水道水の質の高い佐賀県での水との暮らしはウオーターサーバーも大活躍しています

風光明媚で歴史にも触れることが出来る。
そして自然が四季折々の景色を見せてくれる佐賀。
旅行などで訪れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな佐賀ですが、水道・水道水さらには飲み水と言ったものについて考える機会というものはあまり多いものではないでしょう。
そこで今回は、佐賀と水道さらには、人々はどのように飲み水を取り入れているのかについて考えてみることにしましょう。

安全な水質を保つために

佐賀市をここでは例として取り上げてみたいと思います。

佐賀市の水道水は、住民の方全員が水道水を「飲んでもらえる」ような品質を保つために定期的な水質に関する検査を実施しています。

まず、毎日検査しているものは色や濁りさらには塩素量が適切に残っていてかつ健康被害が出る量ではないかなどの検査になります。

毎月実施しているものにつきましては、水道法で定められた項目すべてについて検査を行っています。

「水質検査計画」というものを佐賀市では策定しているのですが、その計画にのっとった形で1年間水質検査を実施しています。
また、計画内容については公表もしていますので気になる方はインターネットの公式サイトへとアクセスをしていただけたらと思います。

水質管理室の存在について

佐賀市には、水質管理室というものがあります。
こちらにて、水に関する細かな検査を実施しているのです。
それは、最新鋭のマシーンなどを導入したものとなっています。
以下、いくつかのものについて触れていくことにしましょう。

・「TOC分析計」
水中の有機物を測定し検査します。

・「イオンクロマトグラフ分析計」
塩化物イオン・硝酸態窒素などといったいわゆる「陰イオン」というせいぶんをそくていするマシーンです。

・「ガストクロマトグラフ質量分析計」
トリハロメタンなどのいわゆる揮発性有機化合物を測定するマシーンです。
また、ホルムアルデヒドやハロ酢酸などの消毒副生成物を測定するマシーンでもあります。

・「誘導結合プラズマ質量分析計」
鉄やマンガンさらにはカドミウムなどと言ったいわゆる金属類を一斉分析することが出来るマシーンです。

・「高速液体クロマトグラフ分析計」
シアン化合物・臭素酸イオン・陰イオン界面活性剤などの測定を行うマシーンです。

このように、最新鋭のマシーンを使い、安全で高い水質の水道水の供給に努めているのです。

佐賀と水との取り組みに津いて

近年、佐賀の水というものが注目をされています。
それは、県・各市町村をあげての活動が形になっているともいうことができるでしょう。

少し具体的に見ていきましょう。
まずは「施設の公開」です。
どうやって水道水として供給がなされるのかなどの仕組みを目の前で見学できるよう公開をしている施設があるのです。
さらには「講座」という形で、職員が出向いて講義をしてくれるというものもあります。

そしてペットボトル水道水です。
今では各都道府県でこうしたものをPR活動の一環として行っているようですが、佐賀でも実施をしています。
そして「美味しい」と評判ともなっているのです。

佐賀で暮らす方々と水道水や飲用水について

さて、こうしたものを見ていくと佐賀の水道水が安心できるそして美味しく飲める水だという事がお分かりいただけたかと思います。
実際に、佐賀で暮らす人々は水道水を冷やしてもしくは一度沸騰をさせて飲むなど一工夫をしながら「もっとおいしく」水道水を飲用利用しているという方もいらっしゃいます。

しかしながら、飲用利用には抵抗があるという方。
集合住宅だから水の質が気になってしまう。
などという声があるのも事実です。
こうした場合、各自で浄水器を設置するなどを行っている方もいらっしゃいます。
ホームセンターなどに売られているカートリッジ式の浄水器を設置する。
もしくは、お水屋さんが提供している浄水システムを設置するなどというものになります。

ミネラルウォーターを購入するよりもコスパが良く、水道水をさらにキレイな状態・美味しい状態にして飲んでいただくことが出来ますので量も気にすることがありません。
特に、お水屋さんの浄水システムの中にはサーバータイプのものもあり「冷たいものがすぐ飲める」といったものもあり人気となっているのです。

佐賀の方々とウォーターサーバーについて

こうして、それぞれが納得できる形で飲用水を確保していることが見えてきました。
しかし、こうしたアプローチばかりではないのです。
より安全に。さらに美味しいお水を飲みたい。
先のような方々に人気となっているものがあります。それが「ウォーターサーバー」なのです。

今では、個人住宅でも設置をすることが多くなったウォーターサーバー。
佐賀にもウォーターサーバーメーカーはいくつも存在しています。
全国展開を行っているという大規模なメーカーであれば、地域などを気にすることなく利用をしていただけることでしょう。
佐賀ではウォーターサーバーを設置するというスタイルが人気となり、年々設置件数は増加しているのです。

佐賀における人気のウォーターサーバーとは

そこで、実際に設置をした方の中で人気となっているものはどのようなスタイルなのでしょうか。
この点について注目をしてみましょう。

まずは「方式」です。
佐賀では若干リターナブル方式よりもワンウェイ方式のほうが人気という傾向があるようです。
民間の大手宅配会社を使ってメーカーから水が届きます。
ボトルそのものは使い捨てで自らで廃棄していただきます。
これがワンウェイ方式なのです。
回収を待つ手間もありませんし、次の配送がくるまでボトルがたまってしまうなどと言うことがない。
それがワンウェイ方式が人気となる背景にあるようでした。
ゴミを自ら捨てるほうが手間に感じるという場合には、リターナブル方式を選択される方もいらっしゃるようです。

美味しい水を。そのためにどのようなや水の種類を選んでいるのでしょうか。

約7割の方が天然水を選択されているようです。
佐賀の美味しい水を取り扱っているというところもありますが、その他の水の名産地といわれる天然水さらには海外の天然水まで取り扱っているというメーカーも出てきています。
ですので、美味しさというものを追求していただけるのです。
お水にも風味・硬度などがありますので、自分が好きな種類というものを探していただけます。

残りの3割はRO水を選択されているようです。
天然水のような風味はないものの、ミネラル成分などを添加しない限り全く癖がないのがRO水です。
乳幼児にもしようが出来るというほど安全性の高い水ともいうことが出来るでしょう。
小さなお子様がいるご家庭などはこのRO水を選ばれる方が多いようです。

サーバーについても見ておきましょう。
サーバーは9割りという圧倒的な方が「床置きタイプ」を選択されているようです。
高さは最大で133センチほどあるので「場所をとるのでは」と思われるかもしれません。
しかし今では、スリムタイプや部屋に置きやすいデザインのものさらにはおしゃれなものまでリリースされていますので違和感なく設置をしていただけるでしょう。
これもまた、需要につながっているのでしょう。
また、水のタンクも大きなものを取り付けられることが大半ですので、飲用利用からお料理その他にも水を使いたいという方にも満足できる量かと思います。

1割りの方は卓上タイプを選択されています。
高さ最大77センチ程度のこの卓上タイプ。
コンパクトですので、お部屋数がないという一人暮らしの方でも幅をとることなく設置をしていただけるでしょう。
実際、佐賀でこの卓上タイプを選ばれている方の大半が一人暮らしの方となっています。

上手に水を使い分けている方が多い佐賀

佐賀ではお水との付き合い方が色々あるという事がわかりました。
いずれか1つを選択するというよりも、その時々の状況に合わせて上手にお水と付き合っているようです。

例えば、飲用水として「そのまま飲む」のであればウォーターサーバー。
お米を炊くときやお料理などには水道水を。
などとそれぞれのスタイルで選択されているのです。
お水との生活ばかりではなく、生活全体の満足度の高い環境を作っているといってもよいのではないでしょうか。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査