井戸水が特徴の三重県の水道水と飲用利用さらにはウォーターサーバー活用方法などを考える

三重県というと有名な名産品をイメージされることでしょう。
歴史にゆかりがある地域も多く存在していることから、国内外から観光客が通年訪れています。
古いものを大切にしそして新しい文化も取り入れていくという三重における水道水事情さらには地域に暮らす方々との水とのかかわり方・飲用水の確保の方法などについてここでは確認していくことにしましょう。

三重の水道水について

まず最初に、生活において必要不可欠な存在である水道水について見ておきましょう。

工業が発展してきたという背景もあり、多くの方は「水道水はあまりきれいなものではない」という印象があるようなのです。
しかし、実はこの三重は美しい水のある地域ともされているのです。

まずは地下水です。
例えば四日市市の水道水の水源は、地下水が約6割を占めています。
残りの部分は三重県企業庁から入水しています。
地下水をくみ上げている井戸のことを取水井と呼んでいるのですが、地中の砂などでろ過された後、導水管を通って水源地に集められています。

その後、次亜塩素酸ソーダを加えていきます。
そして、送水ポンプを使って押し上げられて配水管を通過し配水池に送られていきます。
貯水池とは簡単に言えば水をためておくためのタンクになります。
地形の高低差などを利用してみずを送り出すという事になりますので、その大半が高台にあるものです。

こうして、美しい水をさらに安心できる形で各家庭の蛇口へと水道水として届けられているのです。

安全のための検査などについて

さて安心して水道水を利用するために三重では専門の知識を有した職員が、水道法にのっとった基準行も君をすべて検査し問題がないもののもを水道水として利用しています。
蛇口に届くまで、取水井・水源地・配水池それぞれで水質検査を行っており、1カ月ごとにまとめて公開していますので、気になる方は公式サイトなどを見ていただくとよいでしょう。

水道法に基づいた水質基準とは、大腸菌や水銀・鉛など人体に影響があるとされているものが含まれているかなどの31項目・味やにおいなど生活上の不具合がないかといった20項目の合計51項目が実施されています。

三重の水道水の美味しさについて

さて、こうして厳しい検査とシステムの中で水道水として届けられていることがお分かりいただけたかと思います。
安全性というものが分かったところで果たして本当に美味しいのか?という事にも触れていきたいと思います。

先に従って四日市を例にか欠けて見ていきましょう。
水質が良く水量が豊かな四つの井戸があった。
それが四日市の名前の由来となっているのです。
そんな地下水ですが国が定めている「おいしい水」の条件をすべてにおいて満たしているのです。
そしてそれらをPR活動するために水道水ペットボトルを販売しています。

ここまで見ていったところで、肝心な「飲用利用」について触れておきましょう。
三重における水道水の飲用利用はもちろんしていただけます。
そして実際に飲まれた方々の中には「美味しい水道水」という評価をしている方もまた多いのです。
ですので、十分な飲用利用ができるといえるでしょう。

飲用利用としての水道水

美味しい水・きれいな水という三重の水道水ですが、中には飲用利用として水道水は取り入れない。
という方ももちろんいらっしゃいます。
今では、コンビニエンスストアなどでも見かけることが多いミネラルウォーターなどの存在もあり「飲用水はそうしたもので確保している」という流れがあるのも確かです。
以前は水単価というものが高いこれらのものでしたが、手ごろになり始めているというのも飲用利用がしやすくそして実践する人も増えた要因ともいえるでしょう。

また、こうした方法ばかりではなくお水屋さんを利用するという方もおいでのようです。
プロパンガス業務などを併用しているところが大半ではありますが、こうしたところで定期的にお水を注文しているというケースも見受けられます。
地場の水である三重のものからそのほかの地域の水も取り扱っているところもあり、それぞれに合わせたお水環境そしてサーバーレンタルなどを実施しているところにおいては「量」や「スタイル」も希望に沿う事がしやすいでしょう。
お水屋さんの場合、ある程度の地域性というものが考えられます。
宅配・対応区域外だという事も考えられます。
三重の方全てに平等に美味しい飲用水を。
そうしたアプローチを考えた時出てくるものが「ウォーターサーバー」となっているのです。

三重におけるウォーターサーバーの需要について

さて、水道水も美味しくさらにはお水屋さんそしてミネラルウォーターなどを購入するという方法がありますが、ウォーターを設置するという事に対する需要は果たしてあるのでしょうか。
答えから言えば「ある」ということがいえるでしょう。
実際に、三重県におけるウォーターサーバーの需要というものは広がりをみせているのです。
設置件数は年々増加傾向にあります。
店舗や会社ばかりではなく、個人住宅での需要の伸びというものが、水に対する意識が高いという事も指示しているのではないでしょうか。

人気のウォーターサーバーとの付き合い方について

需要が十分にあるそして実際に利用をしている方も多いウォーターサーバーですが、果たしてどのようなスタイルで取り入れているのでしょうか。

最初に宅配方式から見ていきましょう。
三重において需要が大きい方式が「ワンウェイ方式」となっています。
約8割以上の方がこちらを選択されているのです。
リーズナブル方式も2割ほどのじゅよわうがありますが、やはり空いたボトルを潰してそのままごみに出せるという手軽さ・回収を待つ時間がないワンウェイ方式のほうが人気となっています。
また、印象として衛生的であると考える方も多いようです。

次に実際に口に含む水の種類についても見ておきましょう。
水の種類におきましては、天然水が人気となっており、約7割の方がこちらを選ばれています。
確かに、傾向から考えてみるとワンウェイ方式を採用しているメーカーは同時に天然水も多く取り扱っているというものがありますので自然な結果という事が出来るかもしれません。
残りの3割につきましては、「RO水」となっています。
これは、水道水や湧き水をRO膜によってろ過した水のことを言います。
コスパもよくそして乳幼児にもしようが出来るという事もあり、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では人気の種類ともいえるでしょう。

サーバースタイルに関しては、7割の方が床置きタイプを利用しているという傾向があります。
床置きタイプというと、場所をとるのではないか?と言うイメージがあるかもしれません。
確かに、卓上タイプと比較をすると場所というものは取るのですがスリムタイプからデザイン性に優れたもの藻多くリリースされています。
さらには、1ボトル当たりの水の容量が大きいというものもまた飲用水利用はもちろんのこと、お料理にそしてお米を炊いたりなどと言う活用方法をされている方も多いようなのです。

卓上タイプを選ばれる方の多くは1人暮らしの方が多い傾向もまた見受けられます。
部屋があまり広くない・部屋数がないという方でも手軽にいつでも美味しいお水を飲んでいただけますし、料金そのものも非常に安く、その都度ペットボトルを購入するよりもコスパが良いという事も言えるのです。

ウォーターサーバーを選んだきっかけについて

さまざまなアプローチの中で、どうしてウォーターサーバーを選択したのかという点ですが、男女関係なく三重においては、「美味しくていつでも冷たいお水和飲むことが出来るから」「お湯もすぐに使えるのでお茶やコーヒーを作るときに便利だ」などという声もありました。
さらには、ペットボトルを購入するのが面倒だったからなどと言う理由も見受けられます。

きっかけを知ると見えてくることは、やはりウォーターサーバーの持つ基本的な魅力や特徴というものがその要因になっているという事が言えるでしょう。
と、同時に利用をしてみたことに対する満足度というものも非常に高く「継続的にウォーターサーバーを利用したイ」という声も多くありました。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査