和歌山県での水道水の現状やウォーターサーバーなど飲み水確保のアプローチについて

美しい景色が人気となっている観光スポットの多い和歌山。
国内外から多くの方が訪れています。
「食事が美味しい」などという声も多い地域ではありますが、生活をされる方々にとって必要不可欠な存在であるのが「水」でしょう。
当然、和歌山における水道水利用やそれに対する取り組みというものも積極的になされています。
そこで今回は、水道水事情から飲用利用さらにはそのほかのアプローチなどにおいても見ていくことにしましょう。

和歌山の水道事情について

一例として和歌山市を取り上げていきましょう。
水源は実は和歌山県内ではなく、奈良県の大台ケ原山にあります。
山から流れてくる雨水が、大滝ダムに貯水されて、吉野川や紀の川へと流れていきます。
そして、その川の水が「取水口」というところに取り込まれて、情雨水場へと運ばれていきます。
こうして、蛇口をひねればすぐにお水が使うことが出来る。
という水道水環境が作られているのです。

なお、浄水場ですが、和歌山市におきましては真砂浄水場・出島浄水場・加納浄水場・滝畑浄水場の全部で4カ所となっています。
中でも、加納浄水場は最も大きく水の供給を行っており、和歌山市の約7割ほどを担っているのです。

浄水場での努力の実情

浄水場の中には中央監視室というものが用意されています。
機械の動きの調整・そのほかに異常がないかどうかを24時間体勢で監視されているのです。
さらに、各家庭に供給されていく水道水が安心なものであるか。
それを確かめるのが「水質試験室」です。
色・濁り・残留塩素の濃度を調査する検査は「毎日」行われています。
さらには、月に一度国が定めている水質基準項目に基づいての検査が市内の16カ所で実施されているのです。

和歌山における水道水の飲用利用について

さて、現状の体制やシステムを見ていったところで、果たして和歌山の水は「飲用利用」が出来るのかどうかについても確認しておきましょう。

和歌山における水道水を飲み水として使う事は何ら問題はありません。
実際に公式的にもいざという時のために水道水を「飲用」として確保しておくとよいとも推奨しているのです。
ただし、水道水の備蓄用飲み水の保管は直射日光が当たらない風通しの良い場所で保管をすること。
さらには、「3日に1回」のペースで取り換えていただくこともまた推奨しています。

実際に飲用利用をされているという方も少なくありません。
数年前、濁り水などが出た影響もあり、浄水器を設置しているというご家庭もあるようですがそれらに対する対策も勿論迅速に行われましたので今では問題は一切ありません。

蛇口から水道水をそのまま飲むと、何となく薬品臭がするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この薬品臭はいわゆる「塩素臭」というものです。
安全のために全都道府県におきましては、塩素を使用して殺菌消毒を実施しています。
その際に使用した塩素の臭いがするというわけです。
もちろん、人体に有害な容量が含まれているわけではありませんので安心して召し上がっていただけるでしょう。
とはいえ、やはり臭いが気になるという声もあるようです。
こうした場合には、一度沸騰をさせて飲用利用するなど少し工夫をしていただくと、さらに美味しく飲んでいただけます。
ただし、沸騰したものに関してはその日のうちに・冷蔵庫で保存をしていても最大3日以内には召し上がっていただきたいと思います。

和歌山の飲用水事情について

こうして、水道水でも十分に美味しく飲めるという事が分かった和歌山ですが水道水の飲用利用はあまり好ましくない。
そうお考えの方もおいでのようです。
では、こうした方々はどのような方法で飲用水を確保しているのでしょうか。

まず「お水屋さん」というものの存在について触れておきましょう。
水に関する供給宅配さらにはシステム設置などを行っているものとなっています。

天然水などを販売・宅配してくれるというところもありますし、浄水システムの設置を行っているというところもあるでしょう。
水専門というよりも、同時に清掃業務・衛生用品販売さらにはガス関連事業などを行っているというところが多いようです。
ペットボトルタイプであれば、通信販売を行っているところもありますのでお水屋さんの宅配区域以外だという方におきましても利用をしていただけることでしょう。

浄水システムは基本的に「水道水をミネラルウォーターと同等の状態にする」というシステムになっています。
設置やサーバーなどのレンタル代金がかかる場合もありますが、ペットボトルを購入するよりも経済的だという事で注目を集めています。

和歌山の方々とウォーターサーバー利用について

お水屋さんの存在から、一工夫で水道水を美味しく飲用利用する。
など、さまざまなアプローチがありますが最も安心感があって衛生的さらには美味しいと評判となっているのが「ウォーターサーバー」というものの存在です。

数年前までは、各施設などに設置をされるもの。と言うイメージがあったようですが、今では各家庭でも設置をしているところが増えています。
これは、和歌山でも同じ事が言えるのです。

和歌山におけるウォーターサーバーの需要というものも非常に高く、多くのご家庭に普及をしているのです。

人気の和歌山でのウォーターサーバー生活について

さて、次に和歌山ではどのようなウォーターサーバースタイルが人気となっているのでしょうか。
その傾向について見ていきたいと思います。

まずはその「方式」から見ていきましょう。
全国的に見てみると、ペットボトルの回収がないというタイプのワンウェイ方式のほうが人気となっています。
しかし、和歌山という点のみで注目をしてみると、リターナブル方式が人気となっているのです。
回収の手間というものはかかってしまうのですが、ごみを各自で廃棄する必要がないというところが大きな魅力となっているかと思います。
以前におきましては、ボトルがたまってしまうのが邪魔だ。という声もありました。
その点は改善がなされるようになり、ボトルが簡単につぶせてコンパクトに取り置けるというものも増えていますので「かさばる」という心配はないでしょう。

次にお水の種類ですが「天然水」が人気となっています。
こちらは全国的に人気ともなっています。
天然水といっても、各ウォーターサーバーメーカーもしくはメーカーにおいても数種類のものを用意しているというところも増えています。
利用前に試飲ができるなどといったサービスを実施しているメーカーもまた増えていますので、好みの味を選びやすいというのが人気の理由となっているようです。
産地から硬度など「自分に合ったもの」を選べるのは大きな魅力でもあるかと思います。

とはいえ、RO水も人気となっています。
小さなお子様にも利用ができる・ペットの飲用水としてもそのまま利用ができるなどという点から選ばれる方もいらっしゃるのです。
天然水とはまた違った口当たりとはなりますが、癖がほとんどありませんので飲みやすく飲用としても十分に満足していただけるものともいえるでしょう。

サーバータイプにつきましては、床置きタイプが和歌山では人気となっているようです。
ボトル容量が大きいので、飲用はもちろんそのほかの用途にも利用がしやすいのがやはり大きなポイントといえるでしょう。
また、ご家族が多いという方においても「全員が飲み水を満足した形で取り入れられる」というのも特徴の1つとなっています。
以前は、場所をとる・部屋に浮いてしまうなどと言う問題もありましたが、スリムタイプからおしゃれなデザインのものまでリリースされていますのでこうした部分が解消されたのもまた人気の理由となっているのでしょう。

卓上タイプを選ばれる方の大半が一人暮らしの方のようです。
コンパクトで使いやすい。一人なら卓上タイプで十分だという声も少なくありません。

利用満足度などについて

利用のきっかけは「冷たく安心できるさらには美味しいお水がいつでも飲めること」「お湯も沸かすことなくすぐに使えること」などがあるのですが、これら機能性に富んでいて安心できるという点が満足度にもつながっているようです。
ですので、そのまま利用を続けているという方もまた多いという傾向が和歌山では見受けられます。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査