美しい水源を有している岡山県での水道水やウォーターサーバーなどの飲用利用を考える

海外の観光客の方にも人気の土地となっている岡山。
さまざまな名産品もあり、メディアなどでも取り上げられています。
そんな岡山で暮らす人々のライフラインの1つである「水道水」。こちらについてはあまり認識がない部分でもあるかと思います。
そこでここでは、岡山における水に対する環境や努力そして飲み水の利用方法などについて見ていくことにしましょう。

岡山での水の環境について

最初に水の環境という点から見ていくことにしましょう。
一例として岡山市をか欠けていきたいと思います。

岡山市における水道水はの主となるものが「旭川」からきています。
さらには、吉井川・高梁かわなどからも取水しています。

水道法にのっとった形での検査はもちろんですが、シナイの給水水栓22カ所においては毎日検査が行われています。
濁り水は出ていないか・残留塩素がないかなどがその主な内容となっています。

月に一度の検査では、シナイ44・給水栓22・原水・浄水・受水地点にて行われています。
これは先の通り水道法にのっとった形での検査となっています。
浄水場の系統ごとにこれら項目は年に2回以上検査するよう、これまでの譲許並びに結果を参考にしつつ回数や項目が決定されています。

さらに12局ある配水エリアを地点都市自動水質監視装置を設置し、24時間体勢での監視を実施しています。

こうした検査項目をクリアした水のみが各家庭へ水道水として供給されているのです。

岡山の水は美味しいのかについて

安心できる水道水環境が岡山にはあるという事がわかりました。
では、果たして美味しい水道水と呼ぶことが出来るのでしょうか。

答えからすると「美味しい」といわれています。
この美味しいといわれている理由ですが、水源が良いということ・努力の結果美しい水道水というものを安定的に供給しているということももちろんなのですが、そもそもの持つ「水質」にも由来しています。

岡山における水質はどちらかというと「軟水傾向」にあります。
硬水はミネラルの中でもカルシウム・マグネシウムの含有量が多いとされています。
栄養的な部分では豊かなのですが、飲みにくく癖を感じるという難点があります。
一方軟水の場合に歯、これらの癖がなく飲みやすいのです。
ですので「多くの方が平均的に美味しいと感じる水」というわけです。

ペットボトル水道水も作られており、各地におけるイベントなどで配ったり販売を行ったりと活動も盛んです。
そして実際に「美味しい」と好評を得ているのです。

安くて良質な水道水がある岡山

また料金という点につきましても、平均よりも下回っているという事が言われています。
ですので、岡山の方々は「安くて良質な水道水に恵まれている」と考えることもできるでしょう。

実際に水道水を飲用利用しているという方も多くいらっしゃいます。
ミネラルウォーターに匹敵する美味しさともいわれてはいるものの、やはりその工程において塩素を入れるというものが生じますのでニオイが気になるという声もあります。
沸騰をさせたり汲み置きをすることによって臭いは解消していただけます。
こうした方法を実践して飲み水として活用している方のほうが多いでしょう。

水道水を「水」として飲むばかりではなく、水道水で作ったお茶やコーヒーなども十分にそれぞれの風味を残し美味しく淹れられるともいわれています。

岡山での飲用利用のためのアプローチ

このように、水道水を飲用利用されている方も多い岡山ではありますが、やはり抵抗があるという方におきましてはお水屋さんなどで浄水器を設置してもらうなどという方もおいでのようです。
スーパーなどでペットボトルでミネラルウォーターを購入するよりも安いですし、設置料金や購入費用というものは掛かりますが使用するものは「水道水」ですので、長期的に考えるとお得であるという事。
さらには、浄水させることによって安心感が増すということで利用をされる方も多いのです。

岡山県全体をフォローできる業者もありますが、多くは地域ごとに対応をしているという傾向もあります。
対応範囲というものを確認していただいたうえで利用をするのが良いでしょう。

岡山でのウォーターサーバー事情をチェックしてみよう

今では全国的に店舗や施設ばかりではなく「各家庭」しても人気となっているのがウォーターサーバーです。
お水が綺麗・飲める水道水が提供されている岡山におけるウォーターサーバーの需要というものは一見するとないように思われるかもしれません。
しかし、その需要は高まりつつあるのです。

より安心できる水の環境を用意したい。
そう考える方やよりおいしい飲み水をという方はこうしたスタイルで飲用水を確保しているのです。

人気のウォーターサーバーとは

より具体的に人気のウォーターサーバーについて見ていきたいと思います。

人気となっている方式ですが、約6割の方が「リターナブル方式」を選択されているようです。
これは、自社配送システムを利用して水を宅配してもらい、ボトルが殻になったら回収をしてもらうという方式になります。別名「ツーウェイ」などという事もあるでしょう。
回収に来てくれるまではボトルは保管しておく必要はありますが、ごみを捨てる手間がないことが人気となっているようです。
とはいえ、約4割の方がワンウェイ方式を選択されています。
回収をすることなく各自にて処理をしてただきますが、使い捨てボトルとなっており衛生的で最近では人気のある方式にもなりつつあります。
ウォーターサーバーメーカーの中にはワンウェイ方式を採用しているというところも増えてきていますので、それもまたこの数字に表れているのかもしれません。

お水の種類に関しては、男女差が見られるのが岡山の特徴ともいえるでしょう。
まず男性は「天然水」を選択される方が多いようです。
天然水は何といっても美味しく飲めるというのが魅力となっています。数種類の産地の中から好みのものを選べるというメーカーも増えていますので「とにかく美味しい水を飲みたい」という方にはやはり天然水が良いでしょう。
一方、女性はRO水が人気となっています。
ろ過をしたピュアウォーターのことを言うのですが、癖が全くなく料理さらには乳幼児やペットにも利用がそのままできるというのが利点となっています。
実際に家事にかかわる時間が多い女性ですから、やはりこうした選択をされるのかもしれません。

サーバーの種類に関しましては、男女や年齢関係なく床置きタイプを選択される方が多いという傾向が岡山にはあります。
場所をとると言うイメージの強い床置きタイプではありますが、容量の大きいタンクが利用できるために十分に美味しい飲み水を確保できるなどと言う魅力のほうを強く感じる方が多いのかもしれません。
デザインという点におきましても、今ではスリムタイプやお部屋の雰囲気に合わせた「眼の邪魔」にならないタイプといったものもありますので、利用のしやすい環境も整いつつあるのです。

卓上タイプに関しては、総合的な部分から見ると少ないものの当然ながら利用者はいらっしゃいます。
どうしても大きさの都合上、ボトルは大きなものが利用できないものの一人暮らしであれば十分に対応できるとする声も多くあるようです。

利用の目的などについて

岡山の方々はなぜウォーターサーバーを選んだのでしょうか。
その理由としてもっとも多いものが「冷たい水がすぐに飲めるから」というものなのです。
冷やす必要もありませんし、水道水を沸騰させるなどと言った手間も全くありません。
また、ミネラルウォーターを購入するなどということもないのが利用のきっかけであり理由となっているようです。
これは、ウォーターサーバーの最も機能的な部分に魅力を感じているといっても過言ではないでしょう。

そして、実際に利用をしてみて、先のような分に満足感をいだいたという方もいらっしゃるのです。
このこにより、一度利用・設置をした方は継続的に利用を続けているという傾向も岡山では見受けられました。
さらには、いざという時の飲み水の確保にも良いという意見もありました。
万が一の際の備蓄水としてもボトルを役立てられるというスタイルもあるようです。

地方別ウォーターサーバー

中国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査