水道水のシステムが暮らす人々にもわかりやすい栃木県での水とのかかわり方とウォーターサーバーに対する意識

皆さんは栃木県というとどのようなイメージがあるでしょうか。
文化財や観光名所をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
では「水道水」や「水」という点に焦点を当ててみると、あまり考えたり知る機会というものはあまりないのかもしれません。
そこで今回は、栃木における水道水やそのほかの水さらには飲用水に対する暮らす人々のアプローチなどについても見ていくことにしましょう。

栃木県における水道水つにいて

まず最初に「栃木県の水は美味しい」といわれていることについて触れておきましょう。
各都道府県の水道水の美味しさを順位つけたリサーチによると、栃木は何と第4位に位置付けされているのです。
それだけ、水道水であっても十分な美味しさがあるという事がお分かりいただけるかと思います。

さて、そんな栃木ですが栃木県企業局におきましては、川の水を利用して水道水が作られています。
・那須塩原市にある北那須浄水場
・高根沢町にある鬼怒浄水場
この2つがあります。
これら浄水場で作られた水道水は、栃木のいたる地域に送られて水道水になるのです。

次にダムについても見ておきましょう。
板室ダムは水道や発電のためのダムとして有名です。
取水口にて水道用と農業用に分けられて、水道用に関しては沈砂池に送られていきます。
そこで大きなゴミや不純物を排除するのです。

その後、浄水施設にてさらにキレイにし、水道水として安全に利用できる状態にするのです。
薬品を投入し、水の中にある泥などを沈め取り除きます。
その後、綺麗になった水は砂利や砂の層を通し更に綺麗な状態にします。

たくさんの工程を経て水道用の水が作られているのです。
栃木は水道水に対する意識取り組みというものが盛んですので、こうした部分におきましても公式的に公開がなされています。
各小学校などでも学び触れる機会を設けてもいるのです。

栃木の水道水は飲用可能なのかについて

基本的に、国内の水道水は飲用が出来るとされているのですが果たして栃木はどうなのでしょうか。
先の工程でもお分かりいただけたかと思いますが、十分に飲用として利用をしていただけます。
美味しさという点でも高い水準がある栃木の水道水。
ただし、薬品を入れて安全に殺菌された状態で供給されていることから、薬品の臭いを感じるという方もおいでかと思います。
そのような場合、一度沸騰をさせていただくとにおいが消えますのでより飲みやすいかとも思います。

栃木の水は硬水というレベルではありませんが、都道府県の中で14番目の軟水とされています。
軟水になれている方ですと、硬く感じるかもしれません。
しかし、癖というものもまた少ないかとも思います。
「安全でおいしい水」の活動の一環として2種類のボトルウォーターが配布されています。
小水上の見学時や各種イベントの際に見かけることもあるでしょう。

実際に、人々は水道水を飲用として利用をしている方も多いのですが、沸騰をしたものは日持ちがしないこと。
その都度沸騰を指せるのは面倒だ。
よりおいしさを追求したいという声もあるようです。

よりおいしさを追求するための飲用水利用

水道水ではなくもっとおいしい水を。
そう考えている方はミネラルウォーターなどを購入するという方も少なくないようです。
これは、各都道府県において見受けられる傾向ともいえるでしょう。
コンビニエンスストアから駅の売店に至るまで、ほとんどの店舗で販売がなされているミネラルウォーター。
種類におきましても国産だけでもいくつもありますし、海外産などもありますので「好みの味」をチョイスしていただけるかとも思います。

手軽に持ち歩けるサイズから、生活で飲用水として利用をされる方ですと大きなサイズのものを利用するという事もあるでしょう。
運ぶのが重たい。足を運ばなくてはならない。などということがあるものの、それが手間でない方は十分に満足できる水環境を作っていただけるかとも思います。

宅配サービスについて

スーパーなどで飲用水を購入する場合、一定金額に達しているなど条件が用意されていることもありますが、宅配依頼をすることも可能です。
このサービスを取り入れている方もまた多くいらっしゃいます。
ただ、区域などが限定されることもあるのです。

そこで活用している方もいらっしゃるのが「お水屋さん」というものの存在です。
これは、水を宅配してくれる業者のことを言います。
種類などにおきましては、各業者によって異なってきますが、いくつかの水の種類を用意しているさらにはサーバーも用意しているという事もあるようです。
飲用水ばかりではなく、同時にジュースやお酒を注文し宅配してもらうという方もおいでのようです。

地域に根付いた店舗がこうしたサービスを実施していることが多いので、スーパーの宅配サービス同様に地域が限定されてしまうということもあるでしょう。
こうしたアプローチから、もし飲用水を確保したいのであれば近くにお水屋さんがあるかどうかを調べていただけたらと思います。

ウォーターサーバーの利用について

次にウォーターサーバーの利用です。
お水屋さんばかりではなく、全国展開を行っているメーカーが展開をしているものについて考えてみましょう。
宅配範囲も広いので、多くの方に取り入れていただきやすいものともいえるでしょう。
お水の種類も豊富で中には1ボトルずつ指定が出来るなどというものもあります。
目的に合わせた利用がしやすいという事が魅力ともいえるでしょう。

こうしたウォーターサーバーを利用しているという栃木の方も少なくありません。

栃木の方々のウォーターサーバーとの付き合い方について

栃木の方々の多くは、卓上タイプではなく床置きタイプを好む傾向があるようです。
家族人数が多いという事さらには、飲用水・料理にとさまざまな形で水を多く利用しているという事も考えられるかもしれません。
また、床置きタイプはボトルそのものが大容量です。
水不足時に対応できるように・万が一の防災のためにと利用をされている方もまたいらっしゃるのです。

水の種類につきましては、よく見×天然水が最も人気となっています。
美味しさ重視であるという事が見受けられるでしょう。
天然水も、栃木のものから富士山さらには沖縄や京都などさまざまな地域の水を取り扱っているメーカーもあり、試飲サービスを導入しているところもまたありますので、好みのものをチョイスしやすいというのもまた栃木の方々の人気につながっているのでしょう。

圧倒的に天然水が人気となっていますが、次いで人気なのがRO水です。
ろ過をした純水といわれるのがこのRO水であり、赤ちゃんの粉ミルク作りや離乳食作りなどにも安心して使用が出来るという点が魅力となっています。
もちろん、飲用としても癖がありませんので多くの方に美味しいと感じていただけるものともいえるのです。
お料理やお茶を入れる際にも癖が全くないために味に影響を与えないともいわれています。

栃木の方々のウォーターサーバー満足度について

飲用水にこだわりそして積極的に取り入れている栃木の方々ですが、実際にウォーターサーバーを設置して満足に利用ができているのかも気になるところです。
こうした点についても見ておきましょう。

調査結果によると、男女それぞれ7割以上の方が満足であるとしています。
個々に合わせた柔軟なサービスが展開されるようになってきているというのもまたその背景にあるのかもしれません。
この満足度からでもお分かりかと思いますが、継続利用をされている方が圧倒的なのです。

楽に対処ができる飲用水スタイルが人気

ウォーターサーバーにしても、ボトル回収がないワンウェイ方式が人気となり、ボトルを保管せずにすぐに処分することが出来るものが扱いやすいという声が多いようです。
楽に取り入れることが出来てさらには美味しい。
そして便利で定期ではなく自由度の高い意味用水スタイルが人気であるという事が見えてきます。

栃木の方々は、こうして上手に水道水と付き合いそして飲用水においても満足できる形を選択しているようです。
安さや機能性な度も重要視する傾向も一方では見受けられましたので、そうした種類やメーカーに対する人気が高いというところもあります。

地方別ウォーターサーバー

関東地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査