美しい原水を持つ広島県における水道水の現状やウォーターサーバーを選ぶ人たちについて

広島といえば、歴史を学ぶ際になくてはならない場所ともいえるでしょう。
足を運んだことがないという方であってもその知識はあるかとも思います。
広島では、水の環境も良いとされています。とはいえ、こちらに関しては漠然とした知識ではないでしょうか。
そこでここでは、広島における水道水に対する取り組みから、住民の方々はどのような形で飲み水を取り入れているのかなどについて見ていくことにしましょう。

広島の水道水について

広島の水道水についてですが、広島市を例に取り上げてみてるとその大半が「太田川」からきています。
太田川とは、西中国山地国定公園の冠山に源があります。
そして103キロという距離を経て瀬戸内海に流れていきます。
その流域面積は1710キロメートルともいわれています。

太田川の水は、花崗岩に磨かれた美しい水で水質も非常に優れているといわれています。
これは都市化が進んでいるともされている中流域でも同様のことが言われているのです。
実際に環境省から「名水百選」にも選定されるほど美しい水を有しているのです。

さて、そんな広島での取水方法ですが1つめが「急速ろ過方式」です。
原水の濁りなどを素早く取り除くために、凝集剤というものを注入します。
そして濁りなどを「大きな塊」にして沈ませるのです。
その後、上澄みの綺麗な水を鶏ろ過つで砂利層に通してさらにキレイにします。

源流の濁りが高い場合にも最適の方法ともされており、大量の水を処理できるというところから多くの地域がこの方式を採用しているのです。

もう1つが「緩速ろ過方式」と呼ばれるものになります。
先の急速ろ過方式とは逆で、元帥の流れを緩やかにし濁りなどを自然に沈ませていきます。
その後、ろ過地でさらに美しい水にするのですが、この砂層表面にいる微生物の分解作用によって浄化をさせていくのです。
大量に水を作れない・時間がある程度かかってしまうという点があるものの、自然の分解作用を用いているので環境にもそして水質にも良いされているのです。

太田川の水源を利用して水道水が作られている広島ですが、これを水道水ペットボトルとして提供もされているのです。
それが「飲んでみんさい!広島の水」というものになります。
水道局庁舎や営業所にてご購入いただけます。

広島の水道水は美味しいのか

広島の水は美味しいのか。という疑問点につきましては「美味しい」という事が出来るでしょう。
実際に水道水を飲み水として利用している方も多いのです。
家庭で飲み水として利用するばかりではなく、外出時にも水筒に入れて持ち歩いているという方もいらっしゃるほどなのです。

公式ではさらに水道水を美味しく飲むポイントを紹介しています。
第一に「冷蔵庫で冷やすこと」
次に「レモン汁を数滴落とすこと」
時間があれば「沸騰をさせてから冷やすこと」などが推奨されています。
いずれの方法につきましても、蛇口から容器に入れた状態での保管となりますので長期保存は不向きとなっています。

水道水を美味しく飲めるという事がお分かりいただけたでしょうか。
しかし、中にはやはり水道水を飲まないという方もいらっしゃいます。

安心できる飲み水の確保について

では水道水を飲まないという広島の方々は、どのような形で飲み水を確保しているのでしょうか。

まず最初に「お水屋さん」について触れておきましょう。
お水屋さんとは、浄水器の設置などを行っている業者になります。
水専門としているのではなく、他の業務の中の1つとして行っていることが多いようです。
浄水器ですから、水道水を上手に活用して美味しく飲める・安心できる状態にするということが可能ですので、コスパも良いですし、多くの方が便利だという印象を抱いているようです。

こうしたお水屋さんを活用している方も少なくありませんが、浄水器の設置ですから当然ながら先に触れた通り「水道水を利用する」というものになります。
それでもなお、水道水だからという部分に抵抗感を抱く方もいらっしゃいます。

水道水以外の飲み水の確保方法について

上記以外の方法でどのように飲み水を確保しているのか。
こうした点についてここでは考えていきたいと思います。

多くの方が想像されるのが「ミネラルウォーターを購入する」というものではないでしょうか。
どこでも購入も出来ますので手軽でしょう。
ただ、買いに行く手間というものがかかってしまいますし、量が必要だという場合には重たくなってしまうという事が難点のようです。

そこで、需要の1つとして存在しているものが「ウォーターサーバー」です。

広島でのウォーターサーバー事情について

広島において、ウォーターサーバーを設置するという方も増えています。
特に若年層の方々への需要が高まっているようなのです。
やはり、水に対する安全性やよりおいしく飲みたいという意識が高くなりつつあるのかもしれません。
この要素に関しましては、広島のみならず日本全国でこうした意識の高まりというものがあるようです。

広島で人気のウォーターサーバーとは

広島で人気のウォーターサーバーとはどのようなものなのでしょうか。

まずは方式はリターナブル方式・ワンウェイ方式それぞれが半分ずつ需要があるという結果があります。
ですので、どちらが人気だといは言えないのです。
ボトル回収の手間はあるものの、ごみが出なくて結果として経済的だという声のあるリターナブル方式。
ごみをためる必要が無いという声のあるワンウェイ方式。
それぞれが「より心地よい環境」を考えて選択されているようです。

水に種類につきましても、天然水・RO水それぞれが半々の割合で需要があるようです。
天然水といっても様々て、加熱・非加熱・殺菌処理済みのものなどがありますので好みに合わせて選択をしてた抱くのが良いでしょう。
いずれにおいても「天然」ですのでミネラル成分が十分に含まれていますので美味しくそして健康的に飲み水利用をしたいという方にも需要が大きいようなのです。

RO水は「RO膜」というものでろ過した水になります。ミネラルを添加したものやそうでないものもあります。
ですので、選択肢というものもあるわけです。
無添加のものに関しましては、ペットなどにもそのまま飲用利用してお役立ていただけます。
また赤ちゃんの粉ミルクなどにも使えるということによって、ご家族単位で飲み水確保をという方にも良いでしょう。

そしてサーバーですが、7割以上の方が「床置きタイプ」を選択されています。
場所をとるというネガティブなイメージもあるようではありますが、それでも卓上型と比較をすると圧倒的な需要を見せているのです。
場所は取るものの、デザイン性に優れたものもありますし以前と比較をするとずいぶんとスリムになった床置きタイプ。
逸れもまた人気の背景になっているのかもしれません。
卓上タイプは小型であるという事で選ばれる方もいらっしゃるようです。
容量は小さくなるものの、1人暮らしの方や、水として純粋に飲用利用しかしないという方においては賄いきれる容量ともなっているでしょう。

ウォーターサーバー利用のポイントについて

きれいな水源をもっていてさらには安全性の高い水道水がある広島。
それでもなぜウォーターサーバーを選ぶのでしょうか。

男女年齢関係なく「冷たい・温かいお水やお湯がすぐに飲める」というものが第一の理由でありきっかけとなっているようです。
これはウォーターサーバーの持つ大きな特徴ともいえるかと思います。
また、小さなお子様がいらっしゃるご家庭などは特に「安全な水」「安心できる水「離乳食作りにも使用をしたいから」などという理由もあるようでした。
子育て中の保護者の方々はやはり、安全性を第一優先にしているのでしょう。

ウォーターサーバーの満足度について

実際に利用をされた方の満足度は8割近い方が満足しているのが広島でのウォーターサーバーの現状のようです。
こうして見ていくと、非常に高い満足度であるという事が見えてくるのではないでしょうか。

電気代などの問題を考える方も一方ではいらっしゃるようですが、省エネで負担がないタイプなどもありますので自身のスタイルに合わせて選んでいただくことをお勧めしたいと思います。
今ではお試しシステムなどを導入しているメーカーも多いのでそれらをまずは活用してみるのもおすすめです。

地方別ウォーターサーバー

中国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査