北海道の水事情や生活事情を知るとさらにウォーターサーバーの魅力が見えてくる

北海道というと「大自然」と言うイメージがあるかと思います。
そんなイメージもあり、飲み水なども美味しいのでは?という声も少なくないようです。
ではここで北海道のでの水の現状というものはどのようなものになっているのでしょうか。
多角的に見ていくことにしましょう。

北海道の水道事情について

北海道において「水道から出てくる蛇口の水でさえも美味しい」というものがあります。
とはいえ、北海道と言っても地域が広いので全ての地域という事はできません。

美味しいという事でいえば、羊蹄山周辺・摩周湖・支笏湖・大雪山から大沼などと言ったいわゆる「美味しい水」の地域では蛇口から出てくる水があっても高度が比較的に低く飲みやすいとされています。
服の降雪の影響で水量も豊富だという背景もあって、水道水においても品質が良いといわれているのです。

北海道の水の個性について

例えば、市販されているミネラルウォーターの中には北海道ブランド・名のついたものというものもいくつかあります。
水質が良いとされている北海道のお水は音光らる成分が豊富だともいわれているのです。
ただ、こうした部分において蛇口からの水に期待をすることが難しいというのが現状といえるでしょう。

その理由についてですが、家庭の蛇口から出てくる水に関しては、やはり美味しい地域といわれている北海道であっても人体に影響が出ないように処理・消毒をされています。
当然ながら、人体に影響が出ないような処理・消毒方法ではありますが、お水そのものの風味というものは損なわれてしまいます。

湧き水の存在について

次に湧き水についても触れておきましょう。
観光客ばかりではなく、土地に暮らす人たちの中にも湧き水を汲んで利用をされている方も少なからずいらっしゃいます。
自然そのままの形のお水ですし、先にも触れたように水の名産地と言っても過言ではない北海道ですから「こんなに恵まれた水環境があるものなのか」とも思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

全ての湧き水についてではないのですが、中には自治体で水質検査を行っていないために「飲用利用を禁止」としているものや、飲用可能としているものであってもやはり安全性を確認しできれば熱処理などの手間をかけたうえでの利用を推進しています。
そればかりではなく、指定された場所以外となると、キタキツネが多い北海道でもあることから「エキノコックス」に感染している可能性さえあるのです。
また、今ではマナーといった問題も考えられるようになり、湧き水も制限や有料となっているところも増えているのです。

北海道とミネラルウォーターについて

さて、蛇口から出てくる水や湧き水というところに焦点を当てていきました。
比較的に水道水の品質が良いという事がお分かりいただけたかと思います。
では、ミネラルウォーターの需要というものについても触れておきましょう。

当然ではありますが、北海道にもミネラルウォーターはあらゆるところに販売がなされています。
ですので、都心部と変わりないものを目にしていただけるでしょう。
中には土地限定のミネラルウォーターなども販売されています。

肝心な需要についてですが、低いと思われがちではありますが「高い」のです。
意外に水を買うという方も少なくありません。
この点におきましても、都心部と何ら大差がないと言っても良いかと思います。

ウォーターサーバーの需要について

日常的にいつでも美味しく安全な水が近くにある。
そんなウォーターサーバーですが、北海道の普及率などについて考えてみることにしましょう。

メーカーによって異なってはきますが、宅配・サーバー設置の対象範囲内に北海道が含まれているメーカーは数多く存在しています。
中心部ではなくてもウォーターサーバーを利用することが出来るようにもなっています。

個人宅ばかりではなく、繁華街や観光地が多い北海道。
店舗などに設置をしているというところもあるようです。
また、道の駅などの設置率も高く実際に見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

こうして見ていくと、ウォーターサーバーの需要や普及率が高いという事がお分かりいただけるかと思います。

なぜウォーターサーバーを利用するのかについて

まず地域関係なく声の多いものが「すぐに美味しく冷たい水を飲むことが出来る」というものです。
美味しいばかりではなく安全性が高いことから、お子様のいるご家庭などではウォーターサーバーを導入するというところも北海道では少なくありません。
また、冬は厳しい寒さの北海道。
地域によっては水道が出なくなってしまうなどということもあるようです。
それを防止するために、24時間にわたって蛇口から水を少しずつ出し続けているなどという事を耳にされた方もおいでではないでしょうか。
こうした点からも「いざという時に使用がしやすい」「お湯としてもすぐに利用できる」などと言うのも北海道に暮らす方々のウォーターサーバーに対する魅力の1つとなっているようです。

人気のウォーターサーバーとは

人気となると、男女ともに「床置タイプ」が人気となっています。
タンクそのものの容量も大きいので、気にすることなく利用がしやすいですし、またストックのものに関してはいざという時の非常水にするという声もあります。
次いで、個人宅や狭い場所でも起きやすい「卓上タイプ」が人気となっています。

水のタイプについても人気のものをチェックしていきましょう。
北海道で最も人気がある水は「Ro水」と呼ばれるものです。
これは、水道水や湧き水をろ過したお水となります。
そのままの状態のピュアウォーターは赤ちゃんやペットにも安心して利用ができる・汎用性が高いという事が人気の理由になっているのでしょう。
中には、ミネラルなどをプラスしたものもあります。

次いで人気となっているのが天然水です。
地場のものからそうでないものまでさまざまあり、個々に合わせたものが利用できるという魅力がある天然水。
天然とは書かれていますがもちろん殺菌処理をしていますので先のような危険性というものはなく利用をしていただけるのです。

使用をした北海道の方々の声

実際にウォーターサーバーを使用した方々の声ですが、非常に満足度が高いというところも抑えておきたいポイントといえるでしょう。
今ではウォーターサーバーのサービス体制も利用者視点で整えられています。
例えば、一定期間利用をするとレンタル料金が無料になること。
自分のペースに合わせやすいように水の配達を一時ストップができること。
お部屋の雰囲気を壊さないようなデザイン性が優れたサーバーがあること。
それらも「使用をしてよかった」と感じる点になっています。
もちろん、水道水よりも安全に利用ができた・すぐにいつでも美味しく安心できる水が飲めるので改めて便利だなどという声も非常に多く見受けられます。

全国展開を行っていて選択肢が広いメーカーが人気

ウォーターサーバーにも様々なメーカーが存在していますが、対象範囲が広くさらにはお水の展開も広いという全国展開を行っているようなメーカーが安定的に人気がある。
それが北海道エリアの特徴と言っても良いでしょう。

人気となっているRo水と天然水さらにはほかの種類などからお好みのものをチョイスできたり、いくつかの種類を選択可能としているなどというところもあります。
以前はネガティブな要因として「電気代」の問題があるとの声も上がっていたようです。
特に冬場では北海道に暮らす人々は電気代などが高くなりやすいともいわれていますので余計に気になるポイントとなりうるのでしょう。
ただ今では、ウォーターサーバーも省エネタイプ・電気代節約タイプなどもリリースされていますので、より一層満足度というものは高くなってきており、ペットボトルを車で買いにいくよりも圧倒的に経済的だったという声もあるのです。

地域によっては水を買いに行くのも車である程度の時間をかけてという方もいらっしゃる北海道。
だからこそ、宅配してくれるというのは大きな魅力ともなるのです。
ゴミもたまらず生活そのものの環境も快適に整えていただけるのです。

地方別ウォーターサーバー

北海道・東北地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査