美しい水のある長野県でのウォーターサーバーの需要が高まっているその理由について

長野県は自然が豊かでリンゴ・野沢菜そして美しい水がある土地こそ美味しいとされている蕎麦も名産となっています。
ですので、長野の言えば「水が綺麗」という声も少なくありません。
では、果たして水道水はどうなのでしょうか。
そして、土地で暮らす人々は飲用水はどのような形で取り入れているのでしょうか。
ここで詳しく見ていくことにしたいと思います。

長野県の水道水について考える

長野では、安全なばかりではなく「美味しい水道水」を供給するために定期的な水質センサを実施しています。
これは、水道法にのっとった形での基準が設けられていおり、検査の頻度なども義務付けられています。

例えば、長野市の場合には浄水課というものがあります。
こちらでは以下のような検査を行っています。
・水源の汚染を監視するために水質調査
・浄水処理が適切であるかどうかを確認するための各浄水場の水質検査
・各家庭に届けられる水道水が水質基準を満たした状態で家庭に供給されているかどうかの、給水栓水の水質検査
・給水栓での色や濁りさらには残留塩素についての検査を毎日実施

特に長野市の場合には水源も多いため浄水場も数が多いのです。
だからこそ、細かく計画を立てて実施しています。

長野市の水源はあまりよいといは実はいわれていませんでした。
渇水に悩まされ水源の確保が非常に困難であったという過去の事象があるのです。
現在河川水・ダムさらには専用貯水池・深井戸・あサイド・湧き水などの72カ所の水源を保有しそれらを安心できる水道水として活用するようになり、こうした問題もクリアしたのです。
その結果「美味しいお水」というものが作られるようになりました。

ミネラルウォーターレベルの水道水を供給している地域もある

長野の中でも、信濃町は非常に品質の良い水道水が供給されているといわれています。
その成分を見てみると、消毒に関する塩素などは含まれているもののその他の成分に関してはミネラルウォーターにも匹敵するほど上質なお水が供給されているという事が分かっています。

このことから見えてくるのは「水道水でも満足できるような飲用利用ができる」ということでしょう。
長野の各家庭におきましては、水道水をそのままの形で飲用利用しているという方もいらっしゃるのです。
しかしながら、ミネラルウォーターと同等のレベルだとされていても先に触れたような塩素臭はやはりに気なる方もいらっしゃいます。
沸騰をさせることや汲み置きをすることによって取り除くという方法もありますので、それらを実践するという家庭もあるでしょう。
においはないものの「水道水」全体が持つイメージから飲用利用は避けたいと考える方も一方ではいらっしゃいます。
となると、飲用以外で水道水を利用し、飲用に関しては別のもので確保をするという形になります。

長野にあるお水屋さんについて

水質が良いといわれる長野では、ミネラルウォーターも地場のものが数種類あります。
そしてそれらを家庭に宅配してくれる「お水屋さん」というものも存在をしています。
水専門としているところもありましたが、今では同時に地場の農産物やお米なども同時に取り扱い・宅配をしてくれるというところが多いようです。

地場以外のお水の取り扱いがあるという業者・店舗もあります。
また、宅配ばかりではなく例えば道の駅や地場製品の取り扱いがある施設などで販売をしているというところもあるのです。
お水屋さんといってもその活躍幅は広いものといえるでしょう。

観光客の方も購入がしやすい500ミリリットルペットなども販売されています。

こうして水道水を飲用利用はしたくないという方でも美味しく安心できるお水を確保していただける環境が長野にはあるのです。
宅配をしてもらうにしてもペットボトルゴミが出てしまう事。
買いに行くのであればその手間や重さというものが気になるという事。
こうした問題もありますが、先のようなところを問題視しない方であれば取り入れていただきやすいかとも思います。
では、マイナス要因が気になる方はどのような形で飲用水を確保しているのかについても考えてみましょう。

お汲み取りという水の確保について

地域によっては天然のお水をお汲み取り可能だという場所があります。
足を運ばなくてはならないという点と、長期間の保存はできないという点はあるもののコスパは非常に良いですし、容量の大きいタンクを持っていけばそれなりに飲用水の確保にもつなげていただけます。

ウォーターサーバーの存在について

手間がかからないという事を重視する方にもピッタリのスタイルが「ウォーターサーバー」というスタイルです。
今では、大手と呼ばれるウォーターサーバーメーカーも多く存在するようになりました。
長野ももちろん、設置をすることも水を配送してもらう事も可能となっています。
ですので、手間のかからないそしていつでも美味しいお水がある環境を整えていただけるのです。

水道水でも美味しいといわれている長野でウォーターサーバーの需要はそう高いものではないのでは?
という声もあるかもしれません。
しかし、その需要は日々拡大しているのです。
やはり、安全性や保存がきくことなどの魅力を感じている方も多いのかもしれません。

ウォーターサーバーの人気や需要について

次にここでは、より具体的に人気や需要について詳しく見ていきたいと思います。
先に触れたように、需要としては十分なものがあります。

若干ワンウェイ方式が人気ではありますが、ごみが出ないリターナブル方式を選択されている方もいるというのが長野でのウォーターサーバーの特徴といえるでしょう。
双方のスタイルを導入し選択できるというメーカーも増えてきていますので、好みのものをより選びやすくなっているのです。

水の種類におきましては、多くの需要が「天然水」にあることが長野では見受けられます。
産地から硬度なども選べるようになっていますので、味という点や使い勝手という点から天然水を飲んでいるのがうかがえます。
地場の長野県産の天然水も勿論人気となっています。
かといって、RO水の需要がないというわけではありません。

乳幼児にもしようが出来るというのがRo水の特徴であり魅力ともいえるでしょう。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではRO水を選択される方が多いのです。
飲用利用という点ではもちろんですが、利用しやすさがその決め手となっているのでしょう。

サーバーにつきましては、圧倒的に床置きタイプが人気となっています。
核家族がが進んでいるとはいえ、長野では家族人数が比較的に多めだとされています。
これもまた、床置きタイプさらにはウォーターサーバーといういつでも美味しい水を飲むことが出来るスタイルを導入する背景の要因かもしれません。
卓上タイプの需要は少ないですが、松本市や長野市など都会よりでは多いようです。
学生の方や一人暮らしの人口が比較的に多い地域では卓上タイプも需要があるのでしょう。

なぜウォーターサーバーを選ぶのか

美味しい水道水もあり、ミネラルウォーターも購入できる。
そのような環境がありながらもなぜ長野の方々はウォーターサーバーを選んだのでしょうか。
いくつかのポイントをまとめてみましょう。

・冷えたお水をいつでもすぐに飲むことが出来る
・お湯を沸かす手間がかからない
・ペットボトルだとすぐになくなっていた水もウォーターサーバーなら問題なくカバーできる
・安心感があり衛生的である
・備蓄水としても役立てることが出来る
などというものがあるようでした。

こうした理由でウォーターサーバーを設置し、その結果ですが「満足している」という方が大半という結果も出ています。
日頃身近にある水道水ではなく、ウォーターサーバーを設置することにより満足度が高くなったということは、それだけ飲用利用のためのお水に対する意識が高いという表れかもしれません。
こうした満足度と比例して、継続率も非常に高いという特徴があるのです。
コスパという側面に関しましても、今では経済的な利用ができる環境が整っていますので、そうした点における満足度の高さもまた継続率の高さと繋がってきているのでしょう。

このように、長野においてもウォーターサーバーの人気というものは高いものとなっています。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査