愛知県の水道水やウォーターサーバーなど飲み水の取り入れ方についてチェックをしてみよう

愛知県というとあまり「水」の印象がないかもしれません。
だからこそ、水道水や飲用利用などについて改めて考えることも少ないのではないでしょうか。
実際に生活をしている方々はどのような形で水道水と付き合っているのか。
さらには、飲用利用から飲用水確保のために実践していることなどについて考えていきましょう。
恐らく、愛知に対するさらなる知識を深めていただけるかとも思います。

愛知のダムについて

水道水として各家庭に供給をされる際に必要な存在。
それが「ダム」ではないでしょうか。
愛知のダムは以下のようなものが主となっています。
・牧尾ダム
・味噌川ダム
・阿木川ダム
・矢作ダム
となっています。

これらの原水は「取水口」から取り入れられて愛知各地にある浄水場へと送られていきます。
木曽川であれば「愛知用水取水口」・矢作川であれば「岩倉取水口」があります。
それぞれ取水された水は、尾張東部浄水場・豊田浄水場へと運ばれていきます。
この浄水場で水が綺麗に浄化されるのです。
この3つの浄水場を合わせて1日最大59万立方メートルもの水が作られているのです。

その後、安定的に配給するために20カ所に及ぶ配水池に貯めます。
その後、死刑の高低差を利用し自然下流方式などを使って各家庭に水道水として届けられるのです。
これらはヒトのでばかりではなく、コンピューター管理もなされていますので、より高い安全性があるとされているのです。

安心して水道水を利用するために

愛知の水道水の安全性を確保するために、14カ所の蛇口て採水した給水栓水・自己水源である深井戸の原水から処理した上水の検査を行っています。
さらには、残留塩素濃度検査は毎日実施しており、基準値に適合しているかどうかを確認しているのです。

水道水の飲用利用について

比較的に飲みやすいともされている愛知の水道水。
ではこの水道水をの飲用利用についても考えていきたいと思います。

愛知で暮らす人々は水道水を飲用利用しているという方もいらっしゃいます。
ただ、全体数としてはあまり多いものではありません。
その理由につきましては、やはり塩素臭がするというところが要因になっているようです。

殺菌処理は必ず必要であり、これは水道法でも定められている事柄です。
ですので、塩素臭のない水道水というものは各都道府県どこを見てもないでしょう。
水道水が美味しくないと言うイメージになってしまったのはこの塩素も関係しているかもしれません。
ただ、それらを取り除いていただく方法というものはあります。
例えば、煮沸をすること。
5分ほど沸騰させていただくことによって塩素臭がなくなります。
さらにしっかりと冷やして飲むこと。
また水のままではなくお茶やコーヒーにするなどという方法もあるでしょう。

こうした方法で美味しく愛知の水道水も飲んでいただけますが、それでも飲むことに抵抗感がある場合にはほかの方法で飲用水を確保していただくという事になるでしょう。

愛知のお水屋さんについて

あまり今ではお水屋さんという言葉の響きになじみがないかもしれません。
名前の通り、お水を購入出来て宅配してくれるという店舗や業者のことを指しています。
以前は、水を専門としているところも多く見受けられた愛知県ですが、今ではガス設置業務と同時にお水屋さんも営んでいるというところが多くなりつつあります。

ペットボトルとして販売をすることもありますし、ウォーターサーバーという形で供給をすることもあるでしょう。
水の種類におきましても天然水ばかりではなく電子イオン水からRO水などから選べるところさらにはいずれかの中の一種類を取り扱いしているなどさまざまです。
地域性がありますので、宅配範囲が決まっているというところもありえますので、利用をされる方はその範囲内であるか・宅配可能であるかをご確認いただく形となります。

他の方法としてはミネラルウォーターの購入です。
これは、最も簡単な水道水意外の飲用水の確保方法ともいえるのではないでしょうか。
コンビニエンスストアからスーパーなど様々な場所で見られるミネラルウォーター。
持ち歩きに便るな500ミリリットルからご家族全員の飲用利用としても役立てやすい2リットルペット。
海外産などであればそれ以上の容量のものもあるかもしれません。

こうした形で飲用水を取り入れることは可能ですが、自ら買いに行くことが求められますし、購入量によっては車でないと持ち帰れない。などということがあるかもしれません。
スーパーの宅配サービスなどを利用する方法もありますが、有料の場合もあるでしょう。

愛知におけるウォーターサーバーについて

さて、いくつかの方法について考えていきましたが、その他の方法として「ウォーターサーバー」があります。
恐らく、皆さんもご存知のものかとも思います。
水道水の安全性は十分な愛知ではありますが、やはり飲用利用として人気のものがこのウォーターサーバーなのです。
価格的な側面でも安いものも多く見受けられるようになり、さらに愛知における需要は拡大しているともいわれているのです。

ウォーターサーバーについて詳しくチェック

さて、愛知にてウォーターサーバーの需要があるという事が見えてきたところでもう少し詳しく見ていきたいと思います。

まずはその方式です。
方式については、リターナブル方式・ワンウェイ方式どちらもほぼ差がないほどの人気となっています。
男女別で比較をしてもどちらも同じバランスで需要があるというのが愛知の特徴かもしれません。

ただ主婦層にはワンウェイ方式が人気という傾向もあります。
ボトルは自ら捨てなくてはなりませんが、空いたボトルを保管しておく必要性がないという事から人気となっているようなのです。
いずれかの方式を選択できるメーカーもありますが、そうでないメーカーもあります。
バランスが良いということは、愛知においては宅配方式というところはあまり重要視していないという事も一方では考えられるかもしれません。

飲用利用をする際に最も大切なこと。
それが「水の種類」ではないでしょうか。
水の種類を詳しく見ていくと、7割程度の方が「天然水」を選択されているのも愛知の特徴です。
美味しさを追求するという方が多いということなのでしょう。
天然水もいくつかの産地・特徴から選択できるメーカーも増えてきているので、自由度も高いものとなっているのでしょう。

残りの3割はというと「RO水」です。
赤ちゃんにも使用ができるというタイプのもので、天然水と比較をすると「うまみ」という点では若干劣ってしまうものの癖はまったくありませんので、飲みやすいものともいうことができるでしょう。
こうしたものを飲用利用しているという方もまたおいでなのです。

サーバーについて見てみよう

どのようなウォーターサーバーを置いているのか。という点ですが、8割以上が床置きタイプを使用されています。
ウォーターサーバーの需要層というものが家族単位であるという事も見えてくるかもしれません。
また、そうでなくともボトルそのものの容量が大きくなる床置きタイプ。ですので潤沢に飲用水を確保できる・いざという時でも飲み水がキープできるなどというのも人気の理由となっています。

とはいえ、卓上タイプも需要はあるでしょう。
男性の一人暮らしの方などは卓上タイプを選んでいるという声も見受けられます。
飲用利用のほかにお酒さらにはお湯も出すことが出来ますので即席めんなどを作るのにも便利だから設置をしているという方もいらっしゃるようです。

ウォーターサーバーを選んだ理由について

いくつかの飲用水確保の方法があるのになぜウォーターサーバーを選ぶのか。
その点につきましては、「負担なくいつでも美味しい水を確保できるか」という理由が多いようでした。
買いに行く手間もありませんし、水道水のように美味しく飲むための一工夫をする必要もありません。
さらには、開いていないボトルに関しては消費期限も長いので安心感もあるでしょう。

またコスパとして考えてウォーターサーバーを設置したという方もいらっしゃいます。
サーバーレンタル料金は無料・送料無料でお水代金のみというものもありますので、コスパは結果として良くなるようなのです。

地方別ウォーターサーバー

中部地方

全国ウォーターサーバー情報!地方を徹底調査