
しかし、やはり地場のものをという声も多く山梨の天然水が人気の傾向にあるようです。

次いで3割の人気となっているのがRO水です。
ろ過したこのRO水は、余計な成分が全く入っていません。
飲用利用をするにも大人ばかりではなく乳幼児にも安心して与えることが出来るというところが選ばれる方の理由となっているようです。

ウォーターサーバーのスタイルについて

宅配方式は圧倒的な人気になっているのがワンウェイ方式でした。
ゴミはでるもののペットボトルよりも量は少なく、そして回収のために業者が家に訪れることもない。
気軽で手軽だというのがその背景にあるようです。
使いきりボトルという事で、衛生的だというのも理由となっています。

サーバーそのものにも目を向けてみましょう。
サーバーにおいては7割程度が「床置きタイプ」を選ばれているようです。
卓上タイプよりも1つのボトルの容量が大きいために、気にすることなく飲用利用さらにはほかの用途にも取り入れやすいというところが人気となっています。
また、ご家族単位で皆さんで美味しく飲めるというのも理由となっています。

もちろん、卓上タイプも一人暮らしの方などにも人気となっています。
リーズナブルでもありますので、毎回ペットボトルを購入するよりも経済的だというところも大きな魅力となっています。

満足度について確認してみよう

山梨においてウォーターサーバーを設置して良かったかどうかという点ですが、8割以上の方が「良かった」と感じているという調査結果も出ています。
お湯もすぐに使えるら便利だし、時短にもなるということ。
お水をスーパーへわざわざ買いに行かなくても良くなったという声などもありました。

以前においては不満点であったサーバーそのものの衛生面ですが、定期メンテナンスを実施しているメーカーも増えていますので常に綺麗な状態でお水を飲んでいただくこともしやすくなりました。
モデルチェンジもしやすくなりましたし、水垢が付きにくいもの・省エネタイプのもの・女性や高齢者でもボトル入れ替えがしやすいデザインのものなどもリリースされるようになったのもまた需要が拡大し満足度が高くなった理由にもつながってきます。

この満足度を見ていただくとお分かりかと思いますが、継続的に利用をしている方もまた多いのが山梨におけるウォーターサーバー事情でもあるのです。

水道水に不安があるという方やミネラルウォーターを買いに行くのが手間に感じる。またはお水屋さんが近くにないという方々はこうして上手に飲用水を確保しているようです。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査