石川県の水道水事情から飲み水としての利用さらにはウォーターサーバー需要など水環境を考えてみよう

石川には金沢市を中心とし、さまざまな地域でそれぞれの発展を見せています。
自然が豊かな地域も多く、名産品もまた多い県でもあるでしょう。
そんな石川の「水道水」はどのような水質なのでしょうか。
実際に暮らす人々は水道水を飲用利用をしているのでしょうか。
また、飲用利用のための水というものについてどのように考え取り入れているのでしょうか。
今回は、こうした点を中心に見ていくことにしましょう。

石川の水道水事情について

まず、一例として金沢市の水道水を見ていきましょう。
金沢市では犀川ダムを水源とする、末浄水場。
内川ダムを水源とする、犀川浄水場。
手取川ダムを水源とする鶴来浄水場というところで水道水が作られています。
それぞれのダムから浄水場までは専用の水路を通って水のみが送られています。
末浄水場では、24時間体勢で水の流れをコンピューター制御管理を行っているのです。

安全性につきましては、水源ダム・浄水場さらには配水池・供給戦などそれぞれの部分において、水道法に基づいた水質検査を実施しています。
この検査結果はつねに石川の金沢市で公開がなされており、安全確認をどなたでもしていただけるという体制をとっているのです。

ダムの水質が悪化する可能性はやはり否めません。
ですので、それを取り除くのに薬品を注入しているのもまた事実です。
とはいえ、これは安全に水道水を各家庭に供給を行うために全国的に行っているものでもあります。
金沢では涵養林などの植樹をおこない、水源をうつくしく保つという努力もしているのです。
このことでお分かりかと思いますが、美しい水作りに対する意識が高いともいえるのです。

さらには、自然エネルギーを利用しているというところも注目をしたい点です。
水車発電機などで水を使って電気を作っており、この発電した電気は浄水場ですべて使われています。
何と35%近い電気量をこれで賄っているのです。
この取り組みは、二酸化炭素が出ませんので環境に優しくそして水にも優しいアプローチと考えられています。

石川の水道水の品質について

さて、石川の水道水がどのように作られアプローチがなされているのかが見えてきたところで、その水質や品質といったもについて見ていくことにしましょう。

石川の水質はですが、まずは硬度について確認しておきましょう。
全都道府県の中で硬度ランキングは27位となっています。
これは軟水傾向が強いという事が言えるのです。
軟水は、口当たりが軟らかで飲みやすいという事は皆さんもご存知の部分かと思います。
ですので、口に含んだ時に「美味しいな」と感じる要素ともいえるのです。

水質につきましても高い水準を誇っているともされており、水道水は十分に飲用利用できるということがいえるのです。
実際に、石川の方々の中で「水道水を飲用利用している」という方も少なくありません。

そんな石川の犀川の原水で製造された水道水は「金沢の水」としてペットボトルとして販売されています。
各浄水場でご購入いただけます。
淡白な風味で人気ともなっているのです。

こうして見ていくと、石川の水道水は十分に飲用利用できるレベルでありさらには「美味しい」と感じることが出来るという事もお分かりいただけるでしょう。
しかし、中にはやはり水道水の飲用利用は避けたいという声もあります。
どうしても殺菌処理のために必要な塩素の臭いが気になるという方もいらっしゃるのです。

石川のお水屋さんでの水の供給について

石川にはお水屋さんというものが存在しています。
これは、天然水やピュアウォーターを販売・宅配してくれるという業者・店舗になります。
実際にここから注文をして飲用利用としてのお水を確保しているという方々も多いのです。
さらには、金沢市の企業局でリリースされた水を扱っているという事もあり、地場の水として注目を集めています。

これは、地元の方のみならず通信販売などを展開している業者・店舗もあり、全国各地にいても石川のお水屋さんの美味しいお水を試していただけます。

定期的に宅配依頼をしているという石川の方々も多いのですが、その他のアプローチとしてはスーパーなどでミネラルウォーターを購入するなどという場合もあります。
手軽ですし、思い立ったらすぐに買いに行けるというのが魅力でしょう。
ただ、地域によっては距離的な問題が出てきてしまったりさらには、購入する量によっては重たくて運ぶのが大変だ・子供を連れて買い物に出ることが難しい。
などという声もあります。
さらには、ペットボトル購入ですと、どうしてもゴミの問題が出てきてしまいますので「ゴミがたまってしまう」などというネガティブなポイントもあるようです。

石川とウォーターサーバーについて

では、先のような方々はどのように飲用利用のお水を確保しているのでしょうか。
それが「ウォーターサーバー」の利用なのです。
今では、多くの方々が家庭にウォーターサーバーを全国的に見ても設置をするようになりました。
身近な存在ともなったこのウォーターサーバーは、石川の方々にとっても飲用利用として大きな需要があるのです。

全国展開を行っているウォーターサーバーメーカーでしたら、地域を問わずに宅配をしてくれますので安定的にそして自分自身のサイクルで宅配を行ってくれますので利用しやすいという利点もあるのです。

石川で暮らす人々とウォーターサーバーとのかかわり方

では、石川の方々はどのような形でウォーターサーバーを利用しているのでしょうか。

方式につきましては、自社配送網を使用して水を宅配しボトル回収を行うリターナブル方式。
それと、宅配会社を利用し水を宅配しボトルは自らが処理を行うというワンウェイ方式。
若干ワンウェイ方式が多いものの、ほぼ半々といっても良い割合で利用されています。

お水の種類に関しましては、少し天然水利用が多いのですが大差なくRO水を頼んでいるという傾向もあります。
天然水は石川の水ばかりではなく、各地の天然水を楽しんでいただけますので、風味や好みに合わせたものが選択できるのが大きな魅力といえるでしょう。
一方、RO水は癖が全くなく赤ちゃんなどにも利用ができるという点が魅力となっています。
中には、ミネラル成分やビタミンなどを添加したものもありますので、美容目的などで利用をしつつ飲用しているという方もおいでのようです。

サーバーですが、床置きタイプのほうが人気となっています。
約9割近い方が床置きタイプを選ばれているのです。
卓上タイプよりもボトルそのものの容量が大きいことから、気にすることなくお水を飲む・利用することが出来るというところがその理由となっています。

実際にウォーターサーバーを利用した反応について

水道水も十分に美味しいといわれていますが、やはり温度が夏場ですとぬるくなってしまいます。
そしてぬるくなれば美味しさも感じにくくなってしまいます。
その点、ウォーターサーバーはいつでも冷たいお水を飲むことが出来ますし、安全性という部分でも確保しやすくまた衛生的であるということから非常に良好な反応が多く見受けられます。

また、今のウォーターサーバーの大半が水ばかりではなく熱湯が出るというタイプとなっていますので「お湯を沸かす手間がなくなった」などとより快適な環境になったという声もあるのです。
お子様がいるご家庭ですと、熱湯が出来ると危険なのでは?と思われるかもしれません。
しかし、各メーカーにおいてこれら対策はしっかりとなされており「チャイルドロック」システムなどがサーバーに設置されているのです。
これもまた、快適な利用につながっているのでしょう。

満足度などについて確認してみよう

先の事柄でお分かりかと思いますが、石川でウォーターサーバーを利用している方も満足度というものは非常に高い傾向がありました。
と、同時にこれからも使い続けていくという声も多いのです。
水道水の品質が高くても、やはり飲用利用となると抵抗感を抱く方も多いので、絶対的な安心感があるウォーターサーバーは満足度も高くなるのかもしれません。
また、活用方法が幅広いというのも満足度の高さの理由となっているのでしょう。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査