宮崎県の水道水の質や美味しさそして人々の暮らしとウォータサーバーなど飲み水との付き合い方について

多くの方が恐らく「南国」と言うイメージを抱いているであろう宮崎県。
九州地方でも南側に位置し、果物や海産物・畜産物など名産品も数多くあります。
また、観光スポットも多いことから観光客の方も訪れる県ともいえるでしょう。
そんな宮崎県における水道水事情についてや、飲み水として人々はどのような形で取り入れているのかなどを見ていくことにしましょう。

宮崎における水道水事情について

まず最初に宮崎における水道水事情を見ていくことにしましょう。

水源につきましては、例として宮崎市を取り上げてみましょう。
第一水源地は水無川水系の表流水を使用しています。

水無川の取水口から浄水場まで水を送り、前処理・急速ろ過・消毒の書く処理を行った後、第一配水力、自然流下による配水と赤津室によって加圧が施されます。
そのご、配水池に送水をして配水されていくのです。

このことでもお分かりかと思いますが、宮崎市では「急速ろ過」という方法を導入しています。
一度に大量の水を綺麗にすることもできますし、安定的な供給も目指すことが出来るともされています。

宮崎における水道の水質について

次に、水質について触れておきましょう。
水質につきましては、まず検査を行っています。
この検査は水道法にのっとった形でのものであり、当然ながらこの基準をクリアしたもののみが各家庭へと水道水として供給をされています。
安全性は十分であるという事が言えるのです。

水質としては、宮崎の水道は「軟水傾向」にあるといわれています。
硬度が高くなる分、ミネラルなどといった栄養素が多く含まれます。
しかし、それと同時に飲みにくく・癖が強くなってしまうというところもあるのです。
ですので、軟水傾向にあるという事は「多くの方が飲みやすいと感じる水道水」であるということもまた言えるのです。

水道水の美味しさについて

飲用利用ができるという事がわかったところで、果たして美味しさはどうなのか。
という点についても考えておきましょう。
今では各都道府県・自治体が「ペットボトル水道水」というものを作成しています。
PR活動などの目的が主ではありますが、宮崎におきましてもこれを作成しています。
延岡市上下水道部が作成している「天下一の水」というものなのですが、これは非常に評判が良いのです。
他都道府県の方々が口に含んで「美味しい」というほどの水道水なのです。

水道水に恵まれた地域。それが宮崎であるといっても過言ではないでしょう。

宮崎の人々と水道水の飲用利用について

水道水の質が良く美味しい。
それがわかりましたが、では実際に宮崎で暮らす人々は水道水を飲用利用しているのでしょうか。

答えから言えば、実際に飲用利用をされている方は多くいらっしゃいます。
処理工程で必須となる塩素注入の影響で、薬品臭のようなものが気になるという声もありますが、これに関しては汲み置きをしたり沸騰をさせたりということでにおいを消すことが出来るのです。
大半の方はこうして「一工夫」をすることによって、美味しく飲んでいるようです。

とはいえ、集合住宅にお住いの方などにおきましては、美味しいとあまり感じない・飲もうと思えないという声があるのも事実です。

水道水をベースに美味しい水を飲む

皆さんはお水屋さんというものをご存知でしょうか。
宮崎にもお水屋さんは存在しており、以前は水に関する事業を中心として行っていましたが、現在ではガスやその他衛生関係の業務にも携わっていることが増えてきました。

お水屋さんで何をしてくれるのかという点についてですが、水道水・水という点に焦点をあてていくと、水道水に簡単に設置できる浄水器もしくはシステムやサーバーの設置などになります。
また、ミネラルウォーターの宅配・販売というものを行っているところもあるでしょう。

先のような浄水器やシステム・サーバーであれば水道水をペーストし美味しい水にすることが出来ます。
コスパも結果としては良く、そしていつでも飲める・量を気にすることなく利用ができるなどという事から導入をされている家庭も多いのです。
メンテナンスなどにおいても定期的に行ってくれるところも多いので、衛生的な側面につきましても安心していただけるでしょう。

このように、水道水をさらに美味しくするシステムというものも宮崎では整っているのですが、「水道水」というものそのものに抵抗感があるという声もあるようです。
では、そのような方々はいったい飲み水をどのように確保しているのでしょうか。

ウォーターサーバーの存在について

水道水に抵抗感がある。
そうした方々が利用しているものがウォータサーバーとなっています。
実際にその需要も年々高くなっているのです。
これは、決して年々水道水の質が下がっているというわけではありません。
水に対する意識や希望というものが強くなってきているということができるでしょう。

このウォーターサーバーですが、宮崎という地域を中心に展開しているメーカーもありますが、全国規模で対応を行っているというメーカーもあります。
選択肢が広がっていてより自分にピッタリのスタイルを築くことが出来るというのもまた需要拡大の要因となっているのでしょう。

宮崎におけるウォーターサーバーの傾向について

ウォーターサーバーの需要が十分にあるという事がお分かりいただけたかと思いますが、より具体的に部分に見ていくことにしましょう。

最初に方式です。
ウォータサーバーのボトルタンクの宅配・利用方式として「リターナブル方式」と「ワンウェイ方式」というものがあります。
宮崎におきましては、若干ではありますがワンウェイ方式が人気となっています。
ボトルは各家庭にて廃棄をしていただく必要があるのですが、回収にきてもらうということがありませんので、スケジュールを気にしたり、もしくは空いたボトルを保管しなくてはならないということがありません。
この部分が魅力となっているのでしょう。
リターナブル方式も需要はワンウェイ方式と比較をすると少ないもののあるようです。
こちらを選択される方におきましては、ごみとして廃棄する必要がない。という点が大きな魅力となっているのでしょう。

肝心な水についても見ておきましょう。
水は7割近い方が「天然水」を選ばれています。
ミネラルウォーターなどでも見かけることが多いのでなじみ深いであろう天然水。
その天然水も以前においては、各メーカーにつき1種類の取り扱いという事が少なくありませんでした。
しかし、今では複数の種類を取り扱っていたり、中には海外産の天然水の取り扱いをしているなどと言った特徴的なウォータサーバーメーカーも存在しているのです。
自分好みの味を求めることもしやすいでしょう。

もう一方の選択肢として代表的なのが「RO水」です。
湧き水などをろ過したものになるのですが、天然水とは違い粉ミルクや離乳食などにも使用ができます。
水道水を煮沸させて適温にし、それを利用している方が多いかと思いますがそれには抵抗感がある・より高い安全性をと考える方はRO水がピッタリだというわけです。
飲用利用をするにおきましても、大きな風味や癖というものが全くありませんので飲みやすい・コーヒーやお茶などにも使いやすいという声も多いようです。

サーバーにつきましては、床置きタイプが圧倒的な人気となっています。
大家族であっても十分に対応できる容量がありますし、使い勝手が良い・機能的であるなどというところが人気の理由のようです。
また、以前はマイナス要因とされていたデザインや場所をとるという問題もオシャレなものが出てきたり部屋にフィットするように・スリムタイプなものなどもリリースされていますので解消されました。
これもまた、需要が高くなった背景にあるのでしょう。

もう一方の選択肢である卓上タイプは、容量が小さくなってしまうもののコンパクトで一人暮らしであってもいつでも美味しい水を飲むことが出来て便利だという声もあります。
実際に、卓上タイプを選択された方は一人暮らしの方が多い傾向にあるのです。

満足できる水環境をつくる

こうして、ウォータサーバー利用者の方々はそれに対する満足度も非常に高いものとなっています。
より高い水に対する環境を作るという意識が宮崎の方は強いのかもしれません。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査