茨城県の人々と自治体の水に対する意識の高さとウォーターサーバーの選び方を見ると参考にできる部分がたくさんある

海や水源が豊かと言うイメージが強い茨城。
茨城では、水道水に対する取り組みを積極的に行っています。
県においてもこうしたPR活動もわかりやすい形で展開をしているのです。
そんな茨城県での水とのかかわり方やウォーターサーバー・ミネラルウォーターなどといった飲用利用などについても合わせて見ていくことにしましょう。

高度浄水処理を行っている

茨城県では、一般的な重水処理では十分に対応できないものを処理するために、追加して高度浄水処理を実施しているのです。
対応できないものとは「臭気物質」「トリハロメタン」「陰イオン界面活性剤」「アンモニア態窒素」などが代表的なものでしょう。

高度浄水処理の方法は「オゾン処理法」「活性炭処理法及び整理処理方法」などがあり、これらを組み合わせて美味しい水を作ることもあります。

とはいえ、こうした処理を行い安心で飲用としても利用ができる水道水を供給しているとはいえ、実際に利用する人々の目に触れることではないのでピンとこないという声があったのも事実です。
そこで茨城県企業局では、水道水に対する理解促進などを目的として、浄水場見学を積極的に受け入れたり、各小学校にて教室を開いたりと活動を行っているのです。

またこれは茨城ばかりではなく訪れる県外の方や各種イベント目的のために「水道水ペットボトル」というものを製作しています。
「鹿行の水」と「いばらぎのおいしい水」という2種類が展開されており、非売品ではありますが先のようなタイミングで配布をしているのです。

こうして見ていくと、茨城では水道水に対する取り組みというものに対して非常に意欲的であるという事がお分かりいただけるのではないでしょうか。

茨城の水道水の飲用利用について

さて、このような取り組みがなされている水道水ですが飲用として利用をすることは可能なのでしょうか。
茨城の水は美味しく飲んでいただけます。
水道水を飲んだから何かしらの健康的被害が出るなどという事はまずないでしょう。
厳しい検査基準をクリアしさらにこれら検査は定期的に実施がなされています。
ですから、安定的に安心できるお水が蛇口から出てくるというわけです。

安全な処理を行っているわけですから、いわゆる無味無臭ではありません。
若干、塩素の臭いがすることもあるでしょう。
一度、沸騰をさせること。
数滴レモン汁を入れることなどを取り入れていただくと、さらに美味しく飲用利用していただけるでしょう。

とはいえ、小さなお子様がいるというご家庭であったり「美味しさ」という点を最優先してお水を取り入れたいという方はまた別の方法で飲用水を確保しているようです。

最も手軽な飲用水の確保方法

茨城において、最も手軽な飲用水の確保方法。
それが「ミネラルウォーター」の存在です。
コンビニエンスストアやスーパーなどで売られていますので手軽ですし、飲みたいタイミングで購入をしていただくことも可能でしょう。
また、家庭用に2リットルペットをいくつか購入しているという方も増えています。

防災意識というものが高まっている現在の日本。
だからこそ、日々の飲用水としてばかりではなく万が一の際の備えとして用意されているという家庭もあるようです。

手軽でペットボトルであれば消費期限も長いので取り置いておくことも可能なので利便性も高いといえるでしょう。

ただし、飲用利用をするとなると継続的に購入をするという事になります。
そうなると、買いに行くのが面倒だ。
買いに行っても重たいので大変だ。
などという声があるのも事実です。

お水屋さんやウォーターサーバーの存在について

では、ミネラルウォーターの購入の手間やネガティブな要素を感じている方々は果たしてどのように飲用水を取り入れているのでしょうか。
それは「お水屋さん」と呼ばれるものや「ウォーターサーバー」という価値になります。

お水屋さんとは以前は、水だけを販売する業者出会ったことが多いようです。
現在ではほかの設備工事やお酒・飲料と同時にお水の取り扱いをしているというところが大半のようです。
どちらかというと、地域密着型のお水屋さん。
お水の種類も限定的であったり、ペットボトル(容量)が選べないなどという事もあったようですが、今ではそれらも解消されつつあることが大半です。

お水の種類も数種類取り揃えていたり、容量におきましても500ミリリットルという持ち歩きに便利なサイズから2リットルまであるでしょう。
また、お水屋さんがウォーターサーバーを貸し出してくれてボトルを宅配そして空いたものは回収をしてくれるなどというところも増えています。

ウォーターサーバーメーカー利用について

お水屋さんについて見ていきましたが、次にウォーターサーバーメーカーについて見ていきましょう。
広告などで見かけたという方もいらっしゃるでしょうし、今では大手のスーパーなどで店頭実演を行っているという事もあるでしょう。

茨城におきましても、こうしたウォーターサーバーメーカーは参入しています。
大手と呼ばれる全国展開をしているところから関東地方を中心に展開をしているメーカーなど利用者にとっては選びやすい環境が用意されていることと思います。
特に、スーパーなどで店頭実演を行っているのであれば、各種類のお水を試飲することが出来るという場合もありますので、実際に口に含んだうえで検討をしていただけることでしょう。
また、そのよう機会がないという場合においてもお試し期間を設けているというメーカーもありますのでそれらをまずは取り入れて契約をしたという方も多いようです。

茨城でのウォーターサーバー事情について

さて、茨城でのウォーターサーバー事情についてもう少し深く見ていくことにしましょう。
一般的なイメージとしては「リターナブル方式」と言って空いたボトルに関してはメーカーの人が引き取ってくれて代わりに新しいものを運んでくれる。
そのようなものがあるかもしれません。
しかし、茨城での需要は「ワンウェイ方式」という使い捨てボトルタイプのものが人気となっています。

空いたペットボトルは自らゴミとして処理をする必要はありますが、回収するという手間がかからないので忙しい方にもピッタリでしょう。
都心部に仕事に言っているからなかなか回収のタイミングがないという声も一定数いるという事もまたこのワンウェイ方式の人気の高さに繋がっているのかもしれません。

人気の水の種類について

では、茨城で飲用として利用されているウォーターサーバーの「水の種類」にも着目をしてみることにしましょう。
まず大きな支持を得ているのが「天然水」です。
ミネラル成分が含まれていて、何と言っても飲み心地が良く「美味しい」と感じることが出来るといわれている天然水。
全国的にも人気の高い種類なのですが、茨城でも男女通して人気の高い種類となっています。
次いで人気なのがRO水です。
いわゆる純水と呼ばれるもので、ろ過をした水になります。ピュアウォーターなどであれば赤ちゃんの粉ミルク作りに・ペット用の飲用水にも取り入れることが出来るというのもまた人気の理由となっているのでしょう。

その他に飲用するにあたって「ダイエット」「健康」というものを意識した方々が取り入れる硬水やその他各メーカーが展開している水というものが人気となっているようです。

戸建て住宅が多い特徴が見える

ウォーターサーバーも今では多くの種類がありますが、ある程度の容量を使うという方はもちろん、茨城は戸建て住宅が多いという背景もあり、圧倒的に「床置きタイプ」のものが人気となっています。
そして、利用に対する満足度も非常に高くそして継続をしている方も多いのです。

こうして背景を見ていくと、茨城の方は水に対する意識が高くそしてよりおいしい水をと考えている方も多いという事が見えてくるのではないでしょうか。
飲用水としてウォーターサーバーを選んだ方々の声も、美味しいから・日常的に使うから・離乳食や幼児食に利用をするからなどという声も多く見受けられました。
飲用はもちろんなのですが、その他にも飲用で大満足できるレベルの水を使用したいという気持ちがあるという事も見えてくるでしょう。

地方別ウォーターサーバー

関東地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査