兵庫県での水環境からみるウォーターサーバーの需要や人気について確認してみよう

皆さんは兵庫に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。
恐らく、港町であったり六甲山さらには西洋文化などといったものがあるのではないでしょうか。
水においても綺麗というものがあるかと思います。
では、兵庫における水道水場どのような環境にあるのでしょうか。
そして、実際に暮らしている方々は水道水を飲用利用しているのかどうかさらには飲用水としてほかに利用の形を取り入れているのかなどを見ていくことにしたいと思います。

兵庫と水道水について

例えば、兵庫県の神戸市ですが水道水の4分の3は兵庫県のものではない。という事をご存知でしょうか。
どこから水道水が来ているのかという点についてですが、琵琶湖や淀川から作られているものなのです。
意外だと思われる方も少なくないことでしょう。

確かに以前におきましては、水があまりおいしくないともされていた時期がありました。
しかしそれを改善する努力も県をあげてなされてきたのです。
具体的に言えば、平成5年より淀語和の水は「高度浄水処理」というものが段階的に実施されるようになりました。
そして平成13年には全ての水が硬度上位処理されるようになったのです。
こうした努力もあり、水質は良くなったといわれているのです。

さて、この高度浄水処理では一般的な処理方法に「追加」される処理方法というものがあります。
それはオゾン発生器にて汚れを分解し活性炭がニオイの素となる物質を取り除きます。
その後、ろ過をし消毒をして各家庭の水道水として供給されているのです。

兵庫の水道水と水質について

こうして見ていくと、その安全性は確保されているという事がお分かりいただけるかと思います。
しかし「水質」についてはどうなのだろうという声もあることでしょう。
水質ですが、厳しい水質検査を実施しています。
水道法のっとった形さらには追加項目検査も含め、何と200以上の項目にも及ぶ検査を実施しているのです。
さらには、水質自動監視装置で24時間監視体制をひいており、常に水の安全性そして品質というものを守っているのです。

これは検査ばかりではなく貯水池におきましても積極的にアプローチがなされています。
例えば、千苅貯水池では、積極的に地域住民の方々も参加をし、周りの清掃活動・山々を守る活動をしているのです。
さらには、上流にある川の水質もしっかりと監視を行い、流れゆく水が安全かどうかも確認しているのです。

兵庫の水道水の飲用利用について

さて、その実の管理体制や取り組みというものがお分かりいただけたところで「飲用利用」という点に着目をしていきたいと思います。
先のも触れたように、昔はあまりおいしくないともされていた水道水ですが、今では十分な美味しさを誇っています。
ですので、飲用利用というものもしていただけるというばかりではなく「美味しく飲める」という状態になっています。
実際に、飲用利用をしているという方も多く、飲んでも何ら違和感ないという声も寄せられています。

ただ、季節によって水温というものが変わってしまうのもまた水道水の特徴です。
温かくなってしまうと美味しさがあまり感じられなくなったり、消毒殺菌される際の塩素の臭いがより強く感じられてしまう。
そのようなこともあるでしょう。
こうした場合には、水を十分に冷蔵庫などで冷やして飲んでいただくこと。
沸騰をさせて冷まし湯にして飲んでいただくことなどで美味しく召し上がっていただけます。
ニオイも感じることはないでしょう。
代わりに、こうした取り置いた水道水は早目に召し上がっていただくことが推奨されています。
できれば、その日のうちに飲み切っていただくことが望ましいでしょう。

兵庫県と飲用利用の水との付き合い方によついて

このように、水道水を飲用利用するという方も多いのですがどうしても水道水は飲みたいと思えない。
そのような方がいらっしゃるのも事実です。
これは、兵庫のみならずとも多くの都道府県で見受けられることともいえるでしょう。

こうした場合、ミネラルウォーターを購入して水が飲みたいときにはそれを飲用利用しているという方もいらっしゃいます。
しかし、ご家族全員で・毎日ある程度の量を飲んでいるという場合には、都度購入するのは手間に感じたり追いつかないという事も出てきます。
そんな時に利用をするのがお水屋さんの存在です。

現在では、お水を専門として販売・サーバーレンタルを行っているというよりも地酒やそのほかの業務と並行して携わっているという事が多いようです。
地域に密着しているので対応も早く、そして長く付き合いやすいなどという声もあるようです。
ただ、区域が指定されていることもありますので、それ以外の方はまた別のアプローチで飲用水を取り入れているようです。

兵庫におけるウォーターサーバー需要について

さて、お水屋さんなどの存在にも触れていきましたが、「ウォーターサーバー」についても触れておきましょう。
皆さんもご存知かと思いますが、いつでもお水を飲むことが出来るウォーターサーバー。
兵庫における需要も拡大しています。
実際に、家庭においているという方も多いようです。

ウォーターサーバーを実際に利用をしているという方の方式ですが、兵庫ではリターナブル方式・ワンウェイ方式それぞれが半々の割合で利用をされていることが見えてきます。
ボトルを回収するので自ら捨てる必要がないリターナブル方式。
捨てる必要はあるものの回収のスケジュールを立てる必要がないワンウェイ方式。
それぞれがどちらに魅力を感じるかによって選択されているのが見受けられます。
男女比という点でスト、男性のほうが若干リターナブル方式が多いという傾向があるようです。

飲用利用として設置をするものですから、やはり注目しておきたいのがお水についてです。
どのような水を飲んでいるのか。という点ですが、6割近い方が「天然水」を選ばれているようです。
美味しさ重視の天然水を選ぶという方はまさしく、飲用目的が第一だということともいえるでしょう。
天然水を選ばれる方が多いという印象があるかもしれませんが、RO水の需要も4割近くありますので、バランスよく需要があるというのもまた、兵庫における特徴かもしれません。
RO水は、利用範囲が広く赤ちゃんにも使えるというところで人気となっています。
天然水のような味わいというものはどうしても少なくなってしまいますが、だからこそ美味しいと感じるという方もまたいらっしゃるのです。

サーバータイプですが、こちらも半々の割合で床置きタイプ・卓上タイプが人気となっています。
多くのケースは床置きタイプに対する需要の高さがあるのですが、兵庫では半々の割合なのです。
家族単位での利用さらには一人暮らしの方でもウォーターサーバーを設置しているという事の表れかもしれません。
家族や家庭を持った時点でウォーターサーバーの設置を検討される方が全国的には多いのですが、兵庫においては一人暮らしの利用率も高く、それは「水に対する意識が高い」という事も言えるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーを選ぶのはなぜなのか

なぜウォーターサーバーという形で飲み水を確保しているのか。
その理由は、サーバーだからこそ実現できるものが魅力となり選んだという声が多いようです。
例えば、冷たい水をすぐ飲める。
お湯を沸かすことなくすぐに使える。
飲み水ばかりではなくあらゆるものに量を気にすることなく使用ができる。
安全で衛生的だから子供にも与えやすい。
ボトル保存期間が長いので、備蓄水としても便利だ。
など言う声が多くあるようです。

こうした理由でウォーターサーバーを選び、実際に利用をしてみるとやはり、先のようなポイントが良かったという声もあるのです。
きっかけと利用における感想がイコールである。ということは、それだけ満足度が高いという事にもつながってくるでしょう。
実際に、継続的に利用をしてるという方も多いのでその満足度は十分なものがあるようです。

さまざまな水との付き合い方や飲用水利用方法というものがありますが、機能性なども考えたうえでウォーターサーバーを選ぶという声が兵庫にはある事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

地方別ウォーターサーバー

近畿地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査