新潟県での水道水に対する取り組みや飲み水確保のためのウォーターサーバー活用術を覗いてみよう

皆さんは新潟の水というとどのようなイメージをお持ちでしょうか。
自然が豊か・農作物が豊富である。などという理由から「水も綺麗なのではないか」「水道水も美味しいのではないか」というものがあるのではないでしょうか。
では、果たして新潟県の水は美味しく飲めるのでしょうか。
そして、実際に新潟で暮らす人々はどのように飲み水を確保しているのでしょうか。
これらについて深く見ていくことにしましょう。

新潟における水道水について

水道水におきましては、各家庭に供給をするまでの工程を水道法に基づいた検査や浄水方法を実施しているのはもちろんのこと、腸移送水道の安全についての取り組みも積極的に行っています。
管理基準を設置者に対して定めているのです。

例えば「貯水槽の清掃」です。
年に一度、県知事登録がなされている貯水蘇生創業者から定期的に行うよう指導がなされています。
次に「水質検査」です。
年に一度、県知事登録の飲料水水質検査機関から水質検査を行ってもらうように指導がなされています。
そして「貯水槽の点検」です。
水槽に破損がないか・内部に異物がないか・汚染がされていないか。さらには二に施錠がなされているかなど「月に一度」の点検を指導されています。

さらには、「残留塩素」についても推奨をしています。
これは、水道水を飲料水としての消毒効果の保持のため、蛇口にて有利残留塩素を測定し確認をすることもすすめわれているのです。

自分自身でできることについても公式的に提案がなされています。
それが、臭い・水の色、味・濁りなどを無色透明のコップなどに水を入れていただきチェックをするという方法です。

新潟の水道水は飲用利用ができるかについて

さて、第三者機関に対する検査委託なども積極的に行っている新潟ですが、水道水を飲用利用ができるかという点についても確認しておきましょう。

結論から言えば「飲用利用は問題がない」ということがいえます。
しかし、先のようなセルフチェックで少しでも「おかしいな」と感じたら控えていただくよう推奨もされています。
また、朝いちばんの蛇口から出るお水。
さらには長く家を空けていた方が久しぶりに蛇口をひねるという場合には飲用利用を控えるよう公式的に指導がなされています。

なぜ控えたほうが良いのか?という理由についてですが、給水管内には長時間水が残留している状態にどうしてもなってしまいます。
ということは、処理時に使用をした消毒用の塩素が少なくなっていて劣化している可能性があるという事。
そしてごく微量で特に健康被害はないとは考えられているものの、鉛が溶けだしている可能性も否めません。
ですので、先のような状態で飲用利用をするという場合には「バケツ一杯分」程度は洗濯や掃除などといった飲み水もしくは料理利用以外の用途に使用をするようにとなされています。

水道水を冷やすだけでも美味しく召し上がっていただけるのですが、衛生確保のために先にも触れたように消毒用の塩素が入っています。
そのにおいが気になるという方もいらっしゃるでしょう。
そうした場合には、しばらく沸騰させた後湯冷まししていただくとにおいが消えますのでより飲みやすくなることでしょう。

実際に、水道水そのまま飲んでいるという新潟の方もおおくいらっしゃいます。
しかし、やはり塩素臭などを気にかける方は蛇口に自分で取り付けられるような簡単な浄水器もしくは浄水システムを設置して水道水をさらに美味しくする工夫をし、飲用利用をしているという方もまた見受けられます。

新潟のお水屋さんについて

新潟は水が美味しいということで、地域に根付いた「新潟の水」を販売しているお水屋さんが存在しています。
軟水傾向にある新潟の水は口当たりも良く、ミネラルウォーター・天然水としてさらに美味しくし販売されているのです。
料理に・飲用利用にはもちろんですが、一般的なミネラルウォーターでは利用ができない赤ちゃん向けの利用についても可能としている種類もあるのです。
いわゆるナチュラルミネラルウォーターといわれるものです。
ペットにも利用ができるという事で人気を博しています。

地元の方のみならず、地方の方でもペットボトルとして通販販売されていることから注文をする方もおり人気となっています。
合わせてお米も販売しているという業者もあるのです。

産地証明書などを提示している業者もありますので「本当に美味しい新潟のお水を飲みたい」という方はそうしたところを選んでいただくのが良いかとも思います。

こうして定期的に購入ができる新潟の水。
しかし、ある程度の量を使用するという方や日常的に利用をしたいという方もいらっしゃることでしょう。
そうなると、ペットボトルでは間に合わなかったりゴミが出てしまうなどと言う問題も出てきてしまうかもしれません。
そのような方に人気となっているお水のスタイルが「ウォーターサーバー」なのです。

新潟におけるウォーターサーバースタイルについて

水道水でも十分に美味しい。
といわれている新潟ですが、各家庭においてウォーターサーバーを設置しているというところも増えています。
より安心できる水環境を整えたいという方や、ボトルにおきましては長期保存が可能であるという事から備蓄水として活用したいなどという方もおいでのようです。

先の触れたようなお水屋さんにてウォーターサーバーをレンタルしているというところもありますし、全国展開を行っているメーカーももちろん新潟でも展開しています。
個人でも利用がしやすいようなサイズ感のものからデザイン性に優れたもの。
さらにはさまざまなシステムサービスなどを実施しており、希望に沿ったスタイルも作りやすいことでしょう。

それぞれのスタイルが見える新潟でのウォーターサーバー事情

新潟では、リターナブル方式・ワンウェイ方式がほぼ半々の割合で需要があるのも特徴的です。
自社配送網を使用し水を届けさらに使用が終わったボトルをその業者に回収をするというリターナブル方式。
大手宅配会社などを使用して水を届けてくれてボトルは各家庭にて処分が出来るというワンウェイ方式。
それぞれに利点があります。
そして、各々で「自分に合ったスタイル」をそれぞれが選んでいるというのが半々という結果から見受けられます。

またこれは方式ばかりではなく「水の種類」においても同様のことが言えます。
全国的に平均をすると、ウォーターサーバーの場合には天然水が比較的に人気となっています。
しかし、新潟の需要は天然水・RO水が半々の割合で需要があるのです。

お子様のいるご家庭・ペット利用もしたいという方はRO水を選ぶ傾向が強く、それ以外の方々は美味しさ重視の天然水を選ぶという傾向にあるようです。
利用目的もまたさまざまなものがあるというのが見えてきます。
男女比というところから見ていくと、男性は天然水・女性は半々という割合での需要となっています。

サーバーに関してですが、こちらにおきましては圧倒的な差が見受けられました。
9割り以上が床置きタイプを選択されているのです。容量的にも十分満足できるものを求められるという事。
新潟は1人暮らし率よりも家族率もしくは戸建て住宅率のほうが高いというところもまた背景にあるのかもしれません。
以前は、床置きタイプは邪魔になってしまう・家の中で浮いてしまう。
などという事も言われていましたが、デザイン性やボトルの取り換えやすさを重視するなど「より家庭に取り入れやすいサーバー」というものを各メーカーで提案されるようになりました。
こうした部分もまた、ウォーターサーバーがより身近になった要因なのでしょう。

実際に使用をされた方々と今後について

実際に使用をされた方々におきましては、美味しいお水を安心していつでも飲める。
買いに行く手間がなくなった。
などとポジティブな意見が多く見受けられました。
このことから、継続的にウォーターサーバーを利用したいという考えもまた多いという事が見えてきます。
特に、お子様がいらっしゃるご家庭におきましては安全性を確保したいという気持ちも強く、信頼度の高いウォーターサーバーを設置するというケースが多いという事も見えてくるのではないでしょうか。
料金的な問題も、サーバーそのものが無料であったり電気代金も抑えられるサーバーが普及しているので負担というものも少なくなっています。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査