宮城県仙台市における水に対する取り組みやウォーターサーバーについて知るとさらに快適な水環境が作れる

特に都心部と呼ばれるところで暮らしている人たちにとって、地方の水道水は品質が良い・そのまま飲用としても利用ができる。
そのようなイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、その実情や実際に暮らす人々と水とのかかわり方というものについては詳しく分からない部分もまた多いかとも思います。
そこで今回は、より具体的に仙台と水事情さらにはウォーターサーバーというところまで視点を広げて考えてみることにしましょう。

仙台の水道事情について

仙台の水源ともなるダムは「宮床ダム」「七北田ダム」「大倉ダム」「青下ダム」「釜房ダム」「七が宿ダム」などがあります。
浄水場におきましては「茂庭浄水場」「国見浄水場」「中原浄水場」「福岡浄水場」となっています。

仙台市の水道水の特徴はその「地形」に由来しています。
西から東に傾斜しているという地形を考えて、丘陵地に上記の浄水場並びに配水場を配置しています。
そして、自然流加の働きを利用しているのです。
これは、ポンプなどいわゆる動力使用が少ないという特徴があり、環境にやさしいという水道システムを実現しているのです。
仙台における何と8割以上が自然流下のみの排水となっているのです。

水道水と住民の距離感が近い特徴がある

さらには水道きゅくにおいては、水源地周辺を開放しているのも特徴の1つといえるでしょう。
水道記念館や施設なども存在しており、多くの方が水道そして自然と水という事を学び触れることが出来る環境にあるのです。

また、水流現区域内では「水源水質保全協定」というものが止血されています。
空中の農薬散布の禁止さらには使用量そのものにおいても削減を求めているなど「美しい水道水作り」のために尽力を尽くしているのです。

仙台の水道水は美味しいのか

さて、取り組みなどについて触れていきましたが「美味しいのかどうか」という点についても考えておきましょう。
実際に利用をするとなった時、やはり気になる点ともいえるでしょう。

そのままでも十分な美味しさがあるともされている仙台の水道水。
ただ、一工夫を推奨しているのです。
それが以下のような方法になります。

・冷やす
・汲み置き
・沸騰させて冷ます
・レモン汁などを入れる
・竹炭を入れる

などです。
一工夫をすることにより、よりおいしく飲用していただけます。

美味しさと同時に安全性につきましては、水質センサセンターが行っています。
理化学試験・微生物試験・生物試験などを徹底して行いさらには、水源の水質汚濁や多様化に対応するための研究なども同時にすすめられています。

比較的に基準が高い仙台の水道水

こうして見ていくと、仙台の水道水の基準そして品質が高いという事がお分かりいただけたかと思います。
とはいえ、そのまま飲用水として利用しているという方は少なくなりつつあるのも傾向としてあるようです。

実際にミネラルウォーターを購入するという方も多いのです。
この部分に関しましては、都心部と変わらずいたるところで販売がなされていますし需要としても高いものがあるでしょう。

日常的に持ちあることが出来るミニペットボトルから、家庭用の2リットルペットボトルまでさまざまです。

仙台におけるミネラルウォーターの需要について

需要につきましては「ある」という事がお分かりいただけるかと思います。
全国的に販売を行っているようなものもあれば、土地柄を生かしたいわゆる「仙台の天然水」というものもまた人気となっています。
土地ごとの美味しい水と呼ばれるものがブームとなったこともありますし、観光客が購入したりまたはお土産として利用されることもあるようです。

とはいえ、天然水と呼ばれるものに関しましては基本的に赤ちゃんやペットには使用「不可」となっています。
そこで需要の高まりを見せているものもあるのです。

仙台のお水屋さんの存在について

地域に根付いた水を販売専門としているメーカーが存在しています。
同時に各種業務に携わっているというところもあるでしょう。
土地柄を生かした水を提供しているところもありますし、富士山・バナジウムなどといった人気の銘柄を取り扱っているところもあります。

これは、ペットボトルとしての販売ばかりではなく「ウォーターサーバー」という形で各家庭や店舗・会社などで利用をされているのです。
各お水屋さんによってレンタル料金がかかるかどうか・水そのものの価格からサービス体制更にはメンテナンスなどにおいては異なってきますが人気があるスタイルともいえるでしょう。

仙台におけるウォーターサーバーについて

先に少し触れましたが、ウォーターサーバーについても見ておきましょう。
水道水そのものの品質が良いことから、ウォーターサーバーの普及並びに需要というものはさほど大きくないのでは?という声もあるかもしれません。
しかし、実際に見てみるとその普及と需要は高いものとなっているのです。

なぜウォーターサーバーの需要があるのかについて

需要に関しましては、それぞれに理由がありますが代表的なものをいくつかピックアップしていきたいと思います。

・赤ちゃんやペットにも利用が安心してできること
・衛生的であること
・いつでも美味しく安全な水を冷たくまたは温かいものもすぐに利用ができること
・緊急時に備蓄水として利用ができる
などという事が主な理由となります。

緊急時の備蓄というと「電気が必要なウォーターサーバーなのに」と思われるかもしれません。
ペットタンクそのものを備蓄することが可能ですので、水の配給が止まってしまうような緊急時であってもいつでも清潔な状態・安全な状態で水を確保することが出来るのです。
大きいものとなると1タンクあたり20リットル程度が入っていますのでいくつが備蓄しておくことによって配給が開始されるまで十分に水を確保できるともいわれています。

それぞれに合ったスタイルを取り入れている

仙台の方々はウォーターサーバーの方式も個々に合わせた利用しやすいものを取り入れています。

例えば、殻になったボトルを回収してもらえる「リターナブル方式」は、家庭用のごみが出ませんし回収しに来てくれるので手間もかかりません。
また、回収をしてもらう事によってサービスとして「〇ボトルで1ボトルが無料」などというものを実施しているメーカーも増え経済的だという声もあります。

一方、大手宅配ウォーターサーバーメーカーを利用してみずを届けるワンウェイ方式を取り入れている方もいらっしゃいます。
使い捨てで自ら捨てるというものになりますが、回収に来ることがありませんので忙しい方にとってはスケジュールを考慮することがないので快適だという声もあるのです。

水の種類も選べるという魅力

またウォーターサーバーは1メーカーにつき水が1種類というわけではありません。
さまざまな用途に用いていただけるRO水。
美容や健康を考慮した天然水やバナジウム。
さらには、ダイエットなどにも良いとされている硬水なども人気となっています。

こうして水を色々と選ぶことが出来るというのも、水道水などでは実現できない魅力の1つといえるのではないでしょうか。

継続利用をされている方が多い

また仙台では、ウォーターサーバーを継続利用されている方が多いという特徴もあります。
ネガティブな印象を抱いているという方は10%もいないのです。
半数以上の方が継続利用をされています。
経済的だという声・衛生的だという声などが大きいのがやはり継続することに繋がっているのでしょう。

サーバーのボトルが重たく差し替えが大変だなどと言う難点も以前においてはありそれが継続しない理由ともなっていたようですが、今では女性であっても片手で差し替えることが出来るようなタンク位置のものも増えていますの。
また、卓上型といった一人暮らしの方でも取り入れやすいタイプのものも幅広く展開されているという事もまた理由となっているのでしょう。
サーバーそのもののレンタル料金が無料というところやメンテナンスが無料だというメーカーも増えているので継続利用がし水環境も整ってきているのです。
一度利用をすると水道水などでは体感できない魅力があるのです。

地方別ウォーターサーバー

北海道・東北地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査