日本一お水が美味しいといわれていた青森県でウォーターサーバーの人気が高くなっている理由を見てみよう

青森県は水道水が美味しい。
このようなことを耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
かつて日本一美味しい水ともいわれていた横内川がある青森県。
だからこそ、水道水が美味しいとされてきたのです。
では、げんざいのあおもりけんでの水事情というものはどのようなものになっているのでしょうか。
詳しく見ていくことにしましょう。

美しい水のある地域である青森県

先に触れたような横内川。
1984年には厚生省が行った利き水大会で最もおいしいといわれたのがこの横内川の水だったのです。
においがなくバランスが良いという評価であったことも背景とし「美味しい」と言うイメージが一気に広がりを見せました。

この横内川水系の水道水は青森市でも現在もなお利用をされています。

水道に関する取り組みについて

さて安定的に美味しい水があるのであれば、ミネラルウォーターやウォーターサーバーは必要ないのか?と言うイメージを抱かれる方も少なくないでしょう。
そこで1つ、青森県と水道に関する取り組みについて触れていくことにしましょう。

水の品質が良いとされている青森県ですが、もちろん整備から管理システムそして水道水の安全性というものもしっかりとなされています。
しかし、水道水においてのリスクさらには水質汚染事故から異臭の発見なども見受けられており、水道施設の老朽化・担当職員そのものの減少なども問題視されています。
このことから「水安全計画」というものを県単位で掲げ対策をしているのです。
ガイドラインなども公式的に発表されています。
公共的な部分ばかりではなく水道関係事業者全てニコの意識が広がるように指導も行っています。
これらは、青森県の公式サイトなどでも記述が見られている部分です。

ミネラルウォーターの普及などについて

さて、水道水の背景というところが見えてきたところで次に手軽にいつでも購入ができるミネラルウォーターについても見ておきましょう。

ずいぶんと以前におきましては、青森県は日本一「ミネラルウォーター購入者が少ない県」ともいわれていました。
それは、やはり横内川水系からくる水道水が美味しく安全性も比較的に高いから。
というもがあったようです。
しかし今ではそのような認識はあまり大きくないようです。

ミネラルウォーターの販売数も増えていますし実際に購入をしているという方も増えています。
特に若年層から中年層さらにはお子様に安心して飲ませることが出来るなどという理由からご家族単位で購入し利用をしているというケースもまた増えているのです。

こうした部分を見ていくと、都心部とあまり変わりのない状況であるという事が見えてくるかと思います。

地元に根付いたお水屋さんの存在

「お水屋さん」といってもあまりピンとこないという方も多いのではないでしょうか。
青森県では、地元に根付いたこうした業者がいくつか存在をしています。
水を専門に取り扱っているというところもありますが、ガスなどを提供しながら一方で美味しい水の取り扱いもしているというものになります。

ペットボトルでの販売もありますが、ウォーターサーバーをレンタルもしくは販売しているというところもあるのです。
地元に根付いたと聞くと、青森県のお水を販売していると思われるかもしれません。
もちろん、こうした水の取り扱いもあるのですが富士山の天然水などと言った県外の美味しい水の取り扱いをしているというところも増えているのです。
利用者にとっては、自分に合った水をチョイスできる・幅広く水を試すことが出来るなどというところから好評を得ているようです。

青森県のウォーターサーバー事情について

水道水・ミネラルウォーターさらには地元のお水屋さんとそれぞれ見ていきました。
では、青森県におけるウォーターサーバーの普及率や需要というものはどのようになっているのでしょうか。

全国的に見ていくと、さほど需要は高くない。たぜからこそ普及率も広がりにくい。
等ともいわれていました。
しかし、今ではその普及率も増えてきているのです。

青森県において特徴的なのがリターナブル方式・ワンウェイ方式それぞれがバランスよく人気があるという点です。
リターナブル方式とは~ボトルを回収する方式です。
ワンウェイは使い捨てボトルとなっており回収がないというものになります。

青森県に暮らす人々が感じるウォーターサーバーの魅力について

では、なぜウォーターサーバーに青森県の方々が魅力を感じるのか。
そのような点についても見ておきましょう。

まずは「安全性」です。
青森県が発表している水に関する計画構想を見ていただくとわかりやすいでしょう。
老朽化からいざという時の非常時対策などを現在推進中です。
展望はあるとしても、現状ということを考えると「自分で・個人からでもできること」というアプローチをとる方が増えているのです。
緊急時でも安全な水が確保できること。
お子様がいる家庭であっても不安なく水を飲むことが出来る。
このような安全性から考えて利用を始めたという方も非常に多いのです。

また「お湯を沸かす必要がない」というところも人気となっています。
寒さの厳しい青森県。
冬場にはお湯を使う機会が非常に多いようです。また、農家などにおきましては手間をかけることなくお湯を作ることが出来たらという声もあるようです。
そんな声にピッタリだったのがウォーターサーバーというわけです。
お湯を沸かす手間なくお茶やコーヒーさらにはカップラーメンまで作れるのは非常に便利です。

次に「買いに行く手間」です。
ペットボトルの水を買いに行く手間がかからないという点です。
地域によっては、コンビニやスーパーまで遠いという方さらには車を使用しないといけないという方もいらっしゃるようです。
となると、事情によってはコンスタントにお水を飼い続けることが出来ないという方も出てきてしまうのです。
そうした方々に人気なのもまたウォーターサーバーなのです。
宅配してくれるので困ることもありませんし、手間も全くかかりません。
中にはレンタル料金を支払っても、買いに行くガソリン代やそのほかの代金を考えるとずっとお得だったという声もあるほどなのです。

青森県で人気の水について

青森県で人気なのは「RO水」というピュアウォーターです。
癖がなく使い勝手が良い・粉ミルクなどでもしようが出来るというのが人気の理由となっいてるのでしょう。
お茶を入れてもお茶そのものの美味しさを十分に感じていただける水タイプとなっています。

こうしたRO水を「床置タイプ」のサーバーを利用して飲んでいるという方が圧倒的なのが青森県でもあります。
都心部などにおいては卓上タイプも人気となっているのですが、何と青森県では8割以上の方が床置タイプのものを利用されているのです。
個人で利用をするというよりも、ご家族単位で利用をしているという背景が見えてくるでしょう。

サービス業の方々の積極的に導入をしている

個人でお店を経営しているという方。
また、自治体管理の観光施設などでもこうしたウォーターサーバーの設置も増えています。
訪れた方々に美味しいお水を提供できるという点はもちろん、衛生的であるという事などもその理由となっています。
衛生に関する意識というものが高くなりつつある日本。
やはり商売をしている方におきましてもそうして視点からの心配りというものもまた経営努力に繋がってくるようなのです。
印象が良いウォーターサーバーを利用するというのもまた納得できる理由ではないでしょうか。

満足度も高い青森県のウォーターサーバー事情

利用をして見て失敗だった・後悔しているなどという声が少ないのが青森県でのウォーターサーバー事情でもあるのです。
利用者満足度が非常に高く、継続的に利用をされているという方もまた多いのです。
中には、ウォーターサーバーのお水を利用するようになってジュースなどさえも飲まなくなったという声さえもあるのです。

青森県に暮らす人々はお水に対する意識というものが高い傾向にあるのかもしれません。
メーカーも様々ありますので好みのものを選べる環境にあるのもまた需要が高いままをキー伏している理由となっているのでしょう。

地方別ウォーターサーバー

北海道・東北地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査