水道水に恵まれている鳥取県でもウォーターサーバーの需要は高まっている

鳥取というと第一に「砂丘」と答える方も多いのではないでしょうか。
自然が豊かという印象もあることが水も美しいと考える方も多いようです。
そしてそれは間違いではありません。
実際に鳥取の水道水は美味しいともいわれているのです。
そこで、今回は鳥取での水道水の徳地陽から取り組みさらには飲用利用など幅広く水との生活を見ていきたいと思います。

鳥取での水道水環境について

まず最初の水道水環境について見ていくことにしましょう。
鳥取県内におきましては、上水道が14・簡易水道が193あるとされています。
小規模な簡易水道事業などが多く存在しているという事が見えてきます。

これらの水地につきましては、34%ほどが伏流水・31%ほどが浅井戸・同じく31%ほどが深井戸となっています。
こうして見ていくとお分かりかと思いますが、地下水資源というものが大きく水道水と関わっているのです。

日本における水道水は昭和32年に制定された水道法にのっとって蛇口での塩素濃度を1リットル当たり0.1ミリグラムにするようさだめられています。
この水道法に定められた基準にのっとった形で消毒のために使用をされる残留塩素濃度というものが明確にされているのです。

鳥取県の水道水の水地を見ていただくとわかりやすいのですが、非常に豊富な地下水資源が使用されていますので、塩素による消毒が少なくて済むのです。
これが「美味しい」といわれる理由の1つとなっているわけです。

鳥取の水道水が美味しい理由

このように塩素との関係性ばかりではないのです。
水道水の美味しさの利用として、そのバランスがあります。
実は、水の美味しさというものはミネラルとのバランスによってキメラわれていて基準というものも設けられているのです。
その式に当てはめて鳥取の水道水を見ていくと、美味しい基準値を十分にクリアする数字が導き出されるのです。
ですのでシステムはもちろんですが「客観的に見ても美味しい水道水が供給されている」ということがいえるのではないでしょうか。

水道水の美味しさを発信している

鳥取ではこのような水道水が美味しいという特徴を生かし、それをPRや県内外に普及することに努めています。
その1つが「米子の水」というペットボトル販売です。
こちらは、鳥取の自動販売機などでも売られていますし県外のイベントなどでも見かけることがあるでしょう。
ペットボトル飲料というと「天然水」と言うイメージがあるかもしれませんが、このお水の中身は水道水なのです。
その美味しさをアピールするために作られているのです。
実際にこのペットボトル水道水はひじょぅに人気が高いものとなっています。

鳥取の方々と水道水の飲用利用について

さて、美味しいという事が十分に分かったところで鳥取で暮らす方々は飲用利用をしているのか?という点についても見ておきましょう。

他の都道府県と比較をすると、鳥取では水道水を飲用利用しているという方が多いという特徴があるのです。
家庭で飲用利用をするというばかりではなく、水筒やペットボトルに水道水を詰めて歩ているなどと言う方もいらっしゃるほどなのです。
地域住民の水道水に対する意識を見ていただくと、いかに鳥取の水道水の質が高いかが見えてくるかとも思います。

水道水に抵抗があるという方も

そうは言っても、水道水にはやはり抵抗がある。
そのような方もいらっしゃるようです。
先に触れたような水道水を安心して利用するための塩素が含まれていることなどが気になるという方もまたいらっしゃるわけです。

そのような方は、コンビニエンスストアなどでミネラルウォーターを購入し都度飲み水を確保しているという事もあるでしょう。
また、家庭単位でという場合には「お水屋さん」を利用するという声もあります。
このお水屋さんは水の販売業務などを積極的に行っていた時期もありますが、現在では浄水器やシステムの設備などを行うことが多い傾向が鳥取では見受けられます。

水道水に設置することにより、水道水をさらに美味しくしてくれる。
塩素を取り除いてくれる。などということで人気となっています。
ミネラルウォーターを購入するよりもコスパが良いですし水の量を気にする必要もなくゴミも出ない。
そうしたところが人気となっているのです。

鳥取でのウォーターサーバー利用について

次にウォーターサーバー利用についても見ておきましょう。
恵まれた水の環境がある鳥取では、一見するとウォーターサーバー利用に対する需要はないのでは?という印象もあるかもしれません。
しかし、その需要は十分にあるのです。
特に、ここ数年で各家庭で利用を始めたという方もいらっしゃるほどです。

ウォーターサーバーとの付き合い方を見てみよう

では、鳥取の方々はどのような形でウォーターサーバーと付き合っているのでしょうか。

最初に「方式」から確認してみましょう。
ウォーターサーバーには「リターナブル方式」と「ワンウェイ方式」という2種類が展開されています。
メーカーによってどちらか一方しか導入されていないというところもありますが、双方のスタイルから選べるというところも増えつつあるようです。
さて、鳥取ではほぼ半々の割合でそれぞれに対する需要があります。

リターナブル方式は、空いたボトル容器を保存しておき回収に来てもらうこととなりますが、各自でごみを捨てる必要がないなどという利点があります。
ワンウェイ方式は、回収の手間はないものの水からごみとして出していただく必要があります。
どちらが自らの生活にとって最適か。という点を考えてそれぞれが選択しているというところが見受けられます。

さて、この傾向に添うように「お水の種類」に関しても約半々の割合で「天然水」「RO水」が選ばれています。
こちらは使い勝手や美味しさという点から選択をされているようです。

天然水は美味しさが一番の特徴といっても過言ではないでしょう。
風味から産地さらには国内外の天然水を取り扱っているというところもありますので、飲み比べをして「最もおいしいと感じたものを選んだ」という方もいらっしゃいます。
硬度などもさまざまですので、どのような目的で飲みたいのかという点から選ぶことも可能なのです。

RO水は水道水や湧き水をろ過したものになります。
ミネラル成分を添加するものもありますが、そうでないものに関しては乳幼児やペットにも使用をしていただけるお水となっているのです。
汎用性が高いというのが大きな特徴となっており、「離乳食作りやミルク作りにも使用をしたい」など言う場合にはこのRO水を選択されている方が多いようです。

サーバースタイルに関しましては、はっきりと分かれているようです。
鳥取では、床置きタイプが7割以上の人気となっています。
容量も大きいですし、その分さまざまな利用もしやすい・タンクをこまめに変える必要がない。などという利点がたくさんあります。
デザインがオシャレなものもたくさんリリースされていますので、部屋とのバランスがとりやすくなったというのも人気の要因となっているのかもしれません。

そして3割り近い方が選択をして入り卓上タイプですが、需要層としては「一人暮らし」の方々に人気の傾向があります。
大きなものは特に必要ないけれど安心できて美味しい水が飲みたい。
そのような方々はこの卓上タイプを選ばれているのです。

美味しい水のある鳥取でなぜウォーターサーバーなのか

水質が非常に良い鳥取でなぜウォーターサーバーを設置したのか。
その理由はさらなる美味しさを求めるという方。
冷たい水・温かいお湯がすぐに飲めるという点。
安全性が高いという点。
衛生的だという点などが考えられます。

いくら鳥取の水道水の質が良いとはいっても、集合住宅のために「貯水タンク」を使用するのが気がかりだという声も見受けられました。
こうして見ていくと、水の質が良い地域でもやはりウォーターサーバーは人気となっているようです。

実際に設置をしたことによる満足度並びに継続率というものも高い傾向があります。
これはやはり「サーバーの機能性や利点が生活をより快適にしている」ということの表れではないでしょうか。
コスト的にも手軽になりつつありますし、導入をしやすくなったのもこうしたところに繋がってくるのでしょう。

地方別ウォーターサーバー

中国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査