海水も上手に利用をし質の良い水道水に取り組む福岡県の水とウォーターサーバーなどを活用した飲用水確保について

福岡というと、食文化が目立つという声が現在では多いようです。
過去におきましては、繊維・鉄鋼などといった業務の中心地と言っても過言ではない土地なのです。
そんな福岡の水道水に対するイメージを改めて考えることそして実情について触れる機会というものは少ないのではないでしょうか。
そこでここでは、そんな福岡の水道事情から飲用利用さらには飲用水の確保方法などについて見ていくことにしましょう。

福岡の水道水について

まずはダムについて見ておきましょう。
一例として福岡市を取り上げていきたいと思います。
水源は8つのダムそして近郊河川・福岡地区の企業団の受水でまかなっています。

ダムに関しては、曲渕・脊振・久原・長谷には水道専用ダム。
南畑・江川・瑞梅寺・猪野ダムは水道水から治水などの多目的利用がなされています。
近隣河川につきましては、多々良川・御笠川・那珂川・室見川などがあります。
そのすべては大河川ではなく、中小規模の河川となっています。

企業団受水において

同時に、企業団受水についても触れておきましょう。
九州最大の「築後川」は福岡・佐賀・熊本・大分にまたがっています。
中流・下流域では豊かな土壌をはぐくんでいるなど美しさでも有名な川となっています。
昭和58年より、筑後川の水を水道水として受水しているのです。

こうした皮ばかりではなく、紀州条件に左右されることなく安定的な水道水供給を行うという事を目的のために「海水淡水化事業」というものに対する取り組みをしています。
海の中道奈多海水淡水化センターというものが設置され、平成17年度より、供給が開始されているのです。

水道水に対する取り組みについて

安定的に水道水を供給する。
そのような体制が福岡ではしっかりととられているという事がお分かりいただけたかと思います。
そればかりではなく、「美味しい水作り」というものに対する意識も高いのがこの福岡なのです。
それが「あんぜんでおいしい水道水プロジェクト」というものになります。
ダムや水源かん養早しでは安全でおいしい水道水を作ることへの取り組みを積極的に行い。
そして水道水の良さというもののPR活動もまた行っています。

ペットボトル水道水を使った活動などもまた盛んなのです。

このプロジェクトに関しましては、公式サイトにてご確認いただけますので気になる方はアクセスをしてみるとよいでしょう。

福岡の水道水の飲用利用について

積極的な取り組みと意識というものを持っている福岡の水道水。
質という点におきましても、水道法に基づいた検査を実施しておりますので、安全性というものは十分に確保されています。
ですので、水道水をそのまま飲むという飲用利用も当然ながら可能となっています。

美味しさというてんでは、水道水でも十分に飲むことが出来る・日常的に飲用利用をしているという方もいらっしゃいます。
とはいえ、集合住宅などですと貯水タンクに一度貯められることから美味しくないという声もあるようです。
また、水道水そのものに対して「飲用利用をする」という意識を持っていないという方もいらっしゃるのです。

飲用水の確保方法について

では、先のような方々はどのような形で飲用水を確保しているのでしょうか。
一般的にはミネラルウォーターを購入するなどというものがあるでしょう。
こちらにおきましては、福岡ばかりではなく全国的に実施している確保方法かもしれません。
しかし、購入しに行く手間がかかる・ごみが出てしまう・家族や状況によっては賄いきれない。などという点もあるようです。

そこて゜利用する方もいらっしゃるのがお水屋さんです。
お水屋さんというと、水の販売を行っていると言うイメージもあるかもしれませんが、福岡におけるお水屋さんは土地のミネラルウォーターなどの販売も行っているところもありますが、浄水器販売やシステム設置業務に携わっているというところが増えてきています。
浄水器・システムを通すことによって、水道水であってもミネラルウォーターと変わらない美味しさを感じる・安心して飲むことが出来るという方もおいでなのです。
システムに関しては定期的なメンテナンスの実施。
カートリッジ式の浄水器を設置する場合には定期的なカートリッジを交換するなどしていただくことにより、衛生面なども問題がないでしょう。

福岡におけるウォーターサーバー事情について

こうして、飲用水を満足できる取り入れ方をしていただくことができるのですが、やはり水道水という点が気になる。
そんな声もあります。
そして、こうした方々が取り入れているものがウォーターサーバーなのです。

福岡において、ウォーターサーバーを設置しているという家庭は年々増加傾向にあります。
大手と呼ばれているウォーターサーバーメーカーももちろん福岡全土に対応しているというところがほとんどですので導入もしやすい環境があるともいえるでしょう。

福岡の方々とウォーターサーバーについて

実際に福岡でウォーターサーバーを設置している。
そのような方々は、より快適な水環境のためにどのような取り入れ方をしているのでしょうか。
詳しく見ていくことにしましょう。

まずは宅配方式です。
宅配方式は「リターナブル方式」を取り入れているという方が6割り程度と若干多いという結果になのました。
空になったボトルを回収してくれるというのが特徴となっており、ごみが出ないというのが魅力ともいえるでしょう。
残りの4割は使い捨てボトルで特に衛生面を気にする方に人気となっている「ワンウェイ方式」となりました。
ゴミを廃棄する必要はありますが、以前のようにボトルがつぶせないためかさばってしまうという問題点も解消されたのでより需要は高まるのではないかともいわれています。

水の種類についても見ておきましょう。
全国的に見てみると、水の人気は「天然水」が多いという傾向があります。
天然水は皆さんもご存知の通り、風味がいろいろとあり硬度などもいろいろです。
ですので、自分好みの水というものを選択していただけます。
しかし、福岡の場合には天然水が圧倒的な人気だというわけではないのです。

癖がなくそしてさまざまな利用ができるのが特徴のRO水との需要が半々ずつという傾向があります。
男女比という点から見てみても、男性のほうが若干天然水を選択される方が多いという程度で大差がないのです。
飲み水だけの利用はもちろんですが、水を使ってお茶やコーヒーを淹れる。
赤ちゃんのミルク作りからペットに与えるための飲用水に。
とそれぞれの利用目的に合わせて見ずを選んでいるというのが福岡の方のようです。

サーバースタイルにつきましては、9割の方が「床置きタイプ」を選択されています。
1ボトル当たりの容量が大きいので、家族の人数が多いという方におきましても、十分に賄っていただけるかと思います。
宅配につきましても、各家庭で使用するであろう量を選択したうえで注文できます。
また、容量が大きいという事から「備蓄水としてもぴったりだ」という声も見受けられました。

残りの1割が「卓上タイプ」となりました。
卓上タイプは非常にコンパクトなウォーターサーバーです。
一人暮らしの方の需要が大きい傾向があります。
温かいお湯もすぐにしようが出来るなどと言う利便性の高さから、ペットボトルよりもウォーターサーバーを設置することを選んだという一人暮らしの方も少なくないのです。

ウォーターサーバーの短所と改善点

以前は「場所をとる」「部屋に置くと浮いてしまう」などという点がありましたが、今ではスリムタイプからデザイン性に優れたものなどもありますので十分に解決していただけます。

電気代に関しましても、今では省エネタイプからエコモードを搭載されているものもありますのでこの点も問題ないでしょう。

温かいお湯が出るという事から「小さい子供がいる家庭では危険」という声も以前においてはあったようです。
しかしこの点も、チャイルドロックを採用しているというウォーターサーバーが大半となり解決されました。

こうした短所であるといわれていたウォーターサーバーの特徴は今ではほとんど気にする必要がなくなり、それもまた需要の高さにつながった要因ともいえるのではないでしょうか。

地方別ウォーターサーバー

九州・沖縄地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査