美しい水源をもつ鹿児島県における水道水やウォータサーバーなどの水と生活について考える

鹿児島というと偉人・自然の地域という印象が強いかとも思います。
実際にそれらを目的とし、国内外から多くの観光客の方が足を運んでいる地域でもあります。
そんな鹿児島ですが、水道水というものについて注目をされたことはあるでしょうか。
恐らく、あまり注目をされない部分でもあるでしょう。
そこで今回は、鹿児島における水道水ならびに飲用利用などの水に関することについて考えていきたいと思います。

水道水の原水について

水道水として各家庭に供給がなされるためには「原水」が必要となります。
果たして鹿児島における水道水の原水はどこから来るのでしょうか。
一例として、鹿児島市を取り上げていきたいと思います。

鹿児島市の場合、甲突川・イナリ川・万之瀬側のようないわゆる「河川水」を水源としています。
その他に歯湧き水・主水・伏流水なども水源としているものがあります。

当然ながら、これら水源から取水した水は、それぞれの水源の質に応じた上水下処理を行っています。

水道水の安全性や水質について

先に処理を行っているというように記しましたが、もう少し詳しく見ておきましょう。

水道水の水質に関しましては、水道法に基づく水質基準に適合をしていないと水道水として供給が出来ません。
ですから、鹿児島におきましても当然水道水質基準の全51項目そのほかの項目も合わせた88項目にも及ぶ検査を行っています。
また、管理も厳重に行っていますので、安全性は十分なものがあるでしょう。

水質について詳しく知りたい。
そのような方は、各公式サイトにて報告や検査結果などを確認していただけますのでチェックをしていただくのも良いかと思います。

鹿児島の水の美味しさについて

安心して使用が出来る。
ということは「安心して飲み水として取り入れていただける」ともいうことが出来ます。
とはいえ、飲めるばかりではなくその「美味しさ」はどうなのでしょうか。

鹿児島における水道水は、厚生労働省の「おいしい水研究会」というものが示しているおいしい水の要件をほぼ満たしているのです。
ですので、美味しい水道水であるという事が言えるでしょう。

鹿児島の水道水並びの水源の質の良さをアピールするために、ペットボトルで水をリリースしています。
「冷水の水」は鶴丸城や城下町に供給していた水源の水をボトルにつめたものであり、この水源は今でも水道水として供給されています。

もう一つが「七窪の水」というもので、鹿児島の七窪水源地から採水されたものとなっています。
これは、厚生労働省の「近代水道百選」にも選出されたほど質の高いものとなっているのです。

販売ではなくイベントなどで配布されているものではありますが、実際に他都道府県の方々の感想としては「美味しい」というものが多くありました。
このことでもお分かりのように、鹿児島の水道水は美味しいという事が出来るのです。

暮らす方々と水道水との付き合い方について

十分に美味しく飲める水道水が供給されている。
ということもあり、実際に暮らしている方々におきましても水道水をそのまま飲み水として利用しているという方も多くいらっしゃいます。
ただ、口に含んだ時の美味しさというもののポイントとして「冷たさ」があります。
水道水の場合、どうしても夏場となると水温が高くなってしまいます。
ですので、水道水を冷やして飲むという方もまたいらっしゃいます。
さらには、よりおいしく飲むために処理過程で注入をする塩素臭を取り除いて飲用利用をしているという方もおいでのようです。

鹿児島でのお水屋さんについて

次にお水屋さんにも触れておきましょう。
お水屋さんとは、地域のミネラルウォーターの宅配販売を行っていたり、浄水システムなどを設置してくれるという業務を行っているところを指しています。
鹿児島にもいくつかの地域に存在しています。
ミネラルウォーターの宅配であれば、日常的にスーパーなどで購入はしているものの重たくて運ぶのが大変だなどという方にもスムーズに取り入れていただけるでしょう。
システムにおきましては、水道水を利用して美味しい水をつくるというものになりますので、コスパもよくさらには容量というものも気にすることなく利用ができるというのが特徴であり魅力ともいえるでしょう。

鹿児島の方々と飲み水のある暮らし

こうして飲み水の確保方法というものがいくつかあることが見えてきました。
とはいえ、やはり水道水では若干の抵抗を感じる。
という声があるのも確かです。

では、どのような形でそのような方々は飲み水を取り入れているのでしょうか。
近年、その需要の高まりを見せているのが「ウォーターサーバー」を設置するというものになります。
ウォーターサーバーにおきましては、全国的に認知度も高いものですのですぐにイメージが出来るのではないでしょうか。
鹿児島におきましても、家庭にウォータサーバーを置いているという方も増えているのです。

その理由としてはやはり「冷たい水をすぐに飲める」「お湯もすぐに利用ができる」「安全性が高い」「衛生的に安心できる」などといったものが多くあるようです。

鹿児島におけるウォーターサーバーのスタイルについて

では具体的にどのようなスタイルでウォータサーバーを取り入れているのでしょうか。

まずは宅配方式についてチェックしていきましょう。
人気となっているのは「ワンウェイ方式」になっています。
都心部などでも人気の方法となっており、実際にウォータサーバーメーカーはこのワンウェイ方式を採用しているというところも増えているようです。
宅配業者を利用して水を届け、飲み終わったボトルはそのまま各家庭にてゴミとして処分をしていただくものになります。
回収を待つリターナブル方式とは違い、ためておく必要がありませんのでゴミがかさばることがないというのが利点ともいえるでしょう。

水の種類に関しましては、全国的に人気の高い天然水の需要が大きいようです。
天然水におきましても、鹿児島産というものもありますがそのほかの水の名産地と呼ばれるような有名な天然水を利用したもの。
さらには、海外産の天然水などを取り扱っているところもあるのです。
何よりも自分の美味しいを目指してい選んでいただけるというのが魅力となっています。
種類がたくさんあって分からないという方のための試飲システムなどを導入しているメーカーもまた増えていますので取り入れやすくなっているかとも思います。

他の種類としては「RO水」というものがあります。
ペットや赤ちゃんのミルク作りなどにも使えるという事で知られているRO水ですが、もちろん飲用利用もしていただけます。
クセが全くありませんので、利便性も広いともいえるでしょう。
天然水と比較をするとその需要は少ないものの、一定数の需要があるものでもあるのです。

ウォータサーバーそのものにおきましては、床置きタイプが人気のようです。
使い勝手も良く、ボトルの量も大きいので水を家族単位で使用をしやすいなどという点が利点となっているでしょう。
サーバーそのものも今ではグッドデザイン賞を受賞するようなスタイリッシュなものもありますので、部屋の邪魔になる・浮いてしまうという事もなくなりつつあります。

一方、卓上タイプにつきましては一人暮らしの方に多い傾向があります。
男女比でみると、男性の方の利用が多いようです。
飲み水としてはもちろんですが、お酒を造るとき・お湯が出るのでインスタント食品などもすぐに作れるなどと言う生活により密着した利用方法をされている方も少なくないようです。

利用満足度や継続率について

こうしてウォータサーバーの需要が高い事がわかりましたが、利用をしてみた満足度というものについても確認しておきましょう。
「非常に満足している」という方は圧倒的なものとなっています。
ですので、そのまま継続的にサーバーを利用し続けているという方も多いのです。
サーバーそのものはレンタル料金がかからないなどというところも増えてきていますので、より利用がしやすくなっているのも継続率・満足率それぞれが高くなっているポイントかもしれません。

飲み水はウォータサーバーを。それ以外の水に関しては水道水をというスタイルをとる方も増えているというわけです。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査