大阪の水道事情やウォーターサーバなどの飲用利用としての水との付き合い方について

皆さんは大阪の水についてどう思われているでしょうか。
あまり考える機会はないかもしれませんが、決して良いものではないかもしれません。
やはり印象として道頓堀の水というものが出てきてしまうからかもしれません。
そんな大阪での水道水事情さらには、暮らしている方々はどのような形で飲用水を確保しているかなど、大阪と水についてここでは詳しく見ていきたいと思います。

大阪での水道水の水質基準について

水質基準についてですが、まずこれは水道法という国が制定した法律によって定められています。
基準は全部で51項目あるのですが、それらをもちろんクリアしたもののみが水道水として供給をされているのです。
さらには、水質基準を補完する項目として「水質管理目標設定項目」というものが26項目そして要検査項目が47項目定められているのですが、これらにおいてもしっかりとクリアされています。

これらの検査結果は公式的に開示されていますので確認していただければと思います。
大阪の水道局では水源さらには蛇口から水道水として供給されるに至るまで200を超える水質項目の検査さらには細かな管理をしています。
例えば、大阪市内に水質遠隔監視装置というものを設置し、濁度・色・残留塩素濃度などを常に測定しているのです。

配水管と大阪の水について

こうして、十分な水質があるとされている大阪の水ですが、配水管という部分にも焦点をあててみましょう。
鉛の配水管をしようしているというところも数は多くはないものの存在しているでしょう。
となると、その鉛の影響というものが危惧されるかもしれません。
鉛に関してですが、水質基準を見てみると1律鶏当たる0.01ミリグラム以下ということになっています。
浄水場での段階ではこの基準をクリアしているの二ですが、時として鉛給水管を使用されているのであればそれが検出されることもあるのです。
しかし、飲用利用は絶対にできないというわけではありません。
常時、水道水を利用されているのであれば何ら問題なく利用をしてただけるでしょう。

長期間にわたり水道水を使用していないというのでしたら、安全確保のために朝いちばんの水道水をバケツ一杯程度取り除いて飲用利用以外のものに充てていただき、その後の水道水を飲んでいただことがおすすめです。

水道水は飲用利用が可能なのかについて

さて、大阪の水道水の飲用利用ですが十分に可能なものとなっています。
水源は淀川となっていますのでその水温に依存をしています。
冬場であれば6度前後・夏場であれば30度前後となることもあります。
温度と水の美味しさというもの場大きく関係しています。
水道水を美味しく飲んでいただくために、できれば10から15度前後まで冷やして飲んでいただくことがおすすめです。
汲み置きし冷蔵庫に保管しておいて飲むというのも良いでしょう。
また、塩素臭が気になるという方は一度沸騰をさせて飲んでいただくのも美味しく水道水を召し上がっていただくための方法です。

汲み置きや沸騰における水道水の飲用利用ですが、一つ注意をしていただきたいところがあります。
それは「できるだけ早く消費していただく」ということです。
蛇口をひねればすぐに水を飲むことが出来る水道水。
ですので、その日の分だけをこうした形で飲用水として確保して頂くという形も作りやすいのではないでしょうか。

こうして、水道水の飲用利用について見ていきました。
実際に大阪に住まわれている方々も飲用利用をされています。
しかし、お茶など沸騰させてつくるものに関しては水道水を利用するけれど「水をそのまま飲む」という事はしないという方もいらっしゃるのもまた事実なのです。
では、そのような方はどのような形で飲用水を取り入れているのでしょうか。

大阪とお水屋さんについて

まず以前よりある「お水屋さん」の存在について確認しておきましょう。
大阪にもお水屋さんといわれる業者はいくつか存在しています。
しかし、水専門として業務を行っているところはほとんどないといっても良いでしょう。

同時に清掃業や衛生を保つための製品などを販売しており、その中の1つとしてお水屋さんを営んでいるという事が多いというわけです。
水に関しましても、ミネラルウォーター(ペットボトル)としての販売ではなく、浄水器やサーバーという形でレンタルもしくは販売をしていることが多く見受けられました。
販売ならびに設置業務というわけです。
今ではコンビニエンスストアなどでも手軽にミネラルウォーターが購入できるという事もあり、お水屋さんでは「お水屋さんだからこそできること」というものを提供しているという事なのでしょう。

浄水器であれば、手軽に取り付けることが出来るタイプもありますし使用をする水は水道水ですのでコスパが良いという魅力もあるでしょう。

ウォーターサーバーが人気となりつつある大阪

このように、それぞれの希望に沿った水環境を作っていただけるのですが、近年、大阪ではウォーターサーバーが人気となっているのです。
以前は、商店や会社などに設置をされることが多かったウォーターサーバーではありますが、大阪でも各家庭に設置をするという方も増えているのです。

大阪で人気となっているのはワンウェイ方式のサーバーボトルです。
簡単に言えば、使い捨てボトルを使用しているという方式なのですが、ごみは自分で処理をする必要があるものの回収の手間がかからないというところが需要に繋がっているのでしょう。
とはいえ、リターナブル方式も一定数における需要があるようです。
回収の手間はあるものの、ごみをためることがない・捨てることをしなくてよいというところに魅力を感じているようです。

さて、水の種類ですが、男女ともに利用者の約半数近くの方が「天然水」を選択されている傾向が見受けられます。
今では海外産のお水を取り扱っているというウォーターサーバーメーカーもあります。数種類のものから選択可能というところもまた増えていることから、好みの味を選びやすいという理由で天然水が人気となっています。
やはり、水道水では満足できない美味しさをという事も背景の1つとなっているのでしょう。

RO水に関してもある程度の人気は有しています。
利用判批が広いというのが何よりもの魅力となっているのですが、クセがあまりないという事で「飲みやすい」という声も多く寄せられました。
また、飲みやすいのはもちろんのことコスパが良いというのもポイントとなっているようです。

サーバーにつきましては、8割近い方が床置きタイプを選択されています。
一般的なウォーターサーバーのイメージのものがやはり人気のようなのです。
容量も十分に確保できますし、ご家族単位での飲用利用も十分に整えていただけます。
飲用ばかりではなく、その他の用途(料理など)に利用をするという場合も対応できるでしょう。

一人暮らしの方ですと卓上タイプが人気となっているようです。
容量という点では床置きタイプには劣りますが、コンパクトで場所を取らないというのが大きな魅力となっています。

ウォーターサーバーを利用するきっかけについて

なぜウォーターサーバーを利用し始めたのか。
その理由の第一は「美味しさ」でした。
美味しくさらには冷たい・温かいものをすぐに飲めるというサーバーの持つ特徴や便利さというものを考えて利用を開始された方が多いのです。
と、同時に安全や衛生面に魅力を感じるという方も多くいらっしゃいます。
こうした部分における意識というものは高くなりつつありますので、そうした意識がウォーターサーバーという選択をすることになったのでしょう。
また、その他には口コミや店頭販売などというものもありました。

そして確認しておきたいのが、実際に利用をして見てどうだったのかという点です。
先のようなきっかけ通りの使用感があり大満足だという声が圧倒的でした。
ウォーターサーバーだからこその特徴や機能性というものに満足をしているという事も言えますので、おのずと継続的に利用をするという方も多いのです。
そればかりではなく、需要はどんどんと拡大しているのです。

このように、ウォーターサーバーを選ぶ方が大阪では非常に多くそして増えているようです。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査