長崎県の水道水に対する努力と取り組みそしてウォーターサーバー利用などの飲用利用す位について考える

長崎というと「修学旅行で行った」という方がいらっしゃるほど、レジャースポットばかりではなく歴史的な事柄についても触れることが出来る土地です。
そんな長崎においての水の質や水道水といった部分に注目をされることは少ないかもしれません。
そこで、今回は長崎における水道水についてさらには、人々は飲み水をどのように確保しているのかなどについて見ていくことにしましょう。

水道水の管理について

水道水に最も大切なことといっても過言ではないのが「供給される人々にとって安心使用ができること」となっています。
そのために設けられているのが「水質基準」というものです。

水質基準は、長期的に摂取をしても健康的な被害が出ないことが基本となります。
こたした安全性についての「健康に関連する項目」
さらには、水道水・施設などに障がいが出てしまうようなことが起こらないための「水道水が有すべき性状に関連する項目」の2つに大きく分けられています。

さらに、衛生的な側面に対する処置として消毒のための遊離塩素酸の保持率などもしっかりさだめられているのです。

もちろん、長崎におきましてもこうした基準全てをクリアしたもののみを家庭の水道水として供給されているのです。

さらには、長崎市を一例に取り上げてみると上記のようないわゆる「水道法」にのっとった形の検査を必ず実施しているうえに、長崎市独自の「管理指標」というものを設けています。
その基準項目に従って検査を実施しているのです。
この検査結果につきましては、随時公式サイトにて公開されています。

安心できる環境を目指すためのアプローチ

水道水に良い印象があまり持たれない特に「飲み水」としてのイメージが今一つである。
ということもあり、わかりやすい形で地域の方々に見せるという機会を設けています。

例えば浄水施設などの見学です。
事前に申し込みが必要でありますが、こうして水が生まれる過程というものを見ることによってその安全性をしっかりと確認し、さらには水に対する知識も持っていただけることでしょう。

さらには「ペットボトル水道水」を提供しています。
これは県外のイベントなどでも配布・販売されることがあるかと思います。
長崎の水道水をそのままペットボトルに詰めたものとなっています。
実際に口に含んだ方々の声は「美味しい」というのが多いようです。

長崎の水道水は飲めるのか

さて、長崎で供給されている水道水を「飲み水」としてしようが出来るのかという点について見ていきましょう。
上記の説明でお分かりいただけたかとも思いますが、飲用利用は十分にしていただけます。
ペットボトル水道水の反応からでも「美味しい水道水」であるということもまた見えてくるでしょう。

実際に、住民の方の中には水道水をそのまま飲用利用しているという方も多いのです。
さらに水道水を美味しく飲むために汲み置きをするという方や、冷蔵庫で十分に冷やして飲むという方。
さらには、沸騰をさせて冷まし塩素臭を消してから飲むなどという場合もあるようです。

ただ1点、認識していただきたいポイントがあります。
それが「日数」に関するものです。
汲み置きなどしたいわゆる蛇口から出て空気に触れた水におきましては早目に召し上がっていただきたいのです。
できればその日のうちにというのが望ましいでしょう。

水道水をさらに美味しく飲むために

すぐに出もできる工夫で美味しく水道水が飲めることがわかりました。
しかしそればかりではなく、浄水器やシステムを設置して「ミネラルウォーターのような水道水」に変換して飲んでいるという方もまた多いのです。

これは、自ら設置が出来るカートリッジ式のものから、お水屋さんが設置をしてくれるシステムやサーバータイプのものなど様々あります。
お水屋さんというと、水の販売を行っているという印象があるかもしれませんが、こうした業務に携わっていることが多い傾向にあるのです。
水専門というよりも、他の業務と並行して行っていることが多いでしょう。

別途水を購入する代金というものの負担がありませんので、コスパが良いというのも魅力といえるでしょう。

美味しい水を求めて行う事

浄水器やシステムを設置したとしても、水道水をもとにしていますので「何となく不安だ」という声もあるようです。
では、こうした方々は安定的に飲み水を確保するためにどのような方法を取り入れているのでしょうか。

それが「ウォーターサーバー」というものの存在です。
10年ほど前までは店舗や施設で見かけるものという印象があったかと思いますが、今では各家庭での普及率が高くなっているのです。
もちろんこれは、長崎でもいえることであり実際に設置をしたという方も少なくありません。

長崎に暮らす人々とウォーターサーバーある生活

長崎の方々もまた、ウォーターサーバーを利用しているという事がわかりました。
では、生活の中でどのような形で取り入れているのでしょうか。

利用のきっかけとしては以下のようなものが代表的でした。
・冷たいお水をすぐに飲むことが出来る
・温かいお湯もすぐに飲むことが出来る
・衛生的で安全性が高い
・子供やペットにも安心して与えることが出来る
・いざという時の備蓄水にもなる
などです。

水を宅配してもらうわけですが、その方式で人気なのはワンウェイ方式のようです。
ワンウェイ方式とは、水が入ったボトルが空になればそのまま家庭のごみとして出せるものを言います。
回収というものがありませんので、いつまでもボトルをためておくなどと言う必要がないというところが好評を得ているポイントとなっているようです。

水の種類におきましては、長崎では「天然水」が人気となっています。
天然水といっても1種類ばかりではなく、さまざまなものがあるでしょう。
そしてその種類ごとに風味・硬度なども変ってきます。
これらから好みの味を選択できますので、天然水が人気の傾向とあるのかもしれません。
中には、国産・海外産というところから選択が出来るというウォーターサーバーメーカーもあるのです。

とはいえ、乳幼児にも取り入れることが出来るというRO水も人気となっています。
癖がないから飲み心地も良いと選択をされる方・小さい子供に使いたいからと選択をされる方もまたいらっしゃいます。
このRO水ですが1種類ばかりではありません。
粉ミルクなどにもしようが出来るピュアウォータータイプから、ミネラルなどを添加させたものなどもあるのです。
こちらは好みや使い勝手に合わせて選んでいただく形となるでしょう。

サーバーにおきましては、皆さんの印象にもある「床置きタイプ」が人気の傾向があるようです。
ボトル容量も大きいですし、使いやすいというのが長崎で人気の理由となっています。
「スタイリッシュではないから」と敬遠されることも多かった床置きタイプではありますが、現在ではグッドデザイン賞を受賞するほどオシャレなものもリリースされています。

卓上タイプに関しましても需要は十分にあります。
一人暮らしの方で美味しい水をいつでも飲みたい。という方は利用をされているようです。
東京都などと比較をすると卓上タイプの人気というものは大きくはないものの、長崎でも利用者はいらっしゃるのです。

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーメーカーも今では数多くあります。
では、長崎の方々はどのような基準をもって選んでいるのでしょうか。
分かりやすくいかに記していくことにしましょう。

・節電機能があること
・安全性の高さ
・サーバーそのものの機能性
・水の種類が選べたこと
・水の単価がお得であること
・定期的なメンテナンスなどを実施してくれる
などが代表的なものになります。

こうして見ていくと、機能性さらには継続的に取り入れていくために考え設置をしているという事が見えてくるでしょう。
そして、実際に設置をした満足度については非常に高いものとなっています。
と同時に、継続的に利用をしているという方もまた高いのです。

長崎においてウォーターサーバー利用者が増える要因として「新規設置をする人プラス継続利用をする人」という構造が見えてくるでしょう。
美味しいお水に対してさらには安全性というものを考えたうえで選択したというところも注目をしたいポイントです。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査