地下水を水道水利用をしている熊本県での飲み水とウォータサーバーとの関係について

熊本というと観光地としても有名ですし、食文化というものも人気となっている土地でもあります。
そして、あまり知られていない部分ではあるのですが、水道水に対するシステムなどに特徴がある県ともいえるのです。
では、熊本の水道水はどのようなシステムになっているのでしょうか。
そして、水道水の飲用利用からそのほかの飲み水の確保の方法などについても見ていくことにしましょう。

熊本における水循環系

最初に水道水について見ておきましょう。
例として熊本市を取り上げていきたいと思います。

熊本市の地域の水循環は、年間降水量の3分の1が蒸発をし、3分の1が川になります。
そして最後の3分の1が地下水となるのです。
熊本市の水道水は何と「100%」が地下水で賄われているのです。
渇水時でも熊本市においては断水の経験がないのです。
これは、この水循環系に特徴があるからなのです。
熊本市には「水田」というものがあります。
通常の5から10倍近い水が浸透しやすいという水田。これから開かれたことによって、大量の水が地下に供給され、地下水が潤沢になっているのです。

品質の高い熊本の水

熊本市には74マン人の人口がありますが、これらすべてを地下水で賄っています。
他の市区町村などにあるようなダム・浄水場というものが熊本市に歯ないのです。

品質が高い地下水を水道水として供給をする。
という事は先に触れましたが、中には「くみ上げられた水は雑菌やばい菌などが潜んでいるのでは」という不安の声もあるかもしれません。
もちろん、美しい水ではありますが水道法にのっとった形で最低量の塩素を加える処理を行っています。
そして、配水池や調整値に集め、そこから各家庭に水道水として供給を行っているのです。

熊本の水道水が美味しい理由

熊本市の水道水は、カルシウム・カリウム・ミネラル言った成分が含有されています。
もちろん、添加されたものではありません。
そしてこれらのバランスが非常に優れているのです。
こうしたことでお分かりかと思いますが、ミネラルウォーターとそん色ないような質を水道水が有しているというものになるのです。

各地で行われる地域イベントなどでPR活動のためにと作られた熊本のペットボトル水道水も実際に美味しいと好評を得ています。

水道水を飲用利用するという事

特にご高齢の方などにおきましては「今まで一度もミネラルウォーターを購入したことがない」という方もいらっしゃいます。
それほど水道水が美味しい地域なのです。

しかしもちろん「水道水をそのまま飲むことは避けたい」という声もあります。
その場で少し飲み水を確保する程度であればミネラルウォーターを購入するという方もいらっしゃるでしょう。
日常的にとなると、お水屋さんで浄水器や浄水システム・サーバーなどを設置してもらうという方法を実践する方もいらっしゃいます。

熊本全土に対応しているような中小規模のお水屋さんもありますが、地域に密着した形のお水屋さんもあります。
そうなると、エリア対応というものが限られてしまう可能性もあります。
浄水システムやサーバーなどにいったん水道水を通すことによって、よりおいしくそして安心できる水を利用していただけるのです。

こうしたシステムはあくまで「水道水」を活用した方法です。
集合住宅だから一度貯水タンクにためられる水道水をそのまま飲用利用したくない。
そもそも、水道水を飲用利用したくない。
そのような声もあるのが事実です。

飲用利用の水との生活について

先のような方々は、どのような形で飲用水を確保しているのでしょうか。
近年、注目をされていて実際に需要が高くなりつつあるものが「ウォータサーバー」というものの存在です。
このウォータサーバーは全国的な認知度も高いものですので、ご存知の方も多いかと思います。

熊本におきましても、全国対応を行っている大手ウォーターサーバーメーカーもありますし、熊本を中心に対応しているというメーカーもあります。
選択肢の幅が広がっているというのもまた、利用しやすくなったポイントの1つといえるでしょう。

熊本の方々とウォータサーバーとの生活について

さて、熊本におけるウォーターサーバーの需要があるとわかったところで、実際にどのような形で利用をしているのかという点に注目をしていきましょう。

最初に「方式」です。
ウォータサーバーの方式としては「リターナブル方式」と「ワンウェイ方式」というものがあります。
熊本では、後者のワンウェイ方式が人気となっています。
ゴミは自分自身で処理をしていただく形となりますが、空いたボトルを回収してもらう手間もなくさらにはそれまでボトルをためておく必要もありません。
ですので、衛生的だ・場所を取らずに済むなどというところに人気のポイントがあるようです。
また、近年ではウォータサーバーメーカーそのものがワンウェイ方式を採用しているというところが増えているのも背景にあるでしょう。

次に水そのものについても見ておきましょう。
若干ではありますが、人気が高いものが「天然水」となっています。
天然水は、産地から硬度がいろいろありますが、数種類の展開がありそこから自分の好みや目的に合わせて利用をするという事が出来る。
美味しさという点を追求することが出来る。
このような点が人気のポイントとなっているようです。
とはいえ、「RO水」も熊本では十分な需要があります。
純水といわれるRO水は、離乳食や粉ミルクづくりにも用立てることが出来るという事から、小さなお子様がいるご家庭では人気となっているのです。
もちろん、癖や風味というものが特にないことから「それが飲みやすく美味しく感じる」という理由で選択されている方もいらっしゃるのです。

サーバータイプにおきましては、大半の方々が床置きタイプを選択されています。
この床置きタイプは、多少の幅は取るかと思いますが、タンクそのものの容量が大きいために水を安心して確保していただけるのです。
タンクそのものは開封しなければ消費期限が長いので備蓄水としている方もいらっしゃいます。
家に置くには浮いてしまう。
そのような短所が以前にはあったようです。
しかし今では、スタイリッシュなデザイン性の高いものもリリースされるようになりましたので違和感というものも感じにくくなっているかとも思います。

卓上タイプですが、コンパクトな分ボトルそのものは小さくなってしまいます。
しかし、1人暮らしのであれば十分に飲み水を賄うことが出来るという声も多いのです。
実際、1人暮らしでウォーターサーバーを設置している方の多くはこの卓上タイプを選ばれています。
場所も取りませんので、部屋があまり広くないという方にも人気となっています。

ウォーターサーバーをなぜ設置するのか

水道水だけでも十分に美味しい。
浄水システムを通すことによってさらに美味しくなる。
そんな恵まれた環境にある熊本ではありますが、なぜウォータサーバーを選ぶのでしょうか。

第一に「安全性」が考えられます。
塩素臭はもちろんですが、水道環境なども気にすることなく利用ができることも1つの理由です。

また、サーバーそのものの機能性に魅力を感じたという声もあります。
例えば、すぐに冷たいお水が使えること。
すぐに温かいお湯が使えること。
などがわかりやすい例でしょう。これは、ウォータサーバーだからこその魅力ではないでしょうか。

その他には、子供にも安心できるような水を飲ませたいなどと言うものもあります。

こうしてウォータサーバーを選び実際に取り入れてみた方の「満足度」ですが、非常に高いものとなっています。
利用をしてから飲み水の確保・利用が楽になったなどと言うポジティブな感想を抱く方が大半なのです。
このことにより、継続的にウォータサーバーを利用しているという方も少なくないのです。

今では、試飲会や実際に触れることが出来る機会というものもスーパーなどで店頭販売という形で実現できることも増えていますので、こうしたところからまず試してみるというのも良いかもしれません。
また、キャンペーンの一環としてお試しシステムを導入しているメーカーもあります。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査