山口県での水道水に対する管理体制とウォーターサーバーなど飲用水について考えてみよう

歴史にゆかりがありさらには美しい海・海産物そしてビジネスの発展など様々な表情をもつ山口。
印象としては自然が豊かというものがあるかもしれません。
水道水においても、漠然と「質が良いのでは」というものがあるのではないでしょうか。
そこでここでは、山口における水道水事情。
さらには、実際に暮らす人々と飲用水について考えてみることにしましょう。

山口での水道水の環境について

まずは現状の水道水の環境について見ていくことにしましょう。

山口でも他の都道府県同様に、水道法にのっとった形での検査を実施しています。
そのうえで、安全性が確認されたもののみが各家庭にて水道水として供給がなされているのです。

そればかりではなく、例えば岩国市ではさまざまな水道に対する努力を行っているのです。
それが「水安全計画」と呼ばれるものになります。
水源となるダムでのカビ臭の発生・水道管の老朽化など、水道水を供給する上で悪影響となる可能性がある要素はいずれの状況でも考えられます。
だからこそ、水源から蛇口までの高度な管理体制を敷いて、より安全で「質の良い」水道水を安定的に供給をする。
そのための計画が「水安全計画」というものになるのです。

万が一の以上の際にも対応できる体制

万が一、何らかの異常が発生したという場合に迅速に対応できるようにとマニュアルを整理しています。
マニュアル化することにより、以上の認識・対応措置・以上解消後・緊急連絡体制などがスムーズに行うことが出来るのです。

さらなる水道水の質をもとめて

山口の方々に安全な水道水を送るための計画内容は、その時々で状況が変わることにも対応できるように、サイクルに添って計画を強化しています。
こうした計画の詳しい部分については、公式サイトにも詳しいファイル配布がなされていますので気になる方はアクセスをしてみるのが良いでしょう。

山口の水道水と飲用利用について

さて、しっかりと計画が立てられており状況対応体制も万全なものがある山口における水道水。
では、その水道水を飲用利用することは可能なのでしょうか。

結果から言えば「可能である」という事が言えるでしょう。
十分に飲用としてお役立ていただける体制というものができていますので、県・市町村が水道として供給しているものに関しましては十分な安全性があります。

個人的な井戸などはそれぞれで検査を受け「飲用として利用ができるかどうか」の基準をクリアしてから利用をしていただきたいと思います。
またね水道水そのものには問題がなくとも、集合住宅やビルなどでは「貯水槽」に水道水を受けているという事も考えられます。
このような場合には、個人宅で供給されている水道水とは質が異なってしまう可能性もあるのです。
施設者の管理体制というものにも目を向けていただくとより安心できるでしょう。

基本的にはこうして蛇口からそのままお水を飲んでいただける環境があるのですが、塩素臭が気になるなどという方もいらっしゃるようです。
こうした場合には、日持ちはしなくなりますが一度沸騰をさせたものを飲用利用するなどしていただくと臭いも気にならなくなるでしょう。

お水屋さんの存在について

「お水屋さん」とは、水を販売している場所。
そのようなイメージがあるでしょう。
山口のお水屋さんもペットボトルでミネラルウォーターを宅配してくれるなどというところももちろん存在しています。
しかし、全体的な業務内容として見てみると、その多くは「浄水器」や「浄水装置」の業務に携わっていることが多い傾向があります。

装置などと言うと特に大掛かりで個人で水道水として利用をするためのものではないと言うイメージがあるかもしれません。
しかしそうではなく、水道水をベースとしてミネラルウォーターとそん色ない状態にしてくれる設置型の浄水器と考えていただくとよいでしょう。
蛇口に簡単に取り付けることが出来るものから、サーバータイプなど多種類用意しているというところもあるようです。

山口全土に対応しているという中規模業者も存在はしているものの、どちらかというと地域に根付いたというもののほうが多いので「対応地域」というものを利用をされる方は事前に確認していただけたらと思います。

水の確保方法について

さて、お水屋さんを利用すること。
その他の飲用利用のためのお水というと「ミネラルウォーター」を購入するという事になります。
この方法は近くのスーパーやコンビニエンスストアなどでも用立てることが出来ますので、非常に手軽な方法手段ともいえるでしょう。
その日の分を購入するというスタンスですと、それでも十分なことも多いのですが、ご家族単位での飲み水を確保したいという方・ある程度の日数分を確保しておきたいという方には若干、不向きな方法であるという事も言わざるを得ません。

最適な水確保の方法を考える

先のような方法いくつかを見ていきましたが、いずれの場合にも満足できる環境を作れない。
そのような方は、いったいどのように飲用水を利用すればよいのでしょうか。

山口の方の水との生活を見てみると「ウォーターサーバー」を設置している方も少なくないのです。

山口でのウォーターサーバー利用について

さて、山口におけるウォーターサーバーという選択肢ですが数年前と比較をするとずいぶんと拡大を見せています。
より身近な存在になってきているという時代的な流れもあるのかもしれません。

山口の方でウォーターサーバーを利用している。
そうした方々に目を向けてみると、生活にどのようにウォーターサーバーを取り入れているのかが見えてきます。

まずはその方式ですが、若干リターナブル方式が人気となっています。
リターナブル方式は、空いたボトルを保管し回収してもらうということになるのですが、ごみが出ないという魅力もあります。
また、近年のボトルは潰せるようになっているので場所も取らなくなってきました。
これもまた、選択される方が多い背景といえるでしょう。

使い捨てボトルを利用するワンウェイタイプも全体の3割程度の方がいらっしゃいます。
回収の時間がないなどという方においてもウォーターサーバーを利用しやすくしてくれる方式となっています。

お水の種類ですが、天然水・RO水が半々の割合で需要があるというのも見えてきました。
美味しさ重視の天然水・使い勝手重視のRO水といわれています。
お酒などを造るために水を利用したい。
飲み水として美味しいお水を飲みたい。
そのような方は天然水を選ぶ傾向が強いようです。産地・硬度などさまざまありますので、自分の口にあった・ご家族の口に合ったものを選んでいただけます。

RO水は赤ちゃんにも利用ができる。ということから、小さなお子様がいるご家庭での需要が高くなっているようです。
クセが全くないものから、ミネラル類などを添加したものなどRO水においても数種類の展開があります。

サーバータイプにつきましては、床置きタイプが人気となっています。
全国的にも床置きタイプが人気ですが、山口においてはこちらのタイプを利用される方が圧倒的に多いのです。
ご家族単位で飲用利用する傾向が強いという表れかもしれません。
とはいえ、卓上タイプが全く需要がないというわけではありません。
一人暮らしの方などにおいてはやはり実用的な卓上タイプを選択されるという方もいらっしゃるのです。

どうしてウォーターサーバーなのか

いくつかの飲用水の取り入れ方があるものの、どうしてウォーターサーバーを取り入れようと思ったのか。
その理由としては「すぐに美味しく冷たい状態でお水を飲むことが出来る」といったウォーターサーバーならではの特徴に魅力を感じた方が多いのです。
機能性という点においても、ウォーターサーバーは優れています。
また、お湯がすぐに使えるという声も見受けられました。
お水ばかりではなくお茶などを飲むことが多いという方には嬉しい機能かとも思います。

こうしたところから山口でのウォーターサーバー事情を見ていくと、より安心できる水をと考える方が多くそして手間もかかりにくく機能性も良いというものを選択する傾向があるといえるでしょう。
実際に利用をされている方々もサーバーを設置して良かったという満足度の高いものとなているのです。

地方別ウォーターサーバー

中国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査