ウォータサーバー普及率一位の沖縄県の水道水や水との暮らしについて考える

沖縄というと、美しい自然と応える方が多いのではないでしょうか。
その他にも文化的な部分にも触れることが出来ますし、食文化というものにも注目をされるようにもなっています。
そんな沖縄ですが「水道水」についてはどのような印象があるでしょうか。
あまり考える機会というものがない部分でもありますが、良くないという声もあるようです。
そこで今回は、沖縄の水道水事情と飲み水としての利用やアプローチなどについて見ていくことにしましょう。

沖縄の水道水の安全性について

まず安全性について触れておきましょう。
沖縄の企業局が供給している水道水は、水質検査を厳しく行っており安全性が十分に確認できた時点で各家庭へと供給されています。
検査におきましては、水道法にのっとった形で実施されていますし、それらがクリアされたもののみが水道として運ばれています。
ですので、危険だという事は決してありません。

このことでもお分かりのように、飲み水として利用をしていただくことにも全く問題がありません。
処理工程において塩素注入をするためにそのにおいが気になるという方は、一度沸騰をさせるなどしていただくとさらに美味しく召し上がっていただけます。

なぜ沖縄の水は飲みにくいといわれるのか

安全性というものは十分に確保されている水道水。
飲用利用もしていただけるのですが、飲みにくいとも言う声があるようです。
なぜそのように言われるのでしょうか。

沖縄の水道水は先に触れたように水道基準はクリアになっていますが、塩素濃度・硬度・石灰量などはばらつきがでてしまいます。
だからこそ、各都道府県において同じ基準で処理されている水道水にも味の違いが出ているというわけです。

飲みにくいとされる理由。
その第一に「硬度」があります。
沖縄の水道水は硬水なのです。
硬水とは、カルシウムやマグネシウムなどの含有量が多いという事が言えるのです。
群を抜いて高いというわけではありませんが、日本国内の水道水で見ていくと沖縄の水道水が最も硬度が高いとされています。
栄養分がそれだけ多いということになるのですが、硬度が高くなるとその分飲みにくくもなってしまいます。
ですので「美味しくない」のではなく「飲みにくい」だけなのです。
硬水を日常的に飲んでいるという方におきましては、何ら違和感というものはないかとも思います。

身体に良いといわれる水道水

カルシウム。マグネシウムが水道水から摂取できる。
これは身体に良いともいうことができるのです。
確かに、塩素濃度や石灰などの問題もありますが身体には問題がありません。
好んで硬水を選ばれているという方におきましては、沖縄の水道水は相性がピッタリであるとも考えることが出来るのです。

実際に生活をされている方々の中にももちろん、水道水を飲用利用しているという方も多くいらっしゃいます。
塩素などが気になるという方は沸騰をさせたりレモンを数滴入れたり良く冷やしたりとさらに美味しく水道水を飲むアプローチを実践しているようです。

沖縄でのお水屋さんについて

お水屋さんは今では他の業務と並行して行っているというところが多いようです。
沖縄におけるお水屋さんは数そのものはそう多いものではありませんが存在はしています。
主として水道水をミネラルウォーターと同等の感覚で飲むようにしてくれるシステムやウォータサーバースタイルものを設置・レンタルしてくれるというものになります。

水道水を基本としていますので、水を別途購入をするという必要もありませんので、設置やレンタル料金がかかってもコスパが良いという事も言えるでしょう。
石灰などの問題につきましては、サーバーの定期メンテナンスを実施している業者も多いので特に不安になることは無いでしょう。
衛生的な藻問題が無いと考えて良いかとも思います。

こうして、水道水をそのままではなくさらに美味しくという形で取り入れている方もいらっしゃるのですが、水道水をそのまま使うという事を避けたいと考える方もいらっしゃるようなのです。
では、先のような方々はどのような形で飲み水を確保しているのでしょうか。

ウォーターサーバーと沖縄の人々について

沖縄はウォータサーバー利用者が非常に多い地域でもあるのです。
実はその普及率は日本一となっているのです。
恐らく、ご存知ないという方が大半なのではないでしょうか。

美味しい水を・飲み水環境を快適にということでウォータサーバーを設置する方が多くいらっしゃいます。
ですので、非常に身近な存在ともいうことが出来るでしょう。

沖縄でのウオーターサーバースタイルについて

普及率が日本一であるとわかったところで、果たしてどのようなスタイルで導入をしているのか。
こうした点についても見ておきましょう。

まずは宅配方式です。
都心部などでは使い捨てボトルを使用するワンウェイ方式が人気のようなのですが、沖縄におきましてはリターナブル方式が人気となっています。
自社配送網を使用して水を届けてボトルに関しては後に回収を行うというものになります。
ウォータサーバーメーカーごとにこの方式がわかれているという事もありますので、沖縄での普及率の高いメーカーがリターナブル方式を採用しているという背景があることも考えられるかもしれません。

水の種類という点にも見ておきましょう。
沖縄では「RO水」の需要が高いものとなっています。
リターナブル方式を採用しているメーカーがRO水を採用している。という事も要因の1つかもしれませんが、癖が全くなく赤ちゃんやペットなどにも使用が出来るなとといった活用幅が広いのもまた選ばれている理由に繋がっているようです。
とはいえ、天然水の需要が全くないというわけではありません。
天然水の人気も近年では高くなってきています。
天然水は産地から国産・海外産さらには硬度などからも選ぶことが出来るようなメーカーも増えています。
自分の口に合うお水をという方には安定的に人気があるのです。
試飲システムなどもありますので、まずは飲んで美味しいと感じるものを選んでいただけるでしょう。

サーバーそのものにつきましては、9割近い方が「床置きタイプ」を選択されています。
ある程度大きさはありますが、ボトル容量も大きいですし使い勝手も良いという事もあり選ばれているようです。
男女比から見てもこの割合というものに変化はありません。
機能性に富んでいるのも人気の理由の1つです。
もちろん、卓上タイプの利用も1割程度はあります。
一人暮らし層があまり多くない地域だからこそのこの割合とも考えることが出来ますが、場所をとらずに手軽に美味しい飲み水を利用できるという事が需要の背景にあるようです。

ウォーターサーバーを設置した理由について

健康的な水道水が供給されている沖縄ですが、なぜウオーターサーバーを設置しようと思ったのでしょうか。
その理由を見ていくと以下のようなものが見受けられました。
・美味しく冷たい水や温かいお湯をすぐに飲めること
・コーヒーやお茶を入れるのに便利だ
・安全性が高いから
などというものが多いようです。これは全国的にも見受けられる意見です。
中でもに気なるのが「友人や知人が使用しているのを見て」という割合が沖縄では比較的に高いことでしょう。
口コミ要素というものがウォータサーバーの普及にも綱狩っているのかもしれません。

また、実際に設置する際のポイントとしては料金が安いこと・水そのものの価格が安いことなどコスト面を意識したチョイスをされているようでした。
それと同時に、チャイルドロックがあるなどといった機能性や安全性を考えて選ぶという声もありました。

満足度のが高い沖縄でもウォータサーバー事情

沖縄ではウォータサーバーは一般的な飲み水の確保方法であるという事がわかりました。
そして、実際にウォータサーバーを設置利用された方々の満足度を見てみると100%という割合で満足だという結果も出ているのです。
これは、驚異的な割合ともいうことが出来るのです。
やはりこれだけの高い満足度がある沖縄ですから、普及率が伸びているというのも納得できるポイントではないでしょうか。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査