水に対する取り組みが盛んな山形県での水道との付き合い方やウォーターサーバーの取り入れ方をチェックしてみよう

山形県と水道水について

まず最初に、最も身近な「水」といっても過言ではない水道水について見ていくことにしましょう。
山形では、県をあげて積極的に「山形の水を飲もう」というアプローチを行っています。

山形はもともと、日本一のブナ話面積をほこる林があり、原生的な自然がキープされている山岳があります。
そこから流れる多くの背竜があることから水との関係性が深い県と言っても過言ではないでしょう。
だからこそ、この地域の特性を生かした活動をしているのです。

山形の代表的な浄水場は以下のようなものになります。
・笹野浄水場
・西川浄水場
・金山浄水場
・朝日浄水場
・平田浄水場
などです。
ここにて、水道法にのっとった水質検査を行われています。
毎月・3カ月に1回・1年の内に1から4回程度の検査項目に別れており、これらの厳しい基準をクリアしたもののみが家庭用の水道水として利用をされているのです。
ですので、水道水を飲用利用したから何かしらの身体トラブルがあるということは無いといえるでしょう。

こうした取り組みをわかりやすく触れることが出来る水道資料館などもあり、より身近に体感していただけるかとも思います。

こうして安全性が高く飲用利用もできる山形の水道水。
ただやはり、安全性が優先されますので殺菌消毒(塩素処理)というものもなされます。
ですのでそのまま飲用をするとどうしても塩素臭がします。
これらを解消するためにも、山形では「冷やすこと」や「一度沸騰し塩素を取り除くこと」を推奨しています。
ただし沸騰したものに関しましては塩素の力というものがなくなりますので雑菌が繁殖しやすい状態になりますので早めに使用をしていただくことも同時に触れられています。
調乳利用をされるという方もおいでかと思いますが、ポットで保存をしているという方は管理を慎重に行うのが良いでしょう。

山形とミネラルウォーターについて

さて、山形の水への取り組みは県をあげてなされているのですが蛇口から出る水道水ばかりではなく別のアプローチという形でも活動を行っています。
それが「水道水ペットボトル販売」というものになります。
簡単に言えば水道水をペットボトルに詰めたものを販売するというものになっています。
これは、水道水の普及や利用促進を目的とした取り組み活動の一環となっています。
広報活動ばかりではなく、緊急時のビック水としてそしてその売り上げ水源林の保護に使用をすることでさらに水質の向上を目指すという目的もあるのです。

実際に、観光客や地域イベントでも人気となっているようです。

また、あらゆる地域で見かけることがあるミネラルウォーターですが、こちらの需要も非常に大きいものとなっております。
料理やお風呂・洗濯などは水道水を。
飲用はミネラルウォーターをという方もまた多いのです。
コンビニエンスストアなどでも手軽に購入ができること。手間をかけずに飲用利用ができること。
そして安全性が高いことなどがそれらの背景にあるようです。

山形におけるお水屋さん

今ではその数も少なくなっているといわれていますが、山形にも「お水屋さん」と言ものが存在しています。
その名前の通り、安心できる水を供給してくれるというメーカーになります。
天然水から純粋まで取り扱いの幅も広くさらには、ペットボトルタイプばかりではなくウォーターサーバータイプの用意をしているところもあるようです。

専門として業務に携わっているところもあれば同時にガスの設備などを行っているというところもあるようです。
地域に密着しているという特性がありますので、一度お水屋さんを利用すると長く愛用し続けるという方もまた多いのが大きな特徴の1つともいえるでしょう。

またスーパーなどでも水を供給しているところもあるようです。
これは、500円前後でポリ容器を購入していただきます。
それを購入することにより以後、無料でお水をくむことが出来るというシステムとなっています。
中には1回あたり100円前後の料金がかかるものもありますが5リットルなどと言う大容量であることも多いのでお得な利用をしていただけるでしょう。

こうしたお水の場合、一度ボトルを洗浄してくれるシステムが機械に備わっているものもあり衛生面では問題がなく、もちろん水質管理などもしっかりと行われています。
ただいわゆる先に触れたような「ミネラルウォーター」とは種類が異なるのです。
中には勘違いをされている方もいらっしゃるようですが、これらのお水の場合は「電解水」「電子イオン水」などというものが大半です。
ミネラルウォーターと何が違うのか?と疑問に感じられるかもしれません。
これは、水道水に対して電子圧力をあけて綺麗なお水にするというものになるので天然水やミネラルウォーターとはまた別のものになります。
とはいっても、電子圧力をかけることによって塩素臭は全くなくなりますしさらには飲み辺りも良くなりますので飲用利用をされるという方も多いのです。
ただ、密閉容器での保存ではありませんので汲んでから早い消費をしていただくことが大切となります。
また、マシーン・水によっては乳幼児利用やペット利用は避けるよう注意がなされていることもあるでしょう。

このことから、長期保存を考えている方はミネラルウォーターやお水屋さんでのサーバー利用をという考えの方もおいでのようです。

山形とウォーターサーバーについて

お水屋さんについての説明でも触れましたが、ウォーターサーバーの需要は山形においても高いといえるでしょう。
CMや各種広告でも見ることがあるウォーターサーバーのメーカーも山形に営業所や支社を構え供給を行っています。
ですので、導入を検討されている方は今すぐにでも利用が可能となっています。
実際に、衛生面や安全性を考慮して店舗や会社などで導入をしているところも多いのです。

水の種類が選べること。
サーバータイプが選べること。
メンテナンスなどを行ってくれること。
ボトルに関しては長期保存ができることなどがその魅力として考えられています。
備蓄水としての活用も出来るという事もまた需要に繋がっているようです。

家庭でのウォーターサーバーの活用について

今ではよりおいしい水を。
と考える方が増えています。
以前は「水にお金を出すこと」に抵抗を感じる方もおいでのようではありましたが、今では先のような理由からサーバーの設置をする家庭も多いのです。

純水を利用することにより、ミネラルウォーターや電子圧力をかけたお水が使用不可の乳幼児やペットでも安心して与えることが出来るのです。
与えるまでの手間がかからないというのも普及の背景にあるでしょう。

普及が見受けられたとしても、山形で暮らす人々がそれに対して満足しているかどうかはまた別の話になってくるでしょう。
同時に、満足度についても確認しておきましょう。
行われた調査によると、男女ともに7割近い方が満足をしています。
冷たい水をすぐに飲めるなどと言った利便性。
安全性。防災対策などトータル的な評価がウォーターサーバーにおいては高いところが目立ちます。
また、電気代金なども今では省エネタイプのサーバーもありますし、総合的な出費を考えるとペットボトルでミネラルウォーターを購入するよりもお得であることなども高い満足度に繋がっているようです。
このことから、継続的に利用をされる方もまた多いというわけです。

ネガティブな要因について

ウォーターサーバー利用におけるネガティブな要因としては「場所をとる」という問題があります。
一人暮らしであれば卓上タイプもありますし、お水のタンクは少し小さめになるもののスリムタイプの床置きタイプもありますので、それらを検討していただくとネガティブな要因は解消していただけるかと思います。
各メーカーにおきましても、これらの要望に応えられる状態・環境を整えているところも多いのです。

それぞれに合ったお水との生活を実現してくれるのがウォーターサーバーと言っても過言ではないかもしれません。
一時休止が出来たり追加注文が出来たり生活のその時々にピッタリのスタイルをすぐに取り入れられるのも人気の理由となっています。
個人的に相談をしながら決めたり変更できるのも良い点でしょう。

地方別ウォーターサーバー

北海道・東北地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査