水どころ静岡県での水道水と飲用水さらにはウォーターサーバーの需要などについて考えてみよう

皆さんは静岡というとどのようなイメージがあるでしょうか。
やはり、伊豆地方があることから海と言うイメージ。
富士山があるという事。さらには、中心部では産業・工業文化が広がりを見せた地域ですのでさまざまな表情がある県といっても過言ではないでしょう。
そんな静岡における水道水事情さらには飲用水事情はどのようになっているのでしょうか。
詳しく見ていくことにしましょう。

静岡は全国ナンバーワンの水道水

水道水は日常生活を営んでいく上で欠かせないものの1つともいえるでしょう。
だからこそ、水道水の水質というものは高いほうが良いという声が多いのです。
静岡における水道水の水質というものは全国で見てもナンバーワンの水質であるともいわれています。
ですので、水道水も美味しい地域としても注目をされているのです。

静岡の水道水の質について

美味しいという事が漠然とわかりましたが、ここでは水道水の質について詳しく見ていきましょう。

平成25年に世界文化遺産として登録をされた富士山。
別名「水の山」と呼ばれているのはご存知でしょうか。
そう呼ばれるほど水源が豊かな山でもあるのです。

富士山は長い歴史の中で、水会の噴火を繰り返してきました。その際に溶岩や噴射物が詰まっていきました。
これが独特な地質につながったのです。
その環境の中で雪・雨といった成分が染み込んでいくと、自然とろ過されて綺麗な地下水が出来るのです。
そしてそれらが湧き出ています。
静岡ではこの地下水を県内の素偉業事業として役立てています。
静岡県内の水道水の中で地下水を水源としているのは約54%ともいわれています。
この数字は非常に高く何と全国と比較をすると2倍近い高い数字なのです。

また水源は富士山ばかりではありません。
国土交通省が発表した全国一級河川の水質現状という調査で最も高い水質であるといわれた河川である「安部川」が静岡に歯あります。
最高ランクがAAなのですが、それを上回る数字を有している川でもあるのです。
安部川の水もまた、県内の水道水として利用をされています。

このほかには、藁科川・富士川・柿田川など水質が高い河川があり、それらにおいても水質は非常に高いといわれているのです。

静岡の水道水の飲用利用について

静岡の水道水の質という点を見ていきましたが、ここからでもお分かりかと思いますが、静岡における水道水の質は非常に良いものとなっています。
ですので、飲用利用をしていただいても全く問題もありませんし、美味しいと感じる方が多いというのも認識しておきたいポイントです。
濁りや臭いが少ないということもいえます。
といっても、やはり水道水として供給をする家庭において、消毒処理というものはなされます。
これは、水道法というものにのっとった形での処理になりますので、いくら美しい水を有しているといっても必ず行わなくてはならない処理なのです。
だからこそ、健康的にも問題のない水道水を供給できるのですが、その際の塩素臭が気になるという声もあるようです。
ですので、水道水を飲用利用したいという方の多くは沸騰をさせて湯冷ましを作りそれを引用するという方法。
家庭用の手軽な浄水器を蛇口などに設置をすること。
さらには、レモンなどを水滴入れて良く冷やして飲む。
などという方法を実践している方も少なくありません。

こうして一工夫をして飲用利用をされている静岡の水道水。
しかし、人によっては「水道水を飲むことそのものに抵抗がある」という声もまたあるようです。

水道水意外の飲用水確保について

水道水を飲用利用しないのであれば、どのように飲用水を確保しているのでしょうか。
まず第一に考えられるのが「お水屋さん」というものの存在です。
水を販売宅配してくれるというものになるのですが、水どころといっても良い静岡ではこうしたお水屋さんも多く存在しています。
その数は少なくなってきている・水専門としている店舗や業者もまた少なくなっているとはいえ、やはり水のイメージが強い静岡では比較的に利用をしやすい環境があります。

静岡の水が人気となってはいますが、その他の産地のものも選択できることから、個々の好みに合わせたお水を宅配してもらえます。
定期的に宅配してもらえるようなシステムが用意されていることもありますので、都度注文をする必要もなく安定的に飲用水をこうした形で供給してもらうことが可能なのです。

お水屋さんの場合、通信販売などと言う展開を見せている場合もありますが、宅配区域が指定されていることもありますので、区域外ともなるとなかなか利用がしにくくなってしまいます。
そうした方々はミネラルウォーターを購入しているというケースも少なくありません。
どこでも購入が出来るのが魅力ではありますが、どうしても買いに行く手間さらには、一度に多くの量を購入するという場合には「重たさ」がネックとなるという声があるのも事実です。
同時にペットボトルゴミが気になるという声もありました。

快適な飲用水の確保を目指して

さて、いくつかの方法を見ていきましたが上記いずれも満足しにくい。
そうした方々が、さらに高い満足度を目指して飲用水を取り入れている方法というものがあります。
それが「ウォーターサーバー」というものになるのです。

今ではその認知度も高いものとなっていますが、全国展開を行っているというウォーターサーバーメーカーも増えています。
静岡でも、こうしたウォーターサーバーを利用するという方も年々増加傾向にあるのです。
コスパも良いものが増えているというのも取り入れやすくなった要因かもしれません。

人気のウォーターサーバーについて見てみよう

では、静岡ではどのようなウォーターサーバーが人気なのでしょうか。
方式としてはワンウェイ方式が人気となっているようです。
定期的に指定した量が届き、そして飲み切ったら各家庭でそれを処理していただくといういわゆる「使い捨てボトル」を使用したスタイルになります。
非常に衛生的ですし、回収のスケジュールを組む必要もありませんので手軽だという意見が多いようです。

また、これに関して送料やサーバーのレンタル料金が無料としているところも人気となつています。
お水の代金のみでウォーターサーバーを取り入れることが多い傾向があります。

お水についてですが、天然水が人気となっています。
天然水は静岡はもちろん他の産地のものも多く取り揃えているメーカーも増えました。
お試し感覚での試飲を実施しているところもあります。
ですので、さらに美味しいお水を・口に合ったお水をという形も実現しやすいのです。

人気のサーバーは容量があり家族単位でも十分に飲用利用をしていただける床置きタイプが人気となっています。
以前は部屋とマッチしないなどという声もあったようですが、グッドデザイン賞を受賞するほどオシャレなものそして場所をとりにくいデザインのものなども出てきましたので利用しやすくなったのも人気の理由なのかもしれません。

ウォーターサーバーを選んだ理由

水どころ静岡の方々がなぜウォーターサーバーを選ぶのか。
それはやはりコスパが良いという事が人気の理由でした。
また、水道水よりも安全性が高いと感じたこと。
災害時にも備蓄水としてしようが出来るので防災対策にもつなげることが出来る。
さらには、ノルマなどがないために自由な形で購入がしやすい。
といった声があるようです。

これらを実現してくれるウォーターサーバーの需要が大きくなるのも納得が出来るのではないでしょうか。
実際に利用をされた方々の満足度も非常に高いことから、継続的に利用をしているという方さらにはその方々の口コミでさらにウォーターサーバー利用者も増えているのです。

ウォーターサーバーの気になる点について

サーバーそのものの衛生環境を危惧される方もおいでかもしれません。
今ではサーバーもかなり高性能で、水垢などが付きにくいシステムのものから自動クリーンシステムが完備されているもの。
さらには定期的にメンテナンスを行ってくれるというところが多いので、サーバーそのものの衛生環境も十分なものがあるといえるでしょう。
トータル的に安心で衛生的そして、タンクそのものの日持ちもするということも大きな魅力でしょう。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査