福島県の水道水の美味しさの理由から暮らす人々の飲用水やウォーターサーバーとの付き合い方について

皆さんは、福島というと豊かな自然や果物などの名産を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
そしてまた、福島のお水は美味しいという事でも有名となっています。
ではここで、福祉までの水道水に関する取り組みから飲用は可能なのかについて。
さらには、水を日々どのような形で取り入れているのかなど幅広く見ていくことにしましょう。

福島の水道水について

福島の水道水は「美味しい」とよく言われています。
その理由というものはやはり水源にあるのです。
福島の水源は例えば福島市でスト、摺上川ダムを使用しています。この上流部分並びに周辺におきましては汚染源が全くありません。
簡単に言えば、水に汚れが少ないことが考えられます。
だからこそ「美味しい」といわれているのです。

さらには、水質にも注目をしてみたいと思います。
福島で供給されている水道水は軟水とされています。
硬水になるほどに癖が強く飲みにくいといわれているのですが、軟水ですので多くの方が口に含んだ時に「美味しい」と感じるのです。

そんな日々の生活に大切な水道水は、福島地方水道用水供給企業団体が作っています。

福島の水道水の品質について

安心できる水道水を供給する。
そうした点から健康に関連する項目ならびに水道水の障がいに関連する項目について「合計51種類」の基準値が定められています。
また、水源から蛇口に届くまで89項目の水質検査を定期的に実施しています。
これらすべてをクリアしたお水のみが家庭の水道水として届けられているのです。
ですので、安全性は十分なものとなっています。

水質基準項目並びに検査結果もインターネットにて簡単に見ていただくような形になっています。

このことでお分かりかと思いますが、福島における水道水の飲用利用というものは十分に可能ということになります。
とはいえ、やはり安全に取り入れることが出来る状態に処理されています。
各都道府県でも実施されているような塩素による殺菌消毒も実施していますので、若干の塩素臭というものを感じるかもしれません。
こうした部分におきましては、いちど沸騰をさせることによって取り除いていただけるでしょう。

水道水をペットボトルに

また福島では水道水に対する取り組みというものが非常に盛んとなっているのです。
「ふくしまの水」という名前でペットボトルで購入していただくことが出来るのです。
何とこのふくしまの水は、国際的な食品品評会であるモンドセレクションで金賞を受賞したのです。
水道水がこのような賞を受けたのは東北では初めてなのです。
それほど、ふくしまの水は美味しいともいえるでしょう。

人々の飲用水について

では、実際に福島に暮らす人々はどのように飲用水を取り入れているのでしょうか。
もちろん、水道水をそのまま利用しているという方もおいでです。
沸騰をさせて冷まして「冷たく美味しくして飲む」という方も少なくないのです。
ただ、塩素の効果がなくなった状態ですので、早めに飲むという意識を持つことが大切なポイントともなってきます。

こうした水道水意外にミネラルウォーターの存在があります。
こちらは、どのような地域においても販売がなされておりますし、購入をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
福島においても、ミネラルウォーターを飲用として利用されている方も多いのです。
家庭用の水は水道水。引用はミネラルウォーターと分けて活用している方が大半です。
各店舗にて販売がなされていますし、手軽に購入もできるという事から需要も大きいようです。
ただし、お水を利用する量が多いというご家庭やどうしてもペットボトルなどのごみが出てしまうのでそれが気になる。
などという方におきましては、また別の方法で飲用水を確保しているようなのです。

汲み取り式の飲用水について

大きなポリ容器を購入することによって、その後は低価格もしくは無料で美味しいお水をくむことが出来る。
そんなシステムが展開されているところもあります。
これは、自治体が行っているのではなく各スーパーやホームセンターなどが展開しているサービスです。
一度に多くの美味しいお水を安価で確保できる。
ペットボトルのごみが出ない。というところに魅力を感じる方もまた少なくありません。

ただし、無くなれば自らが汲み取りに足を運ぶという事が求められますし、密閉状態にあるわけではありませんから汲み取ったお水に関しては「できるだけ早い消費」が推奨されているのです。

お水屋さんやウォーターサーバーについて

防災用としてもある程度お水を備蓄しておきたい。
美味しいお水をより手軽にいつでも満足が出来るまで利用をしたい。
そんな声もまた全国的に広がりつつあります。
福島でももちろん、こうした声は存在しています。

そんな方々が活用しているのが「お水屋さん」や「ウォーターサーバー」の存在です。
お水屋さんとはその名前の通り、お水を有料で提供してくれるというメーカーのことを言います。
ペットボトルタイプなどの需要もありましたが、今ではどちらかというと、ウォーターサーバーという形で導入している家庭・店舗が多いようです。

タンクがなくなればまた購入をすることも出来ますし、密閉状態ですので備蓄水としても利用ができます。
お水をたくさん使うというご家庭から、赤ちゃんがいるからできるだけ美味しく安全性の高いお水をなどという方に人気となっているのです。

地域に根付いたお水屋さんばかりではなく、全国に支店を構えているウォーターサーバー大手メーカーも福島に参入しています。
一人暮らしの方でも手軽に美味しいお水を飲んでいただけるような卓上タイプからスリムタイプさらには、店舗からとにかく量をという方に合わせた床置きタイプなど様々な展開がなされているのです。

福島の人々とウォーターサーバーの付き合い方

先にいくつか触れていきましたが、定期的に水を配送してくれますので手間が全くかかりません。
近くに店舗などがないという方。
何らかの事情があってなかなか外出できないという方。
買いに行く手間が面倒に感じるという方などにおいてもストレスなく利用ができます。

お水の種類におきましても天然水から硬水さらにはRO水とそれぞれの目的に合わせたお水をチョイスしていただけるというのもまた、ウォーターサーバーの魅力ではないでしょうか。
今では、レンタル料金が無料としているところも増えていますので、経済的な負担というものも少ないかと思います。

利用スタイルと満足度などについて

利用スタイルは床置きタイプが人気となっている福島。
天然水とRO水が半々で人気となっています。
また、実際に利用をしている方の満足度も男女比から見ても非常に高いものとなっているのです。
何時でもすぐに美味しく冷たいもしくは温かなお湯が利用できることなどがその理由となっています。

また方式につきましては圧倒的に開いたボトルは回収してくれるリターナブル方式が福島では人気となっています。
ワンウェイですとボトル回収の手間はないもののやはりゴミが出てしまいますのでこうした点から考えてリターナブル方式を選ぶという方が多いようです。

水の産地が選べること。種類が選べること。電気代が気になる方にピッタリの省エネタイプやモードがあるサーバーが存在していること。
これらも高い満足度に繋がるポイントとなっているでしょう。
レンタルに関しても、買取ではありませんから新しいものが出れば次にすぐシフトできるというのもまた継続に繋がっているのかもしれません。

美味しいお水が飲めて経済的。そして、申し込みも比較的に簡単であり水そのものの交換も手間なく行える。
そんなウォーターサーバーは福島で暮らしている人々の「便利で安心できる飲用水の利用」に大きくかかわっているといっても過言ではないかと思います。

場所をとるなどと言う問題も以前にはあったようですが、先述にありますようにデザイン性から選ぶことも出来ますので、そうした点も解消していただけるかと思います。
各メーカーにおきましては、それらに対応するようなサービス展開も積極的に行っていますので、利用者側からすると「取り入れやすい環境がある」とも考えることが出来るでしょう。

地方別ウォーターサーバー

北海道・東北地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査