自然に近い水道水を作る島根県においてもウォーターサーバーは機能性から人気となっている

島根県というと「出雲」と応える方も多いでしょう。
海産物なども有名であることから、水が綺麗なイメージもまた強いのではないでしょうか。
そこで今回は、島根における水道水の環境。
さらには、地域住民の方々は飲用利用をしているのか・飲用水はどのような形で取り入れているのかなどを考えていくことにしましょう。

島根県と安全な水道水への取り組みについて

島根は東西に長く南北が狭いという特徴があります。
ですので、水道水を考えた時、単独で市町村単位で確保することが難しいともいわれています。
ですので、広域な地域への水道水供給のために様々な努力が行われているのです。

原水は東部地区は斐伊川水系・西部では栄野川水系の美しいとされている河川から取水されています。
そして、微生物が水を綺麗にしてくれるという「緩速ろ過」という方法で水を生成しているのです。
急速ろ過とは異なり、美味しく身体に優しいという水道水作りをしているのです。

緩速ろ過と急速ろ過について

先に触れた緩速ろ過と急速ろ過について詳しく見ていきましょう。

急速ろ過というものはその名前の通り早いスピードで水をろ過する方法となります。
短時間で大量の水を作ることが出来るということが特徴となっています。
一方、緩速ろ過に関しましては、簡単に言えば「自然の仕組みに近い形」でのアプローチとなります。
例えば、山の湧き水が美しいという理由は。悪影響・水質の悪化につながるようなものを微生物がえさとして食べたからこそ美しいわけです。
そして、雨水などが山の土壌を利用して自然にゆっくりと流れていくから綺麗になっていくのです。
これと同様に原理が緩速ろ過です。
装置ですので、神国的に作ったプール上の底に砂などを敷き詰めて原水を通します。
微生物の浄水処理によって水を作っているのです。

島根の水道水の水質について

水質につきましては、水道法にのっとった形でもちろん検査が行われ安全であると確認されたもののみが水道水として提供をされています。
一例として松江市を取り上げてみると、水道局ごとで水質検査・管理というものもまた実施しているのです。
結果につきましては、公式的に発表もなされインターネットにて簡単に閲覧もしていただけるようになっています。

美しい水を守る取り組み

装置から安全における検査なども行っている島根ですが、水源地に対する意識というものも非常に高いのです。
例えばねダムの流域ん水源かんよう・森林の機能向上のための整備を行っています。
また、斐伊川水系水源の森づくりという協定を止血しており、国土保全機能を高めて水源の確保更には水質の保全などにも取り組んでいるのです。
これは平成13年度より実施されています。

島根の水道水と飲用について

さて、より生活に近い部分から水道水を見ていくことにしましょう。
島根の水道水は飲用可能であるか。という点ですがもちろん飲用は可能となっております。
質が良く「美味しい水道水」としても注目をされているのです。

実際に土地で生活をしている方々におきましても、水道水を飲用利用をしているという方も多いのです。
処理工程で行われる塩素の臭いが気になるなどという場合には、沸騰させるなどというアプローチでにおいを消して飲んでいるようです。
このように、十分に水道水でも美味しく飲んでいただけるのが島根の水ともいえるのです。

島根とお水屋さんの需要について

島根の水道水は十分な美味しさを有している。
となると、ミネラルウォーターやお水屋さんといったものはあまり需要がないのでは?と思われるかもしれません。
しかし、その需要は十分にあるのです。
やはり、どんなに安全でおいしいとはいえ、水道水を飲むという事を好まない方もいらっしゃるのです。
また、沸騰をさせて飲むにしても「日持ちがしない」「その工程が手間に感じる」などという声があるのも事実です。
ですので、お水屋さんに対する需要があるわけです。

どちらかというと、水そのものを販売するというよりも自分でも設置が出来るような蛇口に取り付けるタイプの浄水気の販売。
さらにはサーバーといった形で水道水を美味しい水に変えてくれるものの設置・レンタルなどを行っているところが多いようです。
同時に、ガス提供や清掃・衛生業務などを行っているところがそれらを実施しているという傾向もあります。

島根の方々とウォーターサーバーについて

お水屋さんに対する需要がある程度あるという事がわかりました。
では、全国的に見ても需要の高まりがあるとされている「ウォーターサーバー」についてはどうなのでしょうか。

島根におけるウォーターサーバーの需要は10年ほど前を見てみると決して大きくはありませんでした。
しかし、近年では注目をされるようになりそしてそれとともに需要も大きくなっていったのです。
全国展開を行っているウォーターサーバーメーカーも増え、島根にも対応しているという事などもその要因となっているのでしょう。

島根の方々とウォーターサーバー生活について

島根の方々で実際にウォーターサーバーを利用している。
こうした条件でどのような形で取り入れているのかを見ていくことにしましょう。

方式につきましては、リターナブル方式が若干多いという傾向があります。
以前からあるボトルを回収してもらうという方式になります。
回収日までは空いたボトルは取り置いていただく形となりますが、片手でもコンパクトにつぶせるようなボトルも増えていることから「かさばる」ということは少なくなっているようです。
そして、回収がないワンウェイ方式も需要はあります。
ごみとして処理をしていただく必要性はありますが、取り置く必要がありませんのでそこに魅力を感じる方はワンウェイ方式をチョイスされているようです。

お水の種類ですが、安定的に高い人気となっているのが「天然水」です。
これは、全国的に見ても人気の傾向ともいえるのです。
硬度・産地・風味など様々な特徴が天然水にはそれぞれあります。
そして数種類の天然水を取り扱っているウォーターサーバーメーカーも増えています。
より自分の好みに合わせたお水を選びやすくなっている・美味しさを追求できるというのも人気の要因なのでしょう。

赤ちゃんなどにもしようが出来るというRO水も人気です。
俗にいうピュアウォーターというものであり、癖がないために飲用利用はもちろんですがお料理の味が変わらない・お茶などの風味が変わらないという事もあり人気になっているのです。

サーバーに注目をしてみると、こちらに関しては床置きタイプが人気です。
個人単位というよりも、ご家族単位でウォーターサーバーを利用する傾向が島根にはあると考えることが出来るでしょう。
ボトルの容量も大きいので、ペットボトルなどを購入することと比較をすると手間もなく快適だという声もあるようです。
以前は問題視されていたのが「床置きタイプはタンクが大きいから取り換えが大変だ」というものでした。
上に持ち上げて乗せるタイプが多かったことからこういわれてきたのです。
しかし今では、下に取り付けるタイプもありますので重たさの問題を感じることもなく利用ができるようになりました。
こうしたところも需要の高さに繋がってくるのかもしれません。

卓上タイプに関しましては、圧倒的に一人暮らしでありそして男女比から見ていくと男性の利用が多いという傾向がありました。
ちょっと飲み水を。ちょっとお酒やコーヒーを飲むのに利用をしたい。そのために美味しい水をという場合はこの卓上タイプが便利に感じられるようです。

ウォーターサーバーに対する機能性

こちらは利用のきっかけや満足度という点に繋がってくるのですが「いつでも冷たいもしくは温かいお湯を飲める」「手間をかけることなく美味しく安心できる水が飲める」などというきっかけがあるようです。
これはウォーターサーバーだからこそ実現できる部分でもあるでしょう。
そして、利用をして見てやはりその部分に満足しそして利用の継続にもつながってくるのです。

水道水利用からミネラルウォーター購入までさまざまな飲用水利用方法というものはありますが、ウォーターサーバーでないと感じられない魅力というもの・安心感というものがあるのではないでしょうか。

地方別ウォーターサーバー

中国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査