ウォータサーバーの需要も多い大分県の水道水事情から飲み水に関する考え方をチェックしてみよう

大分というと観光地と言うイメージが強いのではないでしょうか。
それだけ、魅力あるスポットが多いという事も言えるでしょう。
「温泉」と言うイメージもまた強いことから、水が綺麗という印象も強いかとも思います。
今回は、そんな大分における水道水から生活をしている方々の飲み水の確保方法などを中心に見ていくことにしたいと思います。

大分と水道水について

一例としてここでは、大分市を掲げていきたいと思います。

大分市におきましては、水源の大半が「大分川」「大野川」およひその支川流域となっています。
その表流水や地下水を原水としています。
そして、浄水場で取水し浄水処理を行って水道水という形での供給がなされているのです。

水道水の安全背におきましては、水質検査計画に沿って検査を実施しています。
この検査ですが、古国府浄水場内にある水質管理室によっておこなわれ、その項目は約200に及びます。
水道法に従った検査を実施し、安全性を十分に確認されているのです。

また、監視体制も十分なものがあります。
浄水場や各所に設置している「自動水質測定装置」というものを活用しています。
この装置は、24時間にわたって測定をしてくれるというものですので「安定的に安心できる水道水環境」を実現するの大切なものでもあるのです。

これら詳しい情報につきましては、公式サイトなどでも確認していただけます。

大分の水道水の質と飲用利用について

先のように安心できるそして安全な水道水供給の仕組みというものがある事がわかりました。
ですので、質というものは十分なものがあるといえるでしょう。
そして、飲用利用についても考えておきましょう。

大分での水道水を飲用利用することにつきましては何ら問題はありません。
十分に蛇口からそのまま飲み水として利用をしていただけますし、実際に飲用利用をされているという方もいらっしゃるのです。
ただ気になるという声も一方ではあります。
最も気になる点として多いものが「におい」です。
薬品臭がする・塩素臭がするというものです。
これは、水道水に何かしらの異常があるというわけではありません。
水道法に従って殺菌処理を行う際に塩素を注入して雑菌などの問題に対処しているのです。
ですから必要なものでもあるのです。

塩素臭につきましては、沸騰を5分以上させた水道水を一度冷やして飲んでいただくと臭いも気にならずに美味しく召し上がっていただけるでしょう。
一晩水を冷やしておくといういわゆる汲み取りも有効的です。
こうすることによって、飲み水にしているという方も多いのです。

水道水を飲みたくないという方もいる

とはいえ、水道水を飲みたくないという声があるのも事実です。
貯水タンクにためなくてはならないマンションなどの集合住宅にお住いの方などは特にそのように感じられるようなのです。
ミネラルウォーターを購入して飲み水として賄っているという方もいらっしゃいます。
手軽ですぐに購入もできるものではありますが、家庭単位での飲み水となると、ある程度の購入量が求められます。
そうなると、購入する「手間」というものを感じる方も少なくないのです。
また個々における事情によって定期的に買いに行くこともしにくいという方もおいでようです。

そうした方々の中で「お水屋さん」を利用しているというケースもあります。
お水屋さんと言ってもアプローチや展開というものはさまざまです。
天然水の販売などを行っており宅配してもらうというものもありますし、浄水システムやサーバーの設置業務を行っているという事もあります。
システムやサーバーですが、水道水を利用してそれをろ過しミネラルウォーターと大差のない状態にしてくれるというものになります。
定期的にメンテナンスをしてくれるというところもありますので、安心して美味しく水を飲んでいただけることでしょう。
購入する場合には気にならないかもしれませんが、システムやサーバーとなるとどうしても水道水からという事になりますのでそこに抵抗を感じる方もおいでのようなのです。

安全で満足できる飲用利用の水を確保する

では、満足できる飲用水の確保方法としてどのようなアプローチがあるのでしょうか。
大分の方で実践しているものが「ウォーターサーバー」を設置するというものになります。

全国的にも普及率が高くなっているもであり、大分におきましてもウォータサーバーの需要は高いものとなっているのです。
メーカーも増えましたし、全国展開を行っているところもまた多いので大分のあらゆる地域におきましても対応をしてくれることでしょう。

大分におけるウォーターサーバーの取り入れ方について

出はより具体的な部分を見ていくことにしましょう。
大分の方々はどのような形でウォータサーバーを利用しているのでしょうか。

ウオーターサーバーは水のボトルを定期的に配送してくれます。
個々で容量を決めることが可能です。
そしてボトルに対する方式というものが2種類あります。
まず「リターナブル方式」といって、メーカーが空いたボトルを回収するというものになります。
ですので家庭ごみが出ないタイプとなります。
もう1つが「ワンウェイ方式」というものです。
空いたボトルは各家庭にてゴミとして出していただきますが、回収の手間というものがないものになります。
この2つですが、大分では後者であるワンウェイ方式が人気となっています。

水の種類は約6割程度の方が天然水を選択されているようです。
それだけ、美味しいお水をという意識が高い事の表れかもしれません。
天然水といっても、種類はたくさんあり「好み」というものもあるでしょう。
そこで、各メーカーにおきましてはそんな要望に対応すべく天然水の種類を数種類展開していたり、サービスとして試飲システムを導入していた李というところもあるのです。

そして残りの4割ですが「RO水」になります。
ろ過をしたピュアウォーターというものになるのですが、天然水との違いは「利便性が高い」というところにあるでしょう。
例えば、粉ミルクづくりにしようが出来たりペットの飲み水として利用ができるというのが特徴です。
天然水に中にはこうした利用ができないものもありますので、家庭によってはRO水のほうが良いという声もあるのです。
飲み水としての利用をするにしても、RO水は癖が一切ないので飲みやすいなどという声も見受けられます。

サーバーにおきましては、8割り近い方が床置きタイプを選択されています。
一般的なサーバーのイメージのものというとわかりやすいかもしれません。
大きいというイメージもまたあるかと思いますが、スリムタイプからデザイン性重視のものなどもありますので邪魔に感じることも少なくなってきています。
小さなお子様がいるご家庭ですと「いたずらをされてしまうのではないか」という声もあるでしょう。
その対策として、サーバーそのものにチャイルドロックなどが搭載されていることもあります。

2割りにつきましては、卓上タイプとなっています。
コンパクトなので、1人暮らしの方でも取り入れやすくそして美味しい水を安定的に飲むことが出来るという事が利用者の多くの声としてあります。

ウォーターサーバー設置の理由について

同時に、ウォータサーバーを設置した理由について見ていきましょう。
最も多いものとしては「冷たい水屋温かいお湯をすぐに利用できる」というものです。
ひんやり冷たい水をすぐに飲むことが出来るばかりではなく、お湯もすぐに出てきますのでお茶を飲みたい・即席めんなどを作りたいという場合にも非常に便利なのです。
また、水が衛生的である・安全性が高いと感じるといった声もあります。

こうして見ていくと、お水という点ではもちろんですがサーバーそのものが持つ性能に魅力を感じているという方が多いことがわかります。
そして設置をしてみた満足度というものにつきましても非常に高いのです。
ですので、おのずと継続率というものも高くなっています。

安心できる水道水環境はあるとはいえ、機能的な部分さらにはさらに美味しいという部分そして手間がかからないという点からウォータサーバーが人気なのがお分かりいただけるかと思います。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査