埼玉県における水事情はウォーターサーバーから水道水などをバランスよく利用をしている傾向がある

埼玉県と水事情。
そう聞いても今一つピンとこない方も少なくないかもしれません。
それはおそらく「海がないから」というところからきているのでしょう。
しかし、秩父など水の名産といわれるところがあるのもまた埼玉なのです。
そこで今回は、埼玉と水道水そして暮らす人々はどのように水と付き合っているのかなどを見ていくことにしたいと思います。

水道水はどこからきているのか

埼玉県内のほとんどの地域は、県営の浄水場から水が供給されています。
各市町村の水道局が地下水・河川水を浄水し混合しているのですが、県営の場合には水道局がほとんどとなっています。

もちろん、各家庭に水道水として供給される過程は水道法にのっとった形で検査そして処理をなされた状態で届けられています。
ですので、安全性というものはしっかりと確保していると考えていただいても良いでしょう。
さらには埼玉では平成24年より新しい目標設定がなされているので、この点も注目をしておきたいポイントです。

飲用利用ですが、保健所にお゛ける一般飲料水検査なども行われておりさらには民間の検査機関に委託をするなど徹底した水管理がなされているのも埼玉県なのです。
ですので、飲料利用をしていただくことは一切問題がありません。
少し塩素臭がしますが人体に影響を及ぼすものではありませんのでこの点におきましても安心していただいて良いでしょう。

井戸水ついて

埼玉の家庭の一部ではありますが、井戸水を利用しているというところも存在をしています。
井戸水と飲用利用につきましては、公式でいくつか注意点を掲げていますのでこの点も触れておきましょう。

年に一度の水質検査の実施

こちらは最寄りの保健所にて検査を受け付けています。

井戸周りの点検について

汚染をするような雑排水の浸透ますや汲み取り式トイレなどが近くにないかどうか。
井戸の周りには柵などを設置し鍵をかけ外部からの悪意ある行為を防ぐように努めること。

消毒義務

井戸水は綺麗で美味しい。
そのようなイメージがありますが、食中毒から感染症などを引き起こしてしまう病原菌が含まれているという可能性も否めません。
このことから、そのまま飲用利用をするのではなく、消毒設備などをつけた上で飲用利用をしていただきたいと思います。

こうして井戸水を利用している方に対するガイドラインを設けていますが、埼玉では水道の給水区域に含まれている方々には「水道利用」をするようにすすめています。

埼玉県の自家製水道条例について

また埼玉では地下水などを利用して一定以上の人に給水するという場合には埼玉県における水道に関する条例の適用範囲内となります。
50人以上または10世帯以上に供給をする。
こうした場合には、申請確認をしていただき、年に2回以上の水質検査を実施すること。
施設そのものの管理などを求められています。

埼玉の水道水の飲用利用について

こうして見ていくと、水道水の飲用利用は十分にしていただける環境にあるという事が出来るでしょう。
先に触れた塩素などの問題に関しましては、沸騰をさせて冷ましてから飲用利用をすること。
レモンなどを数滴入れて飲む。
などという事によって気にならない程度にはなるかとも思います。
実際に、こうした方法で水道水を日常的に飲用利用をしているという方も少なくありません。

とはいえ、中には水道水を飲用として利用することに抵抗感がある。
そのような方もいらっしゃるようです。

水道水意外の飲用について

埼玉におけるお水屋さんの存在ですが、以前では水を専門とし宅配を実施している業者がいくつか存在していたようです。
地元の美味しい水をミネラルウォーターという形で配送してくれるのです。
ただいまは、こうした専門業者ではなく地元のプロパンガス業者が同時に水も販売し配送してくれるなどという形が多い傾向があります。
そしてこうしたものを利用してお水を飲用として頼んでいる方も多いようです。

ミネラルウォーターという形になりますので、塩素臭もまったくありませんし「美味しいお水」というものを生活の中に取り入れていただけるでしょう。
水の種類におきましても、今では数種類を用意しているというところもまた増えていますので好みの味をという方にもピッタリでしょう。

もちろん、こうしたスタイルばかりではなく店舗などでミネラルウォーターを購入したり、電子イオン水を汲みに行ったりという方もいらっしゃるようです。
電子イオン水に関しましては、水道水を電子分解をし、美味しく飲める状態にしているというところもありますので、その源が水道水であるというところに抵抗感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
また、汲み取り式にかんしましては、どうしても日持ちというものができません。
3日前後を目安に召し上がっていただくことが推奨されています。

水道水よりも美味しい飲める。
ペットボトルタイプであれば、備蓄水としての利用もできる。
というところが人気の理由でもあるのですが、買いに行くのが大変だという方や保存をするにも場所をとるなどと言う問題も一方ではあるようです。

埼玉とウォーターサーバーについて

さて、そんな様々な美味しいお水の取り入れ方・お水との付き合い方があるのですが、ご紹介したいスタイルがもう1つあります。
それが「ウォーターサーバー」です。
今では、店舗や病院さらには各家庭でも見かけることがあるのではないでしょうか。

埼玉におきましても飲用利用のためにウォーターサーバーを設置するという家庭も増えているのです。
埼玉エリアには中規模から大手と呼ばれるウォーターサーバーメーカーも支社などを構えサービス利用ができる体勢がしっかりと整っています。
ですので、すぐに利用ができるという事が言えるでしょう。

埼玉で人気のウォーターサーバースタイルについて

ではより深いところで埼玉の方々がどのようにウォーターサーバーを取り入れているのかを見ていきましょう。

方式につきましては、ボトル回収がなく空いたらその都度自ら捨てることが出来るという「ワンウェイ方式」が人気となっています。
利用者の半数以上がこのワンウェイ方式を選択されているようです。
とはいえ、リターナブル方式も4割ほどの支持を受けています。
ボトルの回収に来て貰うというスタイルになるのですが、ごみを捨てなくてよい・環境に優しい・料金的にお得となることが多い。
などという理由から選ばれる方が多いようです。

次に「人気」という点からウォーターサーバーを見ておきましょう。
水に関する人気ですが、半数以上の方が「天然水」を選択されているようです。
産地も選べますしその種類ごとに硬度も変ってきます。
自らに合った・ピッタリのものを選びやすいというのが人気の背景にあるようです。

次いで人気となっているのがRO水です。
赤ちゃんにペットに撮りようが出来るのがこのRO水です。
栄養的な成分が含まれていないからこそ、赤ちゃんやペットにも利用ができるというわけです。
お水として飲用利用をしていただくにしても、癖が全くありませんので飲みやすいと好評を得ています。

人気のサーバー退部ですが、床置きタイプ・卓上タイプそのぞれが半々という形が埼玉における人気となっています。
店舗やご家族単位での利用であれば床置きタイプが人気が対傾向があります。
埼玉は都心まで近いということ・大宮など都会がある・学校が多いという事から一人暮らしの方も増えてきています。
その傾向もあるのか、卓上タイプもまた同じくらいの需要があるのです。
これは埼玉の大きなウォーターサーバーにおける特徴といえるのではないでしょうか。

利用目的について

なぜウォーターサーバーを選んだのか。
その理由は以下のようなものが多く見受けられました。
・美味しく冷たい水やお湯がすぐに使えること
・料理に使いやすい
・重たいペットボトルを持ち歩く必要がないから
・離乳食など安心できる水を使いたかった
・備蓄水としても利用ができそうだなと思った
などというものになります。

こうして見ていくと、さまざまな理由で最終的にウォーターサーバーを選んだという傾向があるのではないでしょうか。
お料理や飲用にはウォーターサーバーを。
それ以外の過程で使用するお水は水道水を。
などという形で分けている方が多いとも考えられるでしょう。

地方別ウォーターサーバー

関東地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査