奈良県の水道水に対する取り組みや人々のウォーターサーバー利用などの飲用水の確保方法について

奈良県は歴史的建造物があり、さらには美しい山々が四季折々の風景を見せてくれる風光明媚な土地となっています。
そこで暮らす人々は、豊かな環境で生活をしているのですが「水道」や「水環境」というものについてはあまり知られていない部分かとも思います。
では、どのような水道水環境さらには飲み水として取り入れているのかさらには、飲用水について人々はどのように考えているのかなどについてここでは考えてみることにしましょう。

水道水の素となる水源について

まず最初に、奈良における水源に注目をしてみましょう。
桜井浄水場の水は室生ダムから。
御所浄水場の水は吉野川から取り入れられています。

また、奈良の水道局では安全かつ安心して「飲める水道水」を供給するための努力というものを行っているのです。
具体的に例を見ておきましょう。
桜井浄水場では「高度浄水処理施設」の建設工事を行い平成21年から稼働をしています。
従来の重水家庭に生物接触ろ過を加えたものがこの高度浄水処理になります。
生物接触ろ過とは、無煙炭を敷き微生物を繁殖させることによって、自然の浄化作用と同等の効果を再現できるのです。
これによって、さらに美しい水道水を作ることが出来ます。
また、マンガン・アンモニア性窒素の除去・トリハロメタンやカビ物質軽減も期待できるとされているのです。

そして、調整池や入水地などに「自動水質監視装置」を設置しています。
残留塩素などを常時監視し、送水施設が適切に運転されているかを常に監視しているのです。
また、定期的な水質検査も実施しており、より安全性の高い水道水供給を行っているのです。
さらには、魚類水質管理装置というものが桜井浄水場におきましては設置されています。

魚が活動をするときには電流が発生しています。
水槽内にセンサーを取り付け、魚が活動時におこる活動電位を検出し測定を行っているのです。
これがなぜ、安心できる水道水供給につながるのかというと、平常時の活動域を超えた数字が見られるときは、水に何らかの異常があるということになるのです。
もしくは活動量がゼロになったときなども同様のことが考えられます。
こうした仕組みを利用し、万が一の際にはアラームが発信するなど常に安全第一の水道水供給に努めているのです。
監視用の差かなとして選ばれているのが「たなご」です。
水質以上に対する反応が敏感で最適であるというのがその理由となっています。

奈良における水道水の飲用利用について

さて、現在の奈良における水質に関する意識や活動というものを見ていきましたが、果たして飲用利用は可能なのでしょうか。
先の流れを見ていただくとお分かりかと思いますが、十分に飲用利用ができるといえるでしょう。
水源におきましても、そもそもの水の質が良いこともあり「美味しく飲める水道水」が供給されているのです。

さらに美味しく飲むためのポイントとして、公式的にいくつかの提案がなされています。
一度沸騰をさせて冷まして飲むこと。
これは塩素臭を消してくれますので日持ちはしませんがよりおいしく飲用利用をしていただけます。
さらに、どうしても蛇口からそのまま飲むという事に不安感があるという場合には「浄水器の設置」などもすすめています。
奈良県時期時期に販売を行っているという事はありませんが、個々の判断によって設置をすることも検討するのが良いでしょう。

お水屋さんと水道水の関係について

先に触れたような浄水器の販売・設置というものをお水屋さんが担う場合もあります。
ミネラルウォーターという形での販売を行っているところもあり、県外の方であっても通信販売でご購入いただけるシステムともいえますので人気の形ともなっています。
しかし、日常的に飲用利用をするとなると奈良に住んでいる方々は浄水器を設置するという方法を選択されることが多いようです。
メンテナンスを定期的に行ってくれるというお水屋さんもあることから、地域の方々には需要があります。
個人経営もしくは地域に根付いた展開を見せているところが大半ですので、対応区域というものがある程度限定されることもあるでしょう。

近年の水とのかかわり方について

水道水を美味しく飲むために。そのような方法を見ていきましたが、飲用利用をする方法として近年増えているのが「ウォーターサーバー」を設置するというものです。
奈良におきましても、ウォーターサーバーの需要が高まっており、多くの家庭や店舗などでも設置がなされる湯ようになりました。

水道水はあまり飲みたくない。
より安全性の高いそして自分自身が・家族が美味しいと感じるお水を飲みたい。
そのような点を考えると、ウォーターサーバーを選ぶというケースが増えるようです。

奈良で人気のウォーターサーバーについて

奈良ではどのようなウォーターサーバーが人気となっているのでしょうか。
いくつかに分けて見ていきたいと思います。

まず最初に方式ですが、全国的にはワンウェイ方式が人気の傾向もありますが奈良におきましては「リターナブル方式」の需要が8割りを超えています。
飲み終わったボトルは回収してもらうという方式なので、ウォーターサーバーメーカーに来てもらう必要があります。
しかし、ごみを自ら捨てる必要がないなどという利点があります。
男女比で見ていくと、男性の中にはワンウェイ方式を取り入れているという方も多く見受けられるという傾向もあるようです。
回収してもらう時間がないという場合などはやはりワンウェイ方式のほうが便利であると感じるのかもしれません。

さて、飲用利用をするのに大切な「水の種類」にも触れておきましょう。
奈良で圧倒的に人気なのが「天然水」です。
役9割り近い方が天然水を選択されているのです。
美味しさという点を重要視して選ぶことも出来ますし、以前は1つのウォーターサーバーメーカーにつき1つの天然水の展開だったという事もありましたが、現在ではいくつかの種類の中から好みのものを選べるような環境も整ってきました。
そしてお試しキャンペーンや試飲サービスなどを実施するようになったというのも天然水の需要や人気が高くなった要因といえるでしょう。

同時にRO水の需要も天然水と比較をすると少ないもののあります。
利便性が広いという事がその理由となっているようです。

サーバータイプにきましては、9割り程度の方が床置きタイプを選択されていました。
ご家族全員で飲み水として利用をしても十分に満足できる容量のボトルが設置できる。
そのような点が魅力となっています。
やはりある程度の場所をとるという意見はあるものの、デザイン性が良いものも増えていますし無駄な幅を取らないような設計になっているものも増えました。これもまた奈良の各家庭に普及した理由の1つではないでしょうか。

卓上タイプの需要に関しては一人暮らしの方に人気となっているようです。
大きなサーバーを設置せずとも十分に飲み水を賄うことが出来る。
部屋の邪魔にならない。コスパが良いなどと言うのがその理由のようです。

美味しい水に対する意識が強いという傾向がある

ウォーターサーバーを選択された方々は、美味しいお水をすぐに飲めるから。お湯としてもすぐに利用ができる。
お茶を入れるにしても美味しいお水で作りたい。
などと言う理由も多く、美味しい水というものに対する意識が高いことが見えてきます。
さらには、安全性や衛生面といったものを重要視するということ。また、ペットボトルを購入し持ち運ぶのが大変だなどと言う生活面で負担にならないからといったものもありました。

それらをウォーターサーバーが解決してくれたという声も同時に高いことから、利用率も増えていますし満足度も高くさらには継続的に利用をするという事も多いのです。

短所だった点も改善されているのも人気の要因

ボトルの交換が大変だった以前とは違い、今のサーバーは女性や高齢者の方でも簡単に付け替えが出来ること。
メンテナンスを定期的に行ってくれるからサーバーそのものの衛生管理もしっかり行えること。
水代金に加え、サーバーレンタル料金がかかってしまうというコストについては、サーバー代金や配送料金が無料としているメーカーが増えた。
といったように、短所として考えられていた部分がクリアになっているのもまた人気となっている要因なのです。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査