美味しい水道水のある京都でもウォーターサーバーが人気となっているその理由などについて考える

歴史的建造物・四季折々のお祭りそして料理までさまざまな楽しみ方が出来る京都。
「京風」などと言われるように、どこか繊細で上品なものをイメージされる方も多いでしょう。
と、同時に水が美味しいと言うイメージもあるのではないでしょうか。
そこで、今回は京都の水道水や飲用利用さらには水とのかかわり方など幅広く見ていくことにしましょう。

京都における水道水の原水や工程について

まず最初に、一例として京都市の水道水に注目をしてみましょう。

京都における原水はやはり京都府のものではないか?と思われる方も少なくないでしょう。
しかし実は滋賀の「琵琶湖」がその原水の源となっているのです。
その割合も何と99%近いものが使用されているのです。
残りの1%につきましては、桂川や地下水などから取水しているのです。

そんな原水ですが、水道水に至るまでは、まずは取水池により、大きなゴミもしくは藻などの不要物を取り除きます。
その後、着水井にて水の量を調整します。
急速かくはん池により、薬剤(塩素剤や凝集剤)などを入れ混ぜます。
さらに、沈殿池にて、水の中に残っている濁りや殺菌を塊にして沈めていきます。
急速ろ過行けに運ばれ、沈殿池では沈み切れなかった濁りを砂と砂利の層に通し除去します。
ろ過行けを通した水に塩素剤を入れて消毒殺菌をし水道水としてしようが出来る状態にします。
そうして、配水池にためおいて配水をするのです。

これが、水道水が出来るまでの大きな工程です。
こうして見ていくと、たくさんのステップを経て安心できる水道水を作り供給しているという事がお分かりいただけるのではないでしょうか。

においと水道水について

京都の水道水を利用すると「カルキ臭」のようなものがするという声があるようです。
これは、京都のみならず各都道府県でこのようなニオイを感じることもあるでしょう。
この源ですが、水道水に含まれている「塩素」によるものとしています。
水道法に定められている通り、殺菌のために塩素消毒を行っているからなのです。

また、一方では「生臭さ」というものを感じるというものもあります。
この要因として考えられるのは、琵琶湖で発生している「植物性プランクトン」によるものとされています。
こうした生臭さは人体に影響するのではないか?と不安視される声も一方ではあるようです。
しかし、これらは人体への影響は全くありませんので安心して利用していただけるでしょう。

ニオイと水道水の問題ですが、そのままだと美味しく飲用利用しにくい。
そう考えることもあるでしょう。
もちろん、これらに対して今すぐにできる方法というものもあるのです。
それが「沸騰させる」というものになります。
5分程度で構いませんので、水道水を沸騰させてみてください。そのことにより気になるニオイを除去することが出来ます。
ただ消毒効果というものも同時になくなりますので、その日のうちに飲み切っていただきたいと思います。

水道水の飲用利用について

京都での水道水の飲用利用ですが、一切の問題なく飲んでいただけます。
先のような方法も実践していただくと、さらに美味しく召し上がっていただけることでしょう。
水道水を冷たくして飲んでいただくのもおすすめです。
冷やす場合には、3日から最大でも1週間程度で飲み切るようにしていただきたいと思います。
できるだけ早く飲み切っていただくのが安心です。

とある調査では1万人を対象にミネラルウォーターと京都の水道水。それぞれの銘柄を隠して飲み比べをしてもらうというものが実施されました。
その結果、何と京都の水道水が最もおいしいと言った方が最も多かったのです。
これは、公式サイトにも掲載されているので詳しく見ていただくのも良いでしょう。

コスパも非常によく美味しい。
そんな京都の水道水を実際に飲用利用されている方も多いようです。

水道水に抵抗がある方に

そうはいっても、水道水という全体的なイメージから「飲むことに抵抗感がある」という声もあることは事実です。
では、こうした方々はどのような形で飲用水を確保しているのでしょうか。

まずは「ミネラルウォーター」です。
この部分は、多くの地域の方が実践しているものといえるでしょう。
手軽に購入もできますし、飲みたいと思ったタイミングで開封をすることができます。
未開封であれば長期保存も可能なのもまた大きな利点といえるでしょう。

次に「お水屋さん」についても見ておきましょう。
今では、別の業務と並行してお水屋さんを営んでいるという場合が多いようです。
水の販売ばかりではなく、京都という土地柄を生かした電子イオン水の供給。
さらには、浄水器からウォーターサーバータイプの浄水装置のレンタルなどを行っているところもあるのです。
特に、浄水装置や浄水器であれば使用するお水は水道水ですので経済的です。
美味しい水に変換してくれるという事で、実際に大きな注目を集め人気ともなっているのです。
ごみが出ないというのも魅力といえるでしょう。
業者においては、さらなるサービス向上のために定期的なメンテナンスなども実施しておりますので衛生面でも特に問題はないでしよう。

京都におけるウォーターサーバーについて

さて、水環境というものが比較的に充実している京都。
そんな京都でのウォーターサーバーの人気というものも非常に高いのはご存知でしょうか。
今では、ウォーターサーバーに対する認知度や身近さというものもあることから、京都でも多くの家庭が利用をしているのです。

京都で人気となっている方式ですが、男女によって調査をするとその違いというものが見えてきます。
女性はリターナブル方式を。男性はワンウェイ方式を利用するという傾向が京都ではあるのです。
自宅で場所を取らずさらには回収の手間がないというワンウェイ方式を選ぶ男性の背景として「仕事で忙しいから」といった理由が見えてくるようです。
一方、リターナブル方式ですが、回収の手間はかかるもののごみを自ら捨てる必要がありません。
いわゆる主婦層の支持が強いという事が考えられます。

さて、次は水の種類について見ておきましょう。
こちらも京都では男女比がハッキリと分かれているのが特徴的です。
男性は「天然水」を選ばれる方が多く見受けられました。
これはおそらく、方式とリンクしているのでしょう。
ワンウェイ方式を採用しているウォーターサーバーメーカーは天然水を扱っているところが多いという事が要因として考えられます。
女性ですが、「RO水」を選択される方が多いのです。
いわゆる純水のことなのですが、お子様のミルクや離乳食さらにはペット用のお水としても使用をしていただけるという特徴があります。
天然水のようなうまみが強いというタイプではないものの、さまざまなものに利用ができる・さまざまな方に飲用利用ができるというのが人気となったようです。

サーバーにつきましては、男女ともに床置きタイプを選ばれる方が多いようです。
ご家族単位で利用をすることが多い京都でのウォーターサーバー事情。
だからこそ、全員が満足できるだけの飲み水を確保したいというところから床置きタイプが人気となっているのでしょう。
もちろん、卓上タイプを選択される方もいらっしゃいます。
飲み水のみの利用をするという方や、1人暮らしだという方に対する需要が大きいようでした。

第一にウォーターサーバーを選んだ理由について

ミネラルウォーターでもなく水道水でもなく、どうしてウォーターサーバーを選んだのか。
という点ですが、手間をかけることなくいつでも冷たいお水・温かいお湯を飲むことが出来るからというものが大きな理由であり利用のきっかけとなっているようでした。
さらには、安全性や衛生面で信用できるからというものもその理由となっています。

こうした京都でのウォーターサーバーを選んだきっかけを見ていくと、おのずとその満足度というものも見えてきます。
利用をしてよかった・これからも継続的にウォーターサーバーを利用し続けていきたいという方が圧倒的だつたのです。
一度利用をするとその魅力を感じることができる。
そしてその口コミなどが広がってさらにウォーターサーバーの需要が広がるという傾向もまた京都では垣間見られるようなのです。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査