美しい水源をもつ香川県での水道水と飲み水さらにはウォーターサーバーのある暮らしについて

うどん県と呼ばれることも多い香川県。
確かに、県を挙げてのPR活動をしてきましたので、そのような印象を抱いている方もいらっしゃるでしょう。
そればかりではなく、映画などの舞台・ロケ地となるほど風景が美しく自然も豊かな地域でもあるのです。
そんな香川における水道水について。
そして、飲み水利用からアプローチなど、香川と水に関してここでは深く見ていくことにしましょう。

香川での水道について

香川県における水道の多くは「吉野川」から原水を取水しています。
早明浦ダムで放流された元帥は、吉野川を下り池田だけに届きます。
そして、ダムの上流に設けられた香川用水取水口から水路を通り4つの浄水場に届くのです。

まず最初に原水の下誠実などを調べるために「着水井」というところでサンプリングをします。
そうして性質を知ったうえで、濁りなどを取り除くための薬品を加えて混和する「混和地」に運ばれます。
その後、元帥と薬品を混ぜて濁りの塊を大きくしていきます。これが「ブロック形成池」になります。
こうした大きな塊になったものを沈殿させる役割を担っているのが「沈殿池」です。
沈殿させた上澄みを水道水にというのではなく、香川の場合は急速ろ過地にて小さな婦人物などを砂の層でこしていくのです。
こうしてよりきれいな水を作ることが出来ます。
なお、この砂の層そのものが汚れてしまうのではないか?という点に関しましては、定期的に層の洗浄を行っているので衛生的には問題がありません。

こうして綺麗になった水は、塩素で消毒されて水道用水となります。そしてこの水道用水はポンプ井というところでためるのです。
こうして、そう水ポンプによって受水槽へ送られ浄水池でためられます。
その後、送水管路を経由して各地の受水槽へと運ばれ、蛇口から水道水として供給されていくのです。

検査に関しましては、水道法にのっとった形での検査の実施を行っており、浄水場におきましては管理室にと運転状況などさらなる安全性をいつでも確認できる状態にしているのです。

香川の水の質などについて

仕組みの現状について分かったところで、香川の水の質というものについて触れていきましょう。
美しいと言うイメージが強いかとも思いますが、以前はあまり美しいとは言える水質ではありませんでした。
このことから、飲用利用を避けたいとする声も多かったようです。
しかし、努力を重ね今では「美味しい水道水」を提供できるようになりました。
水質におきましても、安全性はもちろんですが「美味しく飲む」という事も出来る状態になったのです。

ペットボトル水道水もリリースされており、販売もしくは配布もなされています。
実際に飲まれた方におきましては「美味しい」という声も見受けられるのです。

香川の方々と水道水の飲用について

先にも触れたように、香川の方々は現在では水道水を飲用利用をしていることも多いでしょう。
そのまま蛇口をひねってコップに注いで飲むという方もいらっしゃいます。
ただやはり、消毒時の塩素臭が気になることから、カートリッジ式の浄水器を設置したり、沸騰させていわゆる「カルキ臭」というものを飛ばしてから飲用利用をするという方のほうが多いかもしれません。

こうして、香川の方々は飲み水として水道水を活用しているのです。

水道水に抵抗がある方も

とはいえ、やはり水道水を引用することに抵抗感を示すという場合もあります。
先のようなカートリッジ式の浄水器を設置することで解決するという声もありますが、お水屋さんなどでサーバータイプの浄水システムを導入することもあるでしょう。

お水屋さんでは、こうした浄水システムを提案しているというところもあります。
ミネラルウォーターを宅配してくれるというところも現存していますが、システム設置やレンタル業務をしている店舗・会社のほうが多くなりつつあります。

水道水を利用したものですので、水を購入するという事がありません。
何時でも必ず必要な量を飲み水として確保することが出来るというところから需要も十分にあるのです。
システムなどにおきましては、各メーカーごとで異なってはきますが水道水をミネラルウォーターのようにしてくれるのが大きな共通する特徴といえるでしょう。

ウォーターサーバーの存在について

皆さんはウォーターサーバーというものはご存知かと思います。
店舗などに設置がされているイメージも以前はありましたが、現在では各家庭でも設置をしているケースが多く見受けられています。
さて、香川におけるウォーターサーバーの需要や普及というものは拡大しています。
メーカーにおきましても、全国展開を行っているような大手のウォーターサーバーメーカーも香川で提供を行っていますのでより取り入れやすい環境も整っているのです。

実際に、ウォーターサーバーを設置しているという方・飲み水の利用方法としてウォーターサーバーを選んだという声もたくさんあるのです。

香川で人気のウォーターサーバースタイルについて

では、香川ではどのようなウォーターサーバーが人気となっているのでしょうか。

まず最初に宅配方式です。
宅配方式というものは2種類考えられます。
自社配送でボトルを回収するというリターナブル方式。
宅配業者に依頼をし宅配を行いボトルは各自で廃棄をするという使い捨てのワンウェイ方式。
それぞれの方式から選択できるメーカー・そうでないメーカーがあるでしょう。
香川において選ばれているのはバランスよく半分ずつという調査結果が出ています。

メーカーの選択幅が広いからという理由もあるかと思ますし、自分の好みの方法を選択しているもしくはどちらでも良いと考えている方がいらっしゃるのでしょう。

お水の種類は天然水を選択されている方が若干多いという傾向があります。
天然水は飲み水としても「美味しさ」を確保できるというところが大きな魅力でしょう。
美味しいお水を飲みたい。そうした理由からサーバーの設置を検討される方も少なくありません。
ですので理にかなった選択肢ともいえるでしょう。
天然水の種類ですが、産地から硬度さらには国内外のお水を取り扱っていてその中から好みのものを選ぶことが出来るようなシステム提供を行っているメーカーも存在しています。
美味しさにこだわりたい方にはぴったりのスタイルでしょう。

そして天然水と比較をすると若干利用者数は減るものの、それでも需要は十分にある「RO水」にも触れておきましょう。
これは、ピュアウォーターでミネラルなどを添加させているものもありますが、まったく成分が含まれていないというものもあります。
風味などがないので美味しくないのでは?と思われるでしょう。
たしかに、風味という点ではないかもしれませんが癖がないともとらえられます。
ですから飲みやすいという声も多いのです。
また、成分が含まれていないので赤ちゃんやペットでも安心して与えることが出来るという事から選択しているという声もあるのです。

サーバーにつきましては、容量が大きくそして飲み水利用をはじめ、料理やお米を砥ぐのにも使いたいという方にも対応できる床置きタイプが人気となっています。
タンクサイズはサーバーサイズによって異なってきますが、一般的なものですと20から30リットル(1ボトルあたり)となりますので十分に容量といえるでしょう。
ご家族単位での利用をしている方はこちらが最適ともいえるでしょう。

卓上タイプはサイズがコンパクトなために、容量というものも少なくなってしまいます。
しかし、1人暮らしの方などは十分にそれで満足できるということもありますので、1人暮らしの方への需要があるタイプでもあるのです。

ウォーターサーバーの利用と水道水の利用について

こうして、飲み水という形でウォーターサーバーを設置し、それ以外のお水は水道水を使用している。
という具合に、上手に使いわけをおこなっているという傾向が香川の方々にはあるといえるでしょう。
美味しい水道水の環境があるとはいえ、より安全性の高い・美味しいお水を飲みたいという方にとってウォーターサーバーは無くてはならない存在となりつつあるのです。
ペットボトルのように購入に足を運ぶという事もありませんので、手間もかかりにくいのです。

地方別ウォーターサーバー

四国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査