水道水管理システムが充実している徳島県での水に対する意識とウォーターサーバーなどを利用した飲用水確保について

風光明媚で名産品そして催事も多い徳島。
特に夏場には多くの方がその土地に訪れます。
そんな徳島と水というもののイメージがあまりないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
徳島での水道水の現状というものはどのようなものになっているのでしょうか。
そして生活を送っている人々は、どのように飲用水を確保しているのでしょうか。
今回は、そんな「徳島と水」について考えてみることにしましょう。

水道水の取り組みについて

徳島での水道水の給水開始は衣装15年までさかのぼります。
原水の状況に応じた水道水の供給システムというものを作りながら管理体制も万全であるように努めてきて源座に至ります。
水道水は徳島のみではなく、製造工程において水の質そのものに「リスク」というものはやはり存在しています。
だからこそ、安心できる水道水供給のために努力を重ねているのです。

現在、徳島での水質レベルは年々よくなってきているともいわれているのですが、これは水安全計画というものの影響も大きいようです。

水道システムについて

水道システムに関しましては、一例として徳島市を取り上げてみ行きましょう。
特使くしでは、5つの水源を処理する浄水場のほか、9ブロックに配水をしています。
水源から給水栓に至りその工程で1つずつ想定される「危害原因事象」というものをピックアップし、それらの項目も特定しました。
と、同時に事象ごとにリスクレベル・頻度設定もさだめられました。

これら機器原因事象に対して現状の管理体制の確認はもちん監視方法というものも整理しより厳しいものとなりました。
適切かつ迅速な対応。さらには監視体制なども整えられました。

徳島の方々と水道水の飲用利用について

厳しいシステム体制が敷かれているという事が分かった徳島のおける水道水事情。
では、実際に飲用利用ができるのでしょうか。
水道法に従った検査なども行っておりますので安全性も十分ですし、当然ながら飲用利用というものもしていただけます。
実際に、水道水をそのまま飲用として利用しているという方も少なくないのです。

ミネラルウォーターは全く購入せずに水道水のみを利用しているという方もいらっしゃるほどその水質は良いものとなっています。
とはいえ、やはりニオイという点につきましては、ミネラルウォーターよりも感じるかもしれません。
そのニオイとは「塩素」のことです。
消毒殺菌過程に塩素を注入していますのでどうしてもそれが違和感に繋がってしまうのです。
仮にそのまま飲んでいただいても、人体に影響を及ぼすようなことは一切ありませんが、気になるという方は沸騰をさせて飲んだり、さらにはホームセンターなどでも購入できるカートリッジ式の浄水器を取り付けているという方もいらっしゃいます。

お水屋さんと浄水器について

先にホームセンターでも浄水器は簡単なものであれば購入可能だと記しました。
そして使用されている方も多いのですが「水道水よりも美味しい水を水道水ベースで作りたい」という方はお水屋さんを利用するという方もいらっしゃいます。
水の販売と言うイメージが強いのですが、徳島におけるお水屋さんは浄水システムの設置業務を中心に行っているという傾向が強いのです。

水道水を利用してきれいにして「ミネラルウォーターのような飲み心地」を実現することが出来るということから、需要としても十分なものがあるでしょう。
また、使用を続けていると劣化をするのでは?などという不安点におきましては定期的なメンテナンスなどもしてくれますので、カートリッジ式よりも安全で衛生的だとする声も少なくありません。

徳島の方と水との暮らしについて

こうして水道水を飲用利用しているという方も多い徳島ですが、どうしても水道水ベースには抵抗がある。
そのような場合ですが、ミネラルウォーターを購入するという場合もあるでしょう。
どうしてもペットボトルがごみとして出てしまったり、買いに行く手間・重たさなどが難点になってはしまいますが、で狩るな方法ともいえるでしょう。

ただ、量的な問題で「購入だけでは間に合わない」という声も一方にあるのも事実です。

安心できる美味しい水を考えている方へ

では、先のような方々はどのような方法で飲用水を確保しているのでしょうか。
こうした点について考えた時に出てくるものが「ウォーターサーバー」を設置するというものなのです。

ウォーターサーバーにおきましては、今ではより近い存在ともなりましたので皆さんもご存知のものかと思います。
家庭でも設置をするというケースも全国的に広がりを見せています。これは徳島でも同様の傾向があるのです。

徳島でのウォーターサーバー需要について

比較的に水道水を飲用利用する傾向も強い徳島の方々ですが、ウォーターサーバーに対する需要というものも大きくなっています。
そこで、より詳細な部分について見ていきたいと思います。

宅配方式ですが、男女比で見てみると男性の約7割がワンウェイ方式を。
女性に関しては半々の割合でリターナブル方式・ワンウェイ方に対する需要があるという事が見えてきました。
大きな偏りというものが方式にはありませんので、特にその部分にこだわりがあるというわけではないようです。

次に肝心なお水の種類についても見ておきましょう。
こちらも半々という結果になり、天然水・RO水それぞれに同じ蔵の需要があるという事が分かりました。
種類という部分に関しましては「どのような使用目的なのか」というところが大きくなってくるでしょう。

お水を飲むという事のみを考えた場合、その美味しさというものが重要なポイントとなってきます。
ですので、美味しさを感じていただける天然水がそうした方々に歯人気となっているのです。
風味から硬度など今では選択肢も広がりを見せていますので、満足できるお水との生活をしていただけます。
では、RO水を選択される方はどのような理由があるのでしょうか。
考えられる要因としては「赤ちゃんやペットの飲用にも利用をしたい」という点からが多いでしょう。
RO水はピュアウォーターとなっておりますので、赤ちゃん・ペットにも利用をしていただけるのです。
ですので、こうした環境の方はRO水を選ばれるというわけです。

こうしてバランスの良い需要が見られる徳島でのウォータサーバー環境ですが、サーバースタイルとしては需要がハッキリとしています。
これもまた、徳島におけるウォーターサーバーの特徴であり傾向ともいえるでしょう。
何と女性に至っては10割り・男性は7割の方が「床置きタイプ」を選択されているのです。
家族単位での利用が多いという傾向が見えてきます。
卓上タイプよりもタンク容量が大きいこと・その分飲用水ばかりではなくそのほかの用途にも利用をしやすいなどというところに魅力を感じるかも多いのかもしれません。

利用のきっかけなどについて

水道水でも十分に美味しい。
浄水器を設置するだけでその味に対する満足度も高くなる。
そんな徳島の水道水ですが、その環境がありながらもなぜウォーターサーバーを選ぶのか。
ここについても触れておきましょう。

最も多い理由としては「美味しく冷たい水がすぐに飲めること」というものがありました。
ウォーターサーバーならではの特徴が魅力となっているのでしょう。
ペットボトルでミネラルウォーターを購入するという事でもそれは実現可能かもしれませんが、冷蔵庫内の幅をとってしまうなどと言う問題点もでてきます。
また、ウォーターサーバーであれば「お湯」もすぐに使っていただけます。
これは、ウォーターサーバーだからできることの1つといっても過言ではないでしょう。

こうした目的から設置をしそして実際に利用をした満足度ですが、非常に高いものとなっています。
ですので、継続率というものもまた非常に高いのです。
いかに徳島の方々が水に対して美味しさや安全性を大切にしそして実践しているのかが見えてくる結果ではないでしょうか。

お試しシステムからお水についても試飲システムがあったりと、満足できる環境を作りやすくなっているのもまた取り入れやすい要因となっているのかもしれません。

地方別ウォーターサーバー

四国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査