愛媛県における水道水に対する守り高める意識と人々のウォーターサーバーとの暮らしについて

愛媛県というと「みかん」ですとか「タオル」などと言う印象が強いのではないでしょうか。
観光スポットも増えさらには自然の美しさも目にしていただけることから、多くの方に人気の土地ともなっています。
そんな愛媛県ですが、「水道水事情」というものはどのようになっているのでしょうか。
それと同時に、愛媛県で生活を送っている方々はどのような形で飲み水を確保しているのでしょうか。
今回は、こうした部分を中心に詳しく見ていくことにしましょう。

愛媛県の水道水について

まず最初に、水道水について触れていきましょう。
ここでは、その一例として今治市を取り上げていきたいと思います。

水源の森から流れ出た水は玉川町の「三反地の取水咳」もしくは、片山水源地から同入管に入っていきます。

この同入管は玉川町から今治市の「小泉水道場」まで繋がっています。
この浄水場で、人々が安心できる状態になり「水道水」として蛇口から供給されているのです。

その水質につきましては、厚生労働省が定めている方法に従った採水・検査などを行っています。
洗浄した容器を共洗いし採水しています。
鉛の検査の場合には、5リットル当たり5分間の流水後に15分間滞留させて、その後さらに5リットル採取したものを均一に撹拌したものを容器にくみとっています。
こうした検査における結果ですが、どなたでも閲覧ができるように、公式サイトにて公開されています。

水源の森を守る取り組み

また積極的に水源となる森を守るという取り組みを行っています。
水質の向上更には水道水の水量の安定的な供給更には水源林の重要性を考えこれらに対してアプローチをしていくという「水源のもの基金」というものも設立されているのです。
こうして、より質の良い水そして守る意識の高い地域ともいうことができるのです。

愛媛での水道水の飲用利用について

さて、しっかりとした検査の実施から水源林の保護活動など多角的に水について考えている愛媛県。
そんな愛媛で暮らす人々に欠かせない存在の水道水ですが、果たして「飲用利用」をしているのでしょうか。

飲用利用をされるという方ももちろんいらっしゃいます。
愛媛の水質は軟水傾向にあり、多くの方に「美味しい」という印象を与えやすいのです。
また、クセというものがあまりありませんので飲み心地も良いでしょう。

においが気になる(処理過程での塩素の臭い)等に関しましては沸騰をすること。
濁り水が出るという場合には、長期間使用をしていないのであれば最初のバケツ一杯分ほどは飲用利用をせずにその後の水を飲んでいただくこと。
などを公式的には推奨しています。

どうしても気になるという方は、カートリッジ式の浄水器を設置するという方法を実践している方もおいでのようです。
数千円から数万円程度はかかるものの、水道水をそのまま美味しく飲める簡単な方法ですので長い目で見るとコスパは良いという考えの方もまた多いのです。

お水屋さんの現状について

お水屋さんという言葉そのものを使う機会も少なくなってきました。
しかしながら、愛媛にもこうしたお水屋さんは存在しています。

過去においては、水を専門としている業者も多かったのですが今ではハウスクリーニングやプロパンガスさらには正装衛生業務と並行して営んでいるという事が多いようです。

さてお水屋さんとはどのようなことをするのか。という点にも触れておきましょう。
地場もしくはそれ以外の美味しい水(ミネラルウォーター)を販売しているというところもあります。
しかし、総合的に見ていくと「浄水システム・浄水サーバーの設置レンタル業務」が今ではその中心となっています。

浄水システムやサーバーに関してですが、使用する水は水道水となっています。
システム・サーバーを経由することによって、ミネラルウォーターとほぼ同じ美味しい水を作ってくれるというものになるのです。
ペットボトルを購入するよりも安定的に美味しい水を飲むことが出来る。
コスパが良い。
ごみが出ない。
などというさまざまな利点があり、その需要も高いようです。

水道水そのものに抵抗感がある方も

こうして水道水を上手に活用することによって、満足できる飲み水確保をしていただけるのですが、どうしても「水道水」という部分に違和感を抱く・抵抗感があるという声もあるのです。
そのような方は、どういった形で飲み水を確保しているのでしょうか。

先に触れたように、ミネラルウォーターを購入するという方法もあるのですが、安定的にそして安心感のある水環境を。
そう考えている方々にとっての需要が大きくなっているスタイルがウォーターサーバーという形なのです。

愛媛におけるウォーターサーバーについて

全国展開を行っているメーカーも増えてより身近な存在になっているウォーターサーバー。
愛媛においても、すぐに利用ができるといった環境が整っています。
そして、それに対する需要ですが十分に高いものがあります。
ここ数年での伸び率は高く、その需要はさらに高まっていくのではないかともいわれているのです。

そんなウォーターサーバーですが、実際に利用をされている方はどのような形で取り入れているのでしょうか。

最初に宅配方式ですが、リターナブル方式・ワンウェイ方式いずれも需要があります。
同じ程度の需要がありますので、とくに宅配方式に関してはこだわりがない。
選んだメーカーがいずれか一方のスタイルであった。などという方もいらっしゃいます。
男女比におきましても、ほぼ結果は変わりませんでした。

双方から選べるというメーカーもありますので、そのような際にはそれぞれの特徴といったものを踏まえて選択している方もいらっしゃいました。

さて、飲み水として利用をするのですから気になるのが「水の種類」かとも思います。
愛媛で人気の水の種類というものについても確認してみましょう。
ウォーターサーバーの水の場合、簡単に分けると「天然水」と「RO水」の2種類に分類することが出来ます。
どちらの人気が高いのかという点ですが、結果から言えばこちらも宅配方式同様にほぼ同じ割合での需要があるという事がいえるのです。

これにはある1つの理由が考えられます。
リターナブル方式の場合にはRO水を提供するメーカーが多く、ワンウェイ方式ですと天然水の提供が多い。
という傾向があります。
このことから、ちょうど水に関しても半々の割合になるというわけです。
もちろん、双方から選択可能としているメーカーもありますので、そのような際には各家庭・個人においての目的などから選択をされているでしょう。
天然水の場合、産地や硬度などによって風味や飲み心地というものが異なってきます。
ですので、自分自身が「飲みやすい」「美味しい」と感じるものを選択されているのです。
一方、RO水ですがクセがなくその分天然水のようなミネラル成分などというものが添加がなされない限りありません。
一見すると、魅力的に感じられないかもしれませんが乳幼児などにも利用ができるという事から粉ミルクづくりに便利だなどという声もあるのです。

環境に合わせた水選びをしている。
そんな一面が愛媛にはあるのです。

サーバーに関しましては、こちらははっきりと分かれる結果となりました。
圧倒的に床置きタイプが人気となっているのです。
これは、ご家族単位での飲用利用が多いという傾向の表れといっても過言ではないでしょう。
容量も大きいですし、好きな時に好きなだけ美味しい水が飲めるという安心感もある形となっています。
なお、卓上タイプに関しましては需要そのものは低いもののもちろん利用をされている方もいらっしゃいます。
特に、1人暮らしの方の利用率が高いようです。

お水と上手に付き合っている

愛媛の方々は、美味しく安心できる飲用利用としてのお水を。
そう考えている方はウォーターサーバーなど安定的に取り入れられるものを。
それ以外の部分に関しては水道水を利用する。
といった上手にお水と付き合った生活を送っているともいえるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに関しましては、試飲システムやお試しシステムが展開されているので取り入れやすいからこそ安心感がある。
水道水に関しては、見学や施設公開などを行い安全性をアピールしているからこそ利用がしやすいという環境が用意されているのです。

地方別ウォーターサーバー

四国地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査