長良川水源の岐阜県での水道水や飲用水事情とウォーターサーバーの普及に注目してみよう

岐阜というと川や滝かあることから、自然豊かで農産物なども美味しい地域と言うイメージがあるのではないでしょうか。
あまり岐阜において「水」という点に着目をされる方はそう多く無いかもしれませんが、岐阜での水道水事情から暮らす人々と水とのかかわり方などを知ると、さらに深い理解を得ていただけることでしょう。
そこで、今回はそんな岐阜での水との暮らしを見ていくことにしましょう。

岐阜での水源などについて

やはり水道水について触れる際に気になるのが「水源」でしょう。
ここでは、岐阜市を一例に掲げて見ていきます。

岐阜市の水道水源は伏流水と地下水になるのですが、その大半が長良川によってもたらされているのです。
この長良川ですが、昭和60年には環境庁によってその水質が認められ都道府県にの中の名水百選にも選定されるほど美しい川とされています。
とはいえ、美しいからそのまま水道水になるというわけではありません。

水道水は、定期的に水質検査が実施されています。
色・濁りがあるかどうか、残留塩素の量などの項目に関しては「毎日」じっしされていますし、水道法で制定された水質基準の51項目の内11項目については「毎月1回」行われ、塩素消毒などを施す際に発生する可能性がある物質13項目の検査には「3カ月に一度」のペースで゛行われているのです。
ですので、安全な形で各家庭の水道水に供給されるようなシステムが敷かれているというわけです。

先にも触れたように、長良川などの伏流水や地下水ですが、地下水が汚染されたなどと言う事故も過去にはありました。
だからこそ、これらの水質検査を定期的さらには厳しく水質をチェックすることによりさらに高い安全性を確保しているのです。

こうした項目につきましては、その都度公式サイトにて発表がなされています。

岐阜の水道水を飲用利用できるのかについて

さて、そんな岐阜での水道水を飲用利用できるのかという点ですが、公式サイトを確認してみると「飲用利用は可能」であるとしています。
水道水ペットボトルなどは今では全国各地で配布もしくは販売されるようになりましたが、岐阜の水道水は「美味しい」としても有名であり人気ともなっているのです。
ですので、十分な美味しさもあるということがいえるでしょう。

ただ、塩素消毒をしていますのでそうしたにおいが気になるという方もいらっしゃることでしょう。
こうした場合には、数分沸騰させて冷ますいわゆる「湯冷まし」を作り飲用利用していただくのが最も手軽で実践もしやすいでしょう。
この際、1点注意をしていただきたいことがあります。
それは「日持ち」に関する問題です。
水は日持ちがすると言うイメージがあるかと思いますが、その逆なのです。
特に、塩素を取り除いた状態の水道水は劣化が早いのです。
ですので、湯冷ましを作ったらその日のうちに飲み切るようにしていただけたらと思います。
その日の分のみを沸騰させて飲用利用するというのも良いかもしれません。

水道水に抵抗感がある方も

このように、岐阜での水道水は飲用利用ができるという事がお分かりいただけたかと思います。
あくまで飲めるという事なので、必ずしも「水道水をみなさんが飲用利用している」というわけではないのです。
中には、蛇口から出た水道水をそのまま飲用利用、仮に沸騰をさせても抵抗があるという声もあります。
確かに、集合住宅におきましては、貯水タンクを利用して水道水を供給することもありタンクそのものの状態が老朽化していたりなどと言う要因があると水の質というものも下がってしまうものです。

そこでどのように飲用水を確保しているのか。
そう考えた時に多くの方が実践している方法が「ミネラルウォーター」の存在です。
こちらは、全国共通のスタイルともいえるのではないでしょうか。

どこでも販売がなされていますし、産地なども選ぶことが出来ます。
自分の口にあったものをペットボトルとして購入し飲用利用をするのです。
とはいっても、持ち運ぶのが重たい・家族単位で飲用利用するのでまとめて買うのが大変だ。
などという声もあるようです。

お水屋さんの存在について考える

ミネラルウォーターを各自購入に行くことに難点を感じる方が取り入れている方法として「お水屋さん」があります。
簡単に言えば、指定した水そして指定した量を家まで配達してくれるというのがお水屋さんです。
もちろん、店頭販売をしているというところもあるでしょう。

この仕組みを使うと、自ら買いに行く手間というものもなくなりますし、量が必要だという場合にも対応しやすいでしょう。
各店舗や業者によって異なってきますが、定期購入システムなどを導入しているところもありますので、安定的に決まった量を都度頼まずとも届けてくれるなどと言う便利なサービスを活用しているという方もおいでのようなのです。

このように、快適な飲用水を確保するための方法というものが提案されています。
ただ、ペットボトルとして宅配してもらう場合に気になること。
それが「ゴミ」の問題でしょう。
2リットルペットを購入してもすぐになくなってしまうので、かなりの量のごみが出てしまう。
処理をするのが大変だ・潰す手間だけで時間がかかってしまう。
などという声も一方では聞こえてくるのです。

手間がかからず美味しいお水をいつでも飲める

上記のような方法とは違う形で飲用水を取り入れていきたい。
そうした方々に対して需要が高まっているものがあります。
それが「ウォーターサーバーを設置する」ということなのです。

実際に、岐阜の各家庭にもこうしたウォーターサーバーが普及しています。
以前は店舗や病院・各施設にあるものと言うイメージがあったようですが、家庭用として利用する方も増えていますし一人暮らしの方でも設置しやすいサイズのものも展開されています。

岐阜でのウォーターサーバー事情について

さて、ウォーターサーバーに対する需要が高まっているという岐阜ですが、もう少しウォーターサーバーについて詳しく見ていきましょう。
どのように付き合っているのでしょうか。

まずは宅配方式です。
方式で人気なのは「ワンウェイ方式」です。
使い捨てのボトルを宅配してもらい、飲み終わったボトルに関しては各家庭で廃棄するというものになります。
と聞くと、ペットボトルと大差がないのでは?という声もあるかもしれません。
確かに、廃棄をするという点ではイコールとはなっていますが、ウォーターサーバーの場合には容量が大きいのです。
一般的なサイズのものであれば1タンクあたり20リットル近いものとなっています。さらに大きなものもあります。
ということは、仮に廃棄をするにしてもゴミがたまりにくいということがいえるのです。
今のタンクは潰せるようになっているものもおおくかさばることもないでしょう。
回収の手間もかからないワンウェイ方式は忙しい方にもピッタリかもしれません。

次に水の種類ですが、多くの方が天然水をチョイスしているようです。
岐阜の水を扱っているメーカーもありますが、そればかりではなくさまざまな産地のものそしてそれぞれの成分や特徴などを表記しているというメーカーが大半です。
ですから、自分の美味しさ・家族の美味しさというものを中心に考えて選択できる。
それが天然水の魅力ともいえるでしょう。
飲用利用ですから「美味しさ」を最優先にするのも納得が出来ます。

次いで人気となっているのが「RO水」です。
天然水の中には赤ちゃんやペットの飲用利用はできないというものがあります。
しかし、RO水であれば安心して与えることが出来るのです。
こうした視点から、RO水を選択したという方もまたおいでなのです。
もちろん、美味しさという点でも十分です。
個性というものがあまりない分、多くの方にバランスよい美味しいお水を飲んでいただけるともいえるのです。

満足度などについて見てみよう

実際にウォーターサーバーを設置してどうだったか。
という点ですが、非常に高い満足度を誇っています。
だからこそ、継続して利用をしているという家庭・個人も少なくありません。

質の良い水道水が供給されているという岐阜ではありますが、やはり飲用となると安全性やより高い美味しさを求める傾向があるのでしょう。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査